PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誤解:その哺乳瓶の先っぽがほんとに正しいのか

メンタル整理:誤解する発達心理
 
哺乳瓶に対する勘違い

 所謂普通の家庭の母親というのは子どもが生まれたら「これがあなたの正しい食料よ」と教える為にどんな誘導をしているのだろう。赤子は与えられた食料が正しいか正しくないか、どこで判断するのだろうか。又、その時期に何か間違ったら、その赤子はどういう感覚を自分の世界として認識するのだろう。

 乳(チチ)は父(チチ)にあらず、ほんとの乳(チチ)の提供者は母(ハハ)である場合が多い。ただし海外などでは冷蔵した母乳を哺乳瓶で父親が与える場合もある、忙しい共働き世帯などでは家事分担の1つに入ると聞いた(情報元がわからない、ごめん)

 哺乳瓶の先が女性の乳房の形を模したものとは知らなかった事を昨日、スーパーで恐る恐る確認した。人間というものは「パンのみで生きるわけじゃない」のと同じように「乳だけで生きるわけじゃない」とえらく勘違いしていたのでスーパーで哺乳瓶の先を、勇気を持って確認してみた。

 すると哺乳瓶の先は母親の乳房の形(おっぱいというのか?)と同じ形体で、これにはほんとに衝撃を受けた。感覚の前に、理性は時々、PCのゴミ箱から削除されゆくファイルのように、空中に浮かんで、砕け散って消えていくのだ。理性は風前の灯火なのだと感じた。

 その正しき哺乳瓶を見た時に、その正しい形状に違和感と拒否する気持ちが起こったから。

 理性VS感覚

 理性では哺乳瓶の先がどんな形状であるべきかを知っている。でもそれは理性がわたしの本能を説き伏せて、ようやく表に出せる態度であり、気を抜かなければ本能に理性を奪われる事はない。理性は感覚を凌駕するほどの現実を並べ立て、感覚の思い違いを正そうとするけれど、それは1人の内面の中で、ひっそりと行われる戦争だ。

 スーパーの哺乳瓶売り場で、違和感だけをおぼえている女である自分は【チチ】という音感に付随する正しさが、どれが正しいのかよく判らなくなった。赤ん坊は口でおしゃぶりする期間に全ての情報をその提供者より受け取るという。母のおっぱいも情報、哺乳瓶の先も情報、他にファクターはないと思っている。

 哺乳瓶の先っぽにつまづいていては、確かに何か欠落してたとしてもおかしくはない。ただ、どこでどう間違ったのかというと・・・あまり考えられなくなる。こういう時は理性に完全降伏するしかない。感覚に従ってしまったら、自分がもし人の親になったら何を赤子に与えればいいか判らなくなってしまうだろうから。

 なんてこった。うっかりしすぎていた。どこまで退行すればいいのか。もしかして母体は父であるという勘違いまで起してなけりゃいいが、そこは理性で何とかなってるが、本能や感覚はどうも何か、感じ方が違うと不平を言う。

補足
 
 本来のスタンスとズレた家庭に関する個人的な整理作業です。念のため。虐待しない為にはちょこちょこ整理しなくては。

補足2

 乳児院でのミルクの与え方に関する問題について、記事を探していたら、思わぬところで、自分が混乱しているので、そこをとりあえず、ダメ出しして、それからでなくては乳児院の事について語れないと判った。

 まずは、己を知れだわ。

| ├ メンタル整理 | 06時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/441-2600125a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。