PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピックアップ記事:12月分の反応(拍手)があったエントリ

ここ一ヶ月(30日分)の反応(拍手)のあった記事
12/01~12/30

 前からやっとけば良かったのだけど記事を書くのに忙しく、大晦日を明日に控え、中途半端ながら今月分の拍手記事をUPします。それ以前の記事は拍手データとして残っておらず、一年分とはなりませんでしたが、ブログの構成上、あるいはめんどくさがりやの自分なので、なかなかピックアップ記事というものを掘り出せないので、その代わりに拍手があった記事などを残してみました。

 わたしの書いているテーマは気付けばとことん無愛着関連ばかりでした。養護施設の虐待問題が世に少しは知られるようになる一方、それでは施設に虐待がなければOK?かという視点からも、わたしは記事を書いています。

 いえ、もう少し強い表現をするなら、乳児院・養護施設で全部の子ども時代を育ち抜く事がシステム的虐待という捉え方をしています。
 
 養護施設はたとえ虐待が無くとも子どもが発達段階に応じて育つには問題ばかりです。無愛着児童がどんどん生産される場所です。わたし個人が無愛着な人間として育った理由が施設の養育環境の後遺症という前提の元、記事を書いているので、これから親になっていく子ども達が養護施設で全部育つ事には反対の意見を持っています。要するに、乳児院の子ども達が将来、自分のような大人になってもらいたくないという気持ちが記事を書く原動力の1つです。

 わたしは初めは、虐待されなけりゃ施設で育っても良い(問題ない)と思っていました。でもその頃は、養護施設だけで育つ事により、将来親になった時、家庭生活を作った時に、自分が慣れてしまっている養護施設の世界観を再現してしまう問題に気付いていませんでした。

 来年はもっと無愛着について掘り下げていこうと思います、又、養護施設では親がいない子、居ても社会的に全く力のない親の子、その子たちへの職員たちの度重なる精神的な虐待などについても、色々書いていければと思います。

 実際、わたしは保母から「レイは親と同じ精○病だから、将来精○病になると日記に書かれ(おおまかな文章しか覚えていないが)、自分も彼女に同意する言葉を書いた(書かされた?)事」があるようです。その日記に書いた保母の筆跡鑑定をすれば誰がその時に書いたのかわかります。
 
 当時の別の職員に、大人になってからこの事を言ったけれど、彼は「うちの施設でそんな職員は1人もいない」「施設はボロだけど職員は錦だ」というよく判らない逆ギレをされました。わたしがうそをついていると言いたいのでしょう。「証拠(日記)を持ってきなさい」とも言われてます。

 でも、施設内のこういう出来事はどこにも残らない、事件にもならない、という事、でも確実に無愛着・反愛着になっていくだろうなと想像できます。施設ではこのレベルでは虐待でもなんでもなかったのでしょう。

 ともかく、今年1年お読みくださり、拍手もありがとうございました。おかげでピックアップ記事がUPできました。来年、お会いできればと思います。良いお年を。 


 Angels we have heard on high.



拍手数の記事別統計 2007/12/01~12/30

親子離れ:「親がやりたいんだから甘えとけ」という姿勢 拍手数 9

荒廃のカルテ:少年識別番号「1589番」として呼ぶ方が馴染み深い 拍手数 6

Gratia:神の恵み・恩寵を受くるものたちに相応しく幸いであれ 拍手数 6

恩寵園判決:罪を認め、謝罪し、賠償を行なうという事 拍手数 5

無愛着な施設児童は優等生ですらない 拍手数 4

あなたのお住まいの自治体は、子どもの家庭で育つ権利を実現していますか? 拍手数 4

礼儀正しさと慇懃無礼の境界線が見えない時・・・ 拍手数 4

視点:育ちの問題と女性問題を混同しないで語る為の整理1 拍手数 4

施設で育ち切った問題を家庭で育った人のエリアで考える事と限界 拍手数 3

誤解:その哺乳瓶の先っぽがほんとに正しいのか 拍手数 3

第3回 児童部会 社会的養護専門委員会 議事録(厚労省HP) 拍手数 3

モラル:育ちきらなかった自分のたしなみと規範意識 拍手数 3

慣性の法則:「いつか来る誰かを待ち続ける行為」へのファンタジーボンド 拍手数 3

擬人化:クリスマスイブのひとり言 拍手数 3

元・無愛着児童の心理的な流れに関する自動処理と陳腐化 拍手数 3

学習:無愛着を土台とした反愛着とは 拍手数 3

あれ?:「うちの子には遊園地もろくに連れていけなかったのに・・・」 拍手数 2

遠くの明かり:他の里親子の番組をくり返し見続けるある里子の話 拍手数 2

黙祷:施設のお墓に眠る子どもたちの為に祈る事しかできない 拍手数 2

「オレンジリボン・キャンペーンのCM」に想いを馳せる@1施設全部育ち 拍手数 2

  UP12/30 最終更新



 

|  このブログについて | 04時47分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

明けましておめでとう

 施設での職員の発言は、外へ出して確認すると、非常識ですね。施設内でしか、施設の子相手だからこそ発言するのでしょうが・・・。

 今年もこんな感じで、どうぞよろしくお願いします。

| レイ@Cheeseさん | 2008/01/02 18:18 | URL | ≫ EDIT

明けましておめでとう

 今年一年、どうぞよろしくお願いします。いつも読んで下さりありがとうございます。

| レイ@Kasumiさん | 2008/01/02 18:13 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

 明けましておめでとうございます&はじめまして。

 コメントをありがとうございます。なかなか、うまく表現できない事もありますが、読んで下さってありがとうございます。少しずつでも前進していきたいと思います。

| レイ@センターリバーさん | 2008/01/02 18:12 | URL | ≫ EDIT

明けましておめでとう

 明けましておめでとうございます。元旦から良いお天気でしたね。今年も少しずつよろしくお願いします。

| レイ@まさゆままさん | 2008/01/02 18:09 | URL | ≫ EDIT

Leiさん、こんばんは。

物騒な物言いをお許しください。
私は、その、無神経で、自分の心を
子どもで試しているとしか思えない
愚かな職員と、言い訳がましく自画自賛する
職員たちに腹が立ってなりません。
ぶっとばしてやりたい。本当に。
正直なところ。

ぶっとばす力を得た大人になって、
オトナとしての視点を持って漸く
見える、チビの私(達?)と、オトナとの
緊張関係の構図。泣きたい。
今、施設にいて、どこにもいけない
子どものために、泣きたい。
子どもにはその構図は見えない。

ええと、こういうことは、自分の
ところで書けばいいのかもしれません。
ごめんなさい。

どうぞ、来年一年が、Leiさんにとって
実りあるものであるよう。
つないだ手が、解けないよう。

よいお年を。

それでは。

| Cheese | 2007/12/31 21:13 | URL |

良いお年を!

今年も無事終わりそうですね。
来年もいっぱい思うことを記事にしてください。
私はそれを読み、若い人たちに思うところを伝えて行きたいと思っています。

小さき声を聞かせてください。
そして、その声に「小さい時から機能のある家庭へ」と大きな声にして行きます。

来年もよろしくね。

| kasumi | 2007/12/31 12:45 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございました

はじめまして。

マリアさんやレイさんからは本当にたくさんのことを教えられました。
コメントはしていませんでしたけど、私にとって大切なことを教えてくださる二人でした。
きっと大きく人生を変えられたかな。
お二人の働きがさらに祝福されますように!

| センターリバー | 2007/12/31 00:13 | URL | ≫ EDIT

良いお年をv-238

| まさゆまま | 2007/12/30 13:17 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/470-19a6dc4e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。