PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地域格差:「実親が居ても里親との接点を得る子ども達」の希少さ

養護施設にいる間の問題

 腑に落ちなかったこと

 夜中に目が覚めて Mariaの記事を読み【又ぞろ出たなブリちゃん】

 ブリさんには実親も里親もいたという事。その地区毎の児童相談所の里親制度への取り組み方の本気度?が違うようだ。それが施設間の里親委託の格差に繋がっているのだろう。よく 里親シドさんのHPでも都道府県別に里親制度への取り組みが公開されているので理解できるようにはなった。

 ただ、資料では理解したものの心理的には未整理だ。時々ネットにもいる、実親が居ても里親へ委託されたり、里親と接点を持てる子ども達がいるようだという事についてはあまり触れなかった・・・。

 自分が出た施設では里親という言葉さえ知らずにいた【少なくとも自分は】。今理性で考えて気付いたのだけど、最初から里親さんなのじゃなく、ボラのおばさん=里親希望のおばさん、だったのかもしれない。1人の子の週末里親になり、習い事をさせていたような気がするから。

 でも、親の生存が少しでも【たとえ引き取られる事がなくとも】あれば里親との接点を持つ機会そのものが無かった。

 他の施設の里親制度への取り組み

 わたしが里親の事を知ったのは「がんばれ!養護施設出身者」で。あの頃「がんばれ!」にアクセスした時に、世界中の養護施設出身者が集まったかと思うほど、施設出身者同士のコミュニケーションがネット上において爆発した。

 今はブログ時代になった事もあり、もうそんな事はないが、あの時はHPを作れる人が珍しく集まっていた。そして、ネット上で施設っ子同士の激しいやりとりが毎日のようにあった。

 そこで知った事は、他の養護施設出身者の中にも、実親がいても里親家庭へ引き取られる子がいたことだった。途中で施設へ戻ったりするものの、最終的にはその里親家庭から高校へ行けた様だった。

 乳児院で誰も現れなかった子は養護施設にいくのが当たり前のように行われていたので、、実親がいても里親委託が叶った子の存在にびっくりした。ブリさんはそのような子たちに近い体験をしているのだと思う。

 その地区の児童相談所の取り組み方が、その地区の児童養護施設での里親委託や週末里親との接点の増減などに影響するのだと思う【たぶん】

他人の課題を見てつくづく思う事

 ブリさんはブリさんと関わる対象が、里親、実親、養護施設と多く、その誰もがブリさんに対して徹底的に「私があなたの親だ」と言い切る人がいなかったような気がする。誰もが居るようで、誰も居ない感じだろうか。

 かといって、

もともと愛情のない施設って場所で生きてたLeiさん、うらやましかった。
愛情に縛られないからうらやましかった。


 と乱暴に言われては、施設全部育ちの自分は答えられない。感じ方は人それぞれだけど、最初から何も無いなら無いなりにやれると勝手に誤解している発言は困る。

 誰もいないという施設育ちの究極の課題を、誰かが中途半端とはいえ居る人から、観念的レベルだけで捉えられると、現実的な生活レベルでの問題提起ができなくなる。

 施設育ちの誰も居ない状態というものは生死に直結する事項だ。明日から路上生活を余儀なくされるかもしれない現実的な課題だ。

 でも誰も居ない事がどんな事が判らない人の一方的な発言にいちいち揺さぶられても仕方ない。それならいっそもう大人なのだから、自分で関わりを絶ち、親からの援助も里親との接点も施設保母とも断絶し、たった一人で文字通り生きればいい。

 最後の言葉は、絆作りをしている自分的にはあまり良くない発言だけど、子どもの頃に選択肢として幾つかの体験をし、大人になった時に自分自身で最終的に判断すればよいと思うので書いた。

 乳児院・施設全部育ちは乳児院・養護施設しか与えられなかった。育った場所が一つしかないからだ。そんなにうらやましければ同じ立場に立って【でも厳密には同じではないが】一から全部1人でやればいい。1人であるという事を勝手に満喫すればいい。

 親から貰ったものは全て親に返して。
 仕事を探し、自分の稼ぎでアパートを借り、収入の中で生活する。
 
 それだけ 

 by 途中参加のMaria


 以上

|  養護施設にいる間の問題 | 03時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/579-49a4bd6c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。