PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設に居つづけた事が、社会からの自分への真の答え

養護施設にいる間の問題

 横槍
 
 施設は施設なんだからそれでいいし、職員も給料を貰って子どもを管理しているんだから仕事をきちんとやればいい。昔企業の品質管理の仕事をした時に、いかなる状況においてもこの製品がきちんと動く事を証明する為に、様々な環境下での耐○○テストをしていた。その時に漠然と考えていた事は、製品を世に送り出すという事は、その製品に対して責任者であるという事だと知った。


 給料を貰って子どもを社会人として育てるのなら、育てた子どもに対するクオリティの追求は大人としてデフォルトで求められている事だし、いくら「この子の担当じゃなかった」と逃げ回っても、その子がその施設を出たと一言言えば、その施設がその子をこのように育てたと【世間から】断罪されて当然。

 子ども自身も、自分がどうしてこうなのか?と考える際、養護施設だけで育った過去しかない以上、自分の固有の育てられ方を考えるのは当然の流れ。

 それを、まあ次から次へと、横槍が入るのであきれている。何度か書いたが、機能不全家庭の元・子どももブログを開いて、自分の家庭の問題をそれぞれに書いている。

 でも養護施設出身者に対して「施設の悪口を言わないで下さい」と横槍を入れる様に、「家庭の悪口を言わないで下さい、あなたの家庭はそうだったかもしれないけど、わたしの家庭の両親はわたしに愛情を注いでくれました」なんて言わないし、言えない。彼らはわかってる。原則、子どもに必要なのは「機能不全じゃない普通の家庭」なのだから。

 

 ・・・とはいえ、この話の流れだと、家庭には機能不全家庭も一般家庭も様々にあるように、施設にも問題施設と良い施設があるという話に行き着いてしま恐れがあるので、釘さしておきたい。

 ここが施設の問題と家庭の問題は全く別な話のゆえんだと思う。わたしは、この世の中の虐待施設だけを問題にしているわけじゃない。養護施設に【仮に】虐待がなくとも、乳児院・養護施設だけで育つ事は虐待環境であると言っているのだ。これは乳児院・施設だけで育つ子どもの発達や愛着や固定された関係性の話なので、施設育ちでも、親との繋がりがある人などには当てはまらないだろう。

 よく「全てが全て虐待施設だなんて言わないで下さい!【怒】」と書いてくる方がいるけれど「だから?」としか返せない。だから乳児院・養護施設だけで子ども時代の全てを育ち、絆も何も無く、十五で施設【社会】から追い出され、孤児から孤独者の道を歩かねばならない事の問題を語っている。

 作られた社会的弱者でもある養護施設全部育ちの問題をわたしは言っているので、施設から虐待がなくなり、新生○○学園になったとしても、基本的な問題は残り続けていると捉えている。【でも虐待は絶対にあってはならない】

 社会からの答えはすでに受け取っている

 施設に居つづけた事が社会からの自分への真の答えだと思っている。なので、もし捨てられた子の命が大事なら、まずは里親家庭へ繋げられてほしい。愛情についての話をするのはそれからだ~。
 

|  養護施設にいる間の問題 | 06時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/545-8296e5be

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。