PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宿題:逃げても迂回しても誤魔化しても救われない「捨てられていた事実」

メンタル整理

 わたしも逃げ続けてる事がどれくらいあるか判らない。子育てをしないこと【子どもに近づけない、その前に子どもを産めない】、その前に性的なことが混乱中【less妻】、その前に家庭に適応ができない。理由がわからないまま結婚直後~今に至るまで同じ状態が続いている。理由はほんとうに不明。整理している日々の中【個人的レベル】の本当に答えに近づいているのかは判らない。

 前置きはここまで。

 逃げるほどに宿題は追いかけてくるよ【泣】


 ・・・そんな折り、という里親さんドラマを録画する事になった。

 施設育ちの自分にとって里親ドラマは、ワタシのようなのが見てもしょうがないと思い、ついつい目を逸らしていた。Mariaががんばってブログで紹介してくれていたのに、何故か自分のところで紹介できなくて・・・。

 でも彼女は何も言わないでいてくれた。ひさしぶりのこの感覚は里親さんのHPを迂回&回避していた頃の気持ちと大変似てる。。

 里親さん関連の記事や物語やドラマは、なんと言うか・・・ないものねだりをしても仕方ない頃の自分たちを今更確認しているようで、里親家庭のドラマを見たりする事で自分を蔑んだり苛めてるような気分にさせられてる気分になるのが嫌でなるべく近寄らない様にしていた。
 
 今のわたしは、子どもの最善の利益を考える大人として発信するようになってから、個人的な苦手意識とは別に【拒否感や嫌悪感ではない】必要な情報を知り、必要な時期に絶好のタイミングで里親家庭へ行かれる子が増えてくれたら・・・と考えるようになってきた。

 苦手な世界ほど、実は近づいてくるのかもしれないと思うようになった最近。避ければ避けるほど遠ざかれば遠ざかるほど、いつの間にか避けられない課題として目の前に積み上がってる。

 児童養護施設出身者が家庭で育てられなかった問題から逃げようとしても、必ず・・・やり残した宿題として追いかけてくるものだ。

 観念したその先はわりと静かな湖面

 だから挑戦するような気持ちで、一週間分観てみた。

 ・・・でも気付いたら、その世界観に魅せられていた。
 子どもが何をしようと誰の関心ごとでもなかった施設とは違いすぎる。

 だから、いつか施設だけで育った人たちも見てくれるとうれしいと思った。養護施設の職員のドラマとは違う世界観だと思うから。【施設ドラマで良質なものがあると良いけど】

 養護施設全部育ちのわたしは逃げる事で解決できるものは何一つなかった。誤魔化す事も過去の呪文も救いにならなかった。たった一つの冴えたやり方は・・・自分自身を課題という炉心に投げ込み、どれ程の思いをしようとも、答えを自らの力で見つける事だと考えた。

 だからどんな答えでも、自分が出した答えなら文句は言わない【当たり前か、ペチッ!】 

 ちびMariのひとりごと

FirefoxではOnMouseでは見られないMariaにゃんこ画像のAlt文です。

| ├ メンタル整理 | 11時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/580-9862fca1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。