PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偏見とも誤解とも言えないし、偏見かもしれない児童養護施設像

養護施設にいる間の問題

シセツイメージ
 
 「養護施設を出た」という言葉を言う時に、なぜかいつも相手に気を使いながら、努めて明るく答える癖があった。出来る限り軽く、出来る限りシンプルに答えて次の話に移ろうとしていた。
 
 でも、聞かされた当人は一瞬、どう返事をしていいのか困っている様子が見える。

 気を使わせたくないのに「施設を出た」と一言答えた為に、互いに妙に気まずい思いをする。養護施設という言葉の響きには、どうしてもそこには、シセツという言葉の響きに対する共通概念が横たわっていて、聞かれたから答えただけなのに、自分がその場の空気をまずいものにしたような呵責を覚える事が多かった。

 養護施設を出た当人だから、養護施設を出た人を前にした家庭の人の気持ちは判りきれない。でも、施設を出たという事を語りたがらない施設出身者が多いのも、何となくうなずける。

 施設出身者の生き難さの中には、世間からの、この漠然とした【あるいははっきりとしたなんらかの意識】が横たわっていて、普段はこれらの事を何とか乗り越えていけるのに、心の調子が良くない時には、いつにも増して圧し掛かってくる。

偏見でもあり偏見でもない児童養護施設

 よく、養護施設の子は偏見を持たれている、本当の姿を知ってほしいと言う人たちがいる。最初は何故そう言うのか判らなかった。わたしは捨てられている事を誤魔化したくないと思っていた。親がいない子にとっては、親から捨てられたという事実は事実以上の何ものでもない。【悪い事をした子という偏見についても、繋がる話だと思うが、語り方が難しいので省略】
 
 でも、養護施設で家庭虐待で保護された子や虞犯の子は親から遺棄されたわけではない、家庭環境の問題はあったにせよ・・・。彼らは、養護施設の子が親から捨てられた子ども達だと思われる事を、偏見や誤解と憤る。それは彼らの側面から物事を見たならば、確かに誤解となるだろう。

 ・・・今なら何となく理解できる。彼らは捨てられた子と思われるだけで恐らく傷つくのだろう。

 こんな風に同じ屋根の下に住む子ども達同士は、施設生活を余儀なくされるとしても、その事の中身がそれぞれに違う。そのような状態にある子ども同士は、同じ屋根の下に住んでいても孤独なのだ。

 この見解の違いは、大人になり、サイトやブログを運営する際のスタンスの違いとしても現れていて、わたし達と彼らは、はしばしば、意見の相違から無益な戦いをしやすいという問題を常にはらんでいる。

 しかし誤魔化されて生きていた親のない子ども達はたまったものではない。ずっと「捨てられたのではないよ」と周囲から気を使われてきた為、どこか幻を追うようなところがあった。会った事もない親の立場や気持ちを何故慮らねばならないのか、子ども自身全く気付くことができない。

 誰から捨てられたのかも判らない、気付いたら施設に住んでいたというのに、捨てられた事実を乗り越える事ができなかった。

 大人になった時、その事で質問したら職員が渋々答えた。

 「ただでさえ現実が厳しいのに、気持ちが折れるような事を子ども達に言えない」と。

 変な気分だった。
 
「それ以外」の気持ちが折れるような言葉は沢山聞いているような気がするのに・・・。「もし自分ならば虐待されても捨てられるよりはマシ」とは夫の言葉だ。それについてはリアクションのしようがない。比べるものでなく種類の違う問題だと思う。

 それほどに、捨てられた事実を持つ子ども達は「無」の領域に立たされているのだと思う。わたしが少しずつ「有」を感じるようになってきたのは、対象者が少しずつ見えてきたから。ソウルメイトとは不思議な存在だと圧倒される気持ちだ。

 対象者なき子ども時代なんて、無限の虚無地獄なのかもしれない、文章化そのものが怖い気がする。まだフィットする言葉がない。

施設で育つだけでもケア対象である・・・

 ただ十年前、メール友達が養護施設で全て育ったと打ち明けた時に「その事に関するケアは受けたか?」と聞いてきた事を思い出した。今考えれば、その人の言葉は何か意味ありげなのに、うまく訳せない気がしている。

 

|  養護施設にいる間の問題 | 08時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/513-1865e0a3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。