PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思考:家庭の人の「施設の方がいい」発言について考えてみた

児童養護施設に居る間の問題

 機能不全家庭の一部の人が「家庭もいいものばかりじゃない」「里親家庭もいいいものじゃない」「親(養育里親含む)もいいものじゃない」「養護施設の方がずっといい」とレスを書き込んで来る事について、その表現に安易に乗らないことにした。家庭の人にしてもすぐに得られる答えは望んではいないだろう、怒りを吐き出すのが目的の書き込みは、怒れば少し落ち着いて消えてゆく。

「施設の方がいい」と言わしめる機能不全家庭へのケア体制の不備

 ブログを開いたばかりの頃は、そのような機能不全家庭の人の「養護施設の方がいい」という表現に一つ一つレスを返していたが、とても不毛な状況に陥りやすかった。なので、さすがに色々家庭の人の気持ちを想像してみたりした・・・。

 想像した結果思ったのは【理屈で考えれば】その子の家庭が機能不全でなければ、施設へ行きたいという発想自体生まれないという事なのが見えてきた。彼らは家庭がきちんと家庭として機能してほしいだけなのだ。施設へ最初に行きたいと願ってこの世界に誕生したのではないという事だ。

 そして、家庭が変われば保護された子どもも施設に長く居る必要は無い。だから家庭から虐待が無くなる為にその子どもの親に対し何ができるかを考える事は最大の課題だし優先事項だと思う。
 
 わたし達は機能不全家庭から虐待が無くなる為に、家庭の構成メンバーに対してどのような支援体制が必要であるかという点をきちんと論じていきたい。施設に一時保護されても、家庭のメンバーの認知が進まずにいる限り、その子どもの環境は何も変わらない。親にトレーニングが必要である事が判っていながら無策な状況【子は施設で長期措置】が続いている事について論じていきたい。

 そのためには変わる気のない親の姿勢にメスを入れる必要があるし、親子神話や幻想はもう必要ないだろうと思っている。それは里親家庭を考える際も基本的には同じ理屈で考えていきたいと思う。里親という社会的養護の意味を理解した人の行う虐待については、実親とは又異なる、さらなるカリキュラムが必要なのは、措置児童がすでに無愛着児童であるという前提を抱えている限り無視できない状況だと思う。

施設虐待を論じる際のわたしの姿勢

 わたし達養護施設全部育ち【一部の】は、施設の虐待が(もし)無くとも養護施設は家庭になりえないという点で、子どもが育つ環境として相応しくないと思っている。

 虐待の有無以前に固定された養育者もなく、結果として行き先の定まらない状態で留め置かれて事がそのまま長期入所に繋がっている事こそが無愛着児童の抱えさせられている課題。留置されているような状況が一定期間ではなく、いつ果てるとも判らない状況で続いている事を問題視している。

 養護施設が、施設内虐待を無くす為に取り組むのは当然の事ながら、施設だけで育つ長期入所児童の愛着に関する発達の問題、集団養護の影響の問題についても、そろそろ本格的に国を挙げて取り組んでほしい。社会的養護も成熟する為にそろそろ進化しなくてはと思う。

 わたしは施設から虐待が無くなれば施設で子ども時代の全てを育つ事を問題ナシだなどと思っていない。

 施設内虐待の問題を考えている時も『新生○○学園となり、めでたしめでたし』だけで終わらせたくないというスタンスを忘れてはいない。施設には子ども時代の全てを乳児院・養護施設で育ちきる子がいる事。孤児院だった頃からずっと一人で生きている子ども達の事を忘れてはいない。

家庭に施設的概念を持ち込まない


 施設で全部育ち、家庭で主婦をしているわたしは家庭を施設化しては施設の再現になってしまう事を念頭におきながら、家庭とは何か、愛着とは何かなど、日々考えながら記事を書いている。なので機能不全家庭の人の怒りには答えきれるものではないということ。

 まずは自分の頭の上のハエ【課題】に向かい合わないと、他の事が出来にくい現状を知るべしと思っている。なので今は自分の発信のスタンスを明確化していきたい。

 デッサン2

 L :マウスでデッサンはぶるぶる震えてしまいます。好きな制服はセーラー服だったけど、一度も着た事がないです。ネクタイ&ワイシャツはオヤジの格好みたいで好きじゃなかった。セーラー服は、でも戦闘服だよね、もともとは。

|  養護施設にいる間の問題 | 10時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/504-1763f39f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。