PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「オレンジリボン・キャンペーンのCM」に想いを馳せる@1施設全部育ち

養護施設にいる間の問題

この色が絶対色、ちょっと濃いな~

 Mariaが送ってくれる写真をPhotoshopで軽く加工して、わたし好みの色に変える。その時に、わたしは随分コントラストの強い色合いが好きという事に気づいていった。ナショナルジョグラフィックスとか、イギリスBBCとか、そのあたりの配色が好き。多くの人はもっと湿度の高い淡い色が好きなんですよね、すみません。この写真はニコライ大聖堂・・・う~ん、わたしにはちょっとロシア正教のように思えるこの建造物は、ひたすらの驚き



機能不全家庭から救われる必要性

家庭

 オレンジ・キャンペーンのCMを見た。

 『虐待を見たらお近くの児童相談所へ』と。#言葉忘れた・・・。

 とてもその趣旨を理解しやすいCMである。

 多くの家庭の方はそのCMを見て近所の心配な子の事が心によぎるだろう。実際家庭での「不適切な扱い」については、多くの方は想像しやすいようだ。なぜなら自らが家庭で育ち、家庭で育った事による有形・無形の多くの経験値に基いた情報を蓄えているから。

 だから、家庭の人にとっては家庭で子どもが育つ事については「何がおかしい事か、何が怒りを呼ぶ出来事なのか」想像を巡らす事はできるだろう。

里親家庭

 普段わたし達が応援している「里親家庭」も、里子を養育している事を別にすれば一般家庭であるから、その家庭で不適切に養育されている子どもがいれば、児童相談所へ連絡する必要性がある事について理解できる。

 だから里親家庭の不適切な扱いについてレスで言及する方々がいる事も理性で理解できる。わたし達も機能不全里親家庭へ、子ども達を措置してほしくない。

 養護施設全部育ちの自分は「家庭の子にとって不適切でない育ちとは何か」という部分に曖昧さがある為、想像する事の限界を覚える事があるので、時々電話で、家庭での不適切な養育について、感度の高い信頼できる家庭育ちのサバイバーの方と情報交換する。#彼女の存在に感謝

 わたしは家庭で不適切に扱われている子ども達が機能不全家庭から救われてほしいと思っている。保護・施設措置後の問題が丸見えなわたしは、そこでスウィッチが入り、その後の施設での不適切な扱いについて言及せずにいられないけれど、ともかく緊急・一時避難所が必要である事を理解できる。

「機能不全」児童養護施設から救われる必要性


児童相談所 

 それと同時に、施設全部育ちのわたしの気持ちにもスウィッチが入る。児童相談所ときくと、実は養護施設全部育ちとしてのわたしは(あくまで個人的な感覚)親のない自分にとっては児相を信頼できない組織としての最たるものと感じる。児相の職員を施設へ送り込む悪夢の存在だと小さな頃に思った。そのような心理パターンがすでに身についている。#でも近所で家庭の子が虐待されていたら大人の義務として通報する。

 ただ、やるせない気持ちになる事がある。

 千葉県の恩寵園の子ども達が児相に助けを求めたのに、子ども達がすぐに施設から救われる事はなかった。岡山県の二葉園の子ども達が児相の職員に、施設職員の虐待の証拠品まで送りながら、何度も手紙を送りながら、彼らは施設から救い出される事はなかった。岡山県の施設の和子さん暴行死などでも岡山市の対応について今後調べてみたい。子どもにとっての正義の味方然とした児相も役所の事務員集団でしかない側面がある。ストップ施設内虐待にも持ち込みたい話だ。

児童養護施設

 わたしの施設育ちとしての感度で、養護施設で不適切に扱われている子ども達の事を語る(書く)事は、わたしにとっての一生の課題だ。家庭の人が家庭の子の問題に感度が高いように、わたしも又、わたしの育ちからくる理由で、施設の問題について語る衝動が尽きない。

 養護施設に「機能不全」というコトバが当てはまるかあるかどうか判らない。なぜなら養護施設では乳児院から来た無愛着児童も家庭から保護された荒れてる児童も、虞犯少年たちも、そこでただ、留め置かれているだけの状態だとしても、保護されている子ども達とカテゴライズされている。

 だから職員の数が足りなくて満杯状態の養護施設が子ども達を放置しているからといって、それが「施設として」機能不全なのか、機能しているのか、今のわたしはシュールな気分が勝るため、うまく判定できない。

 「施設は施設、家庭じゃないので、機能不全の解釈や最低基準そのものが違ってしまうのは当たり前じゃない?」と夫が言うのに対して、何故かうまく答えられなかった。

|  養護施設にいる間の問題 | 06時18分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>わたしの感覚では言葉で丸め込もうとするうさんくさい施設。
なぜかちょっとどきんとしました。
そうですね、胡散臭いものを胡散臭いと
言っても良いんですよね。胡散臭い正義、
胡散臭い平等、胡散臭い愛情(なのか?)。
まだ、あの場所でだけまかり通る論理に
心の一部がとらわれているのかもしれません。

>「お前は、子どもには殴られる権利もあるという事を知ってるか?」
どうしてなんでしょう、
私も似たようなことを言われました。

今なら、子どもにあるのは殴られる権利ではなく、
間違ったときに子どもを叱る正統性のある大人に、
つまりは、ちゃんと固定された大人に
愛情をもって諭される権利なのだと思えますが・・・

付帯条件が全部ショートカットされている上に、
流れ行く第三者に短い怒号でもって言われても、
子どもながらにしごきの一部のようにしか
思えなかった覚えがあります。うさぎ跳びのような。

たとえ、ショートカット部分を説明されても、子どもの
私にはなんのことかわからなかったと思います。

長々とすみません。
何かと忙しい時期ですから、どうぞお体に気をつけて
お過ごしください。一つ一つの記事を、大切に
読ませていただきます。それでは。

| Cheese | 2007/12/18 22:19 | URL | ≫ EDIT

Cheeseさん、いつもありがとう

 おはよう、Cheeseさん、寒くなってきましたね。

 「親が育てない子どもを死なせないこと」が
施設の最低基準なら、最低基準を満たして
いたかもしれません。
それでも、何人かの子が亡くなっていたから、
最低基準を満たしてはいなかったかもしれません・・・

 社会が妄想している施設の役割を基準においたなら、
それも遠く及ばないだろうという気がします。


 Cheeseさん、貴重なレスをありがとう。「戦後、親のない子が生存の為に盗みや犯罪を犯す事を憂慮した、地元の名士が土地を提供し、日本版?児童養護施設が誕生した」と、教えてくれた職員がいました。

 その職員が言葉を選べない人なので、今思うと色々言ってたなあ~と気付かされます。
 
 その中で彼は「子ども達は最低でも生存権を有する」と言った直後に「お前は、子どもには殴られる権利もあるという事を知ってるか?」と問われました。

 わたしは、殴られる権利という権利を初めて耳にしました。でもたしかに殴られる事が普通で、生存権はギリギリ最低の権利として、何とかタイトロープのように引っかかっていたのかもしれません。
 
 中には命を落としてしまう子がいたとして、今まで親のいない子が命を落とす事が重大な問題である事を気付かされずに来ました。(何か、そのような事を言う権利を持たされている事を知らずにいた)
 
 Cheeseさんのコメント、ほんとにうれしいです。施設の実情を記憶のあるなしに関わらず、肌身、骨身に染みている人の言葉は、わたしにもスーッと入ってきます。あなたの施設、わたしの感覚では言葉で丸め込もうとするうさんくさい施設。(ごめんなさい)

 こちらこそ、色々な事に気付かされます。時々あなたの言葉に触発されて記事を起す事もあります。#わたしとMariaはお互いにそうなりやすいのですが・・・。

 心と身体を保たせながら大事に発信していきましょうね、わたしも静かにいつも読ませていただいています。

 ありがとう。


  

| レイ@わたしもそう思う | 2007/12/18 06:07 | URL | ≫ EDIT

Leiさん、こんばんは。
以前にコメントを書かせていただいたCheeseです。
ご無沙汰しております。

私のいた施設は、子どもが問題を起こさなければ
それでいいという感じでした・・・死ぬことも含めて。
保母たち個人がそんな非人道的なことを考えていた
とは思いたくないのですが、どこか、「死ななければ
それでいい」という空気が漂っていた気がします。

「親が育てない子どもを死なせないこと」が
施設の最低基準なら、最低基準を満たして
いたかもしれません。
それでも、何人かの子が亡くなっていたから、
最低基準を満たしてはいなかったかもしれません・・・

社会が妄想している施設の役割を基準においたなら、
それも遠く及ばないだろうという気がします。

いつも、いろいろなことに気付かせてもらっています。
ありがとう。

| Cheese | 2007/12/17 21:36 | URL | ≫ EDIT

書いてくれてありがとう

 おはようございますjtwさん。いつもタイムリーに励まされるレスコメントをありがとうございます。

 養護施設にとって、機能不全な状態とはどういう事か、施設にとって子どもへの不適切な対応とはどういう事なのか、すべては、前提の定義がしっかりしていないと難しいですね。

 わたし達は、暫定の場所に留め置かれた状態で長期施設入所児童だと、ほんとのところ、感じています。

 これでは誰と何を築く事もできません、jtwさん。がんばります。

| レイ@jtwさんへ | 2007/12/17 09:15 | URL | ≫ EDIT

オレンジ・キャンペーンのCMを見ていないのですが
児童養護施設内での『虐待を見てもお近くの児童相談所へ』
なんでしょうね?
私は施設内での虐待を見たことがあるけれど(理事はそれを虐待とは思っていない)普通、人は施設内での虐待を見る機会はないです。
施設内での子ども同士の虐待を 苛められた子が児相へ訴えることは なさそうです。児相へ電話する仕方も分からないだろう。
職員・理事から子どもへの虐待については 退職した職員からの訴えを期待するしかないでしょうか?
賞味期限の書き換えとか 産地偽装などがバレたのは 職員からの通報なんだろうけど、施設職員が児相へ申し立てても 児相は 自分が管理している施設で虐待があると認める よりも 虐待は そもそも 無いと言うかもしれません。
職員や元職員による虐待通報も してほしいけれど、ともかく あまりにも少ない里親 弱い里親制度を なんとか しよう。
 

| jtw | 2007/12/17 08:46 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/456-137eb6e2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。