PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡山県・児童養護施設昭和館(仮称)の事件と訴訟から判決までのあらまし

メモ

 Mariaの記事岡山っという土地柄なの?

 という記事を読み、「また岡山?」と思わず叫んでしまった。Mariaのブログ読者とLeiのブログ読者は微妙に読者層が違う【Mariaが言うにはね】らしいので、彼女の記事をここでも勝手に紹介します。

 以前 このブログでお勧め図書として紹介した和子ちゃん暴行死事件も岡山県だったので、少し情報を整理したくなった。 岡山県の児童養護施設の二葉園の児童虐待事件の請求がああもたやすく棄却された流れは、一体どこから?と個人的に気になった。

 するとまるで前例のように、和子ちゃん暴行死の裁判が行われていて判決も下されていた事と繋がった。この事からも、この昭和館(仮称)の事件の事も少し調べてみたくなったので、メモ代わりにおいておこうと思った。和子ちゃん事件、この後どうなったのだろう?まあ、次の本がないので自分で調べるしかないと思う。

訴訟の経過と判決




※ 書籍内容から引用しました

訴訟経過略表(表中A~G記号箇所は後に詳述する)

一九八二(昭和五七)年 八月十二日 和子死亡

一九八四(昭和五九)年  

          三月二一日 A、原告、岡山地方裁判所に訴状提出
          六月六日  B、被告・岡山市、答弁書提出
九月十二日 C、被告代理人・服部忠文弁護士準備書面提出

一九八五(昭和六〇)年 
          一月三〇日 D、被告代理人・山崎博幸弁護士準備書面(1)・(2)提出
          三月二六日

          九月四日 証人調べ(昭和館長・佐藤高男)
          十月三〇日

一九八六(昭和六一)年

          二月十二日 〃(書記・山本和男)
          四月二日 
          九月二四日 〃(原告・朴明子)

一九八六(昭和六一)年
          
          十一月二六日 証人調べ(保母・横田恵子)

一九八八(昭和六三年)年
     
          二月八日   E、倉岡小夜、岡山地方裁判所へ意見書提出
          九月二十八日 F、原告代理人・山崎博幸弁護士準備書面(3)提出
                 G、判決

一九八九(昭和六四)年 二月十五日
    (平成元年)       

            十二月二一日 証人調べ(控訴人側申請・保母・大原元子)

一九九〇(平成二)年 六月十四日   〃   (  〃      〃    )

一九九一(平成三)年 五月七日    〃(控訴人側申請・光の子どもの家施設長今関公雄)


       A 原告の訴状
       B 被告・岡山市の答弁書(趣旨説明)
       C 被告代理人・服部忠文弁護士の準備書面(趣旨説明)
       D 原告代理人・山崎博幸弁護士の準備書面(1)、(2)、(要旨)
       E 意見書の提出 倉岡小夜(当時聖徳学園短大教授)
       F 原告代理人・山崎博幸弁護士の準備書面(3)(要旨)

 G 岡山地方裁判所・平成元年二月一五日判決
(昭和五九年(7)第一七五号・損害賠償請求事件)

 主文

 原告の請求を棄却する。
 訴訟費用は原告の負担とする。

 
 【中略】


 本件事故当日の、起床時から朝食終了時までの間、和子と他の児童間に異常は見られなかったことに照らせば、事故当時、山本主事と横田保母は事故の発生を具体的に予見可能であったと断定するに至らないから、両名に、原告主張の、予見義務違反、指導注意義務違反、保護義務違反(過失)があったとはいえず、佐藤施設長にも両名への指揮監督上の過失があったという事はできない。

 したがって、山本主事、横田保母、施設長のいずれにも過失が認められない以上、被告岡山市の損害賠償責任を認めることはできない。

 原告本訴請求はその余の点について判断するまでもなく理由がないから、これを棄却し、訴訟費用の負担につき民訴方八九条を適用し主文のとおり判決する。


   岡山地方裁判所第二民事部

          裁判長裁判官 白石()孝  
          裁判官 安原清蔵
          裁判官 中村也寸志    
          



事件の流れの簡単なデータ





和子誕生 一九七五(昭和五〇)

生後三ヶ月~満二才 岡山市の旭川乳児院

満二才 一九七七(昭和五二)~岡山市・聖園子供の家

措置変更により、
※措置変更を決定した倉敷中央児童相談所

六才(一九八二/昭和五七)岡山市・岡山市立昭和館へ措置変更

事件発生

一九八二(昭和五七・八月七日)

死亡

一九八二(昭和五七・八月十二日)



 ところで岡山市立の児童養護施設昭和館とあるけど、これは善隣館の事かなあと考えているのだけど・・。違ったらすみませんと言ってみる。




 
大きな地図で見る

|  このブログについて | 06時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/577-782fd32c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。