PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設だけで育った者の課題は施設だけで育ったがゆえに生じている

養護施設を出てからの問題

 
 施設(だけ)で育つ事を語る人に、家庭も不幸な家庭があるとぶつけてくる人へ、養護施設だけで育ち、今家庭生活を作る事に困難を覚えてるわたしは、家庭育ちの方に何と答えればいいのか。

 だから機能不全家庭で育てられた方へうまく答えられない、すみません。

 機能不全家庭で育った人は、家庭ゆえの問題を整理するのは当たり前で、養護施設の改善要求だけですむ問題ではない。施設で先送りされていた家庭の問題が卒園と同時に棚から落ちてくる。

 わたし達がブログでそれぞれ書いていると、時々家庭で育てられたと思しき人々から不快感に根ざした(おそらく)レスを返される事が多い。でもどうか・・・勘違いしないで。わたし達は、機能不全の里親家庭へ、親が育てられない子ども達を措置してほしいと願っているのではない。

 「家庭」というキーワードに反応して、家庭なら何でもOKと書いていると思っている人がいては困るので改めて言うが、わたしの意図は、子ども時代の全てを乳児院・児童養護施設だけで育てられる事の問題を発信している。l要養護児童に対する保護措置という名のシステム的虐待について、怒りを通り越して情けない気持ちを持っているから語っている。

 この国の社会的養護のレベルメータを見るにつけ、悲しい気持ちになる。親から捨てられた子が家庭を求める気持ちや、たった一人の親を求める気持ちは、集団養護理論の大声にかき消されて声なき声となっていた。親が育てられない子と虐待された子と虞犯少年が乱暴に同じ場所に詰め込まれていた。

 今まで、集団養護ばかりが常に社会的養護の中心だった。虐待家庭からの措置先としての養護施設が強く前面に押し出されていて、親から捨てられた子の長期施設入所の問題が見えなくなっている。だからその部分を語っているに過ぎない。

 でも家庭をうまく営めないわたしは、その社会的養護で育てられた「結果」なのだ。

 わたしは社会的養護の集団養護論のモニターですらない。なぜならモニターなら検査結果を伝える場を与えられるのに、養護施設に関しては、語る場すらない。

 だから、わたしはこれからも自分の場所で語る・・・。
 ぬくもりを当たり前に享受していいぬくもりとして安心して手に入れられる世界を。
 
 わたし達施設全部育ちの問題は、施設だけで育てられた事だから、そこから逃げられないのだ。


 私信:Uさん、昨日はレスをありがとう。がんばりますから。このブログのテーマは絆なき者の絆を繋ぐ努力なのだから、がんばります。レスがあったのに消してごめんなさい。


|  養護施設を出てからの問題 | 13時47分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

 私もいい歳をして(と世間一般的に言われます)未だに独身です。
 周囲からはいい加減所帯を持てと平然に言われます。それがどれだけ私に辛い言葉かも知らずに。私の過去も知らないくせに...と思いながらも、それを言った瞬間、社会での存在の場を失う恐怖心に苛まれ言うに言えず。
 家族を知らずに育った人間が家庭を持つ事にどれだけ躊躇しているのかを、家族を知って育った人間達には到底理解できない、でも彼等の常識を押し付けられるのがとても辛いです。

| てる | 2007/12/01 01:32 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/437-5512023d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。