PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボラに見せる子ども達の笑顔に勝手に騙され、夢破れたと主張する人の話

養護施設にいる間の問題

 前書き兼メモ

 わたしは結婚前と結婚後、自分の事を唯一知ると思われる養護施設へ「今の自分がこうである理由」を大胆にも聞きに行った。あまりに周囲の人々から「育てた親の顔が見たい=わたしにとっては所属していた施設」と言われるので真に受けて、自分の事を聞きに言った。

 結果、「ちゃんとやってる子もいる」「施設を出たら自己責任」という事を理由に、自分探しは門前払いとなってしまった。

 学生ボランティアがキレまくり指導員へ至った心情

 その際、元指導員が、自分探しをしているわたしにふと言った。

 「お前は施設のイベントで海に行った時、まだ学生ボランティアだったおいら【何故かその人、自分をおいらと言う】のメガネが落ちた時、必死になって探し回り、あの広い海から、足でメガネをつかんで【わたしはサルか?】探してくれたのさ」
 
 「それでおいらは、施設職員になろうと思ったんだよ・・・」

 と、言われた事を思い出した。

 その元指導員は今は別の仕事を生き生きとやっているそうだ。彼は「施設の子ども」と接するうちに子ども嫌いになったとの事。

 その大学生の「やる気」に火を付けた、施設児童たちのふるまい、笑顔。その学生が後に施設で一番キレたら止まらない指導員になるなんて、本人さえ想像できなかっただろう。

 ボランティアとして外から施設の子を見たら、施設の子は誰も彼も気立ての良い優しい子、笑顔の可愛い天使のような子どもたち、逆境にもめげず、学習ボランティアのお兄さんの探し物をしてくれる、とでも勝手に思い込んだ結果、

 現実の施設生活は惨憺たるものになってしまった。

 施設職員になったとたん、子ども達が本性を見せたとでも思ったのだろう。彼なりには衝撃的だったのだろう。「あの天使のような子ども達」は、彼が言うところの「○○ガキ」になり「子ども達の純粋な笑顔」は「せせら笑い」や「愛想笑い」になり、子ども達の学習意欲の低さにキレまくり、チョーク飛ばしは学校の先生よりもすばやくなる【学校の先生はチョークを飛ばさないと思う】

 捨てられた子ども達は天使じゃないよ

 子ども達に裏切られ、夢破れモードに入り、それが転じて、キレる指導員として有名になり、そのうち何故か施設を退職していった。退職した理由はわからん。

 誰もこの元指導員に、子ども達が天使だと勝手に思い込んでいる事に気付いて注意喚起しなかったのだろうかと不思議な気持ちだ。

 わたしたちは、当然ながら里親さんを応援してるけど、里子が天使だなんて勘違いしてる人がいたら、必ず一言現実的な話をする。夢を持つのはいいが、夢に妄想が入ると困るので、基本的に大変な話しかしない。まあ、勝手に心が温かくなりたい人は別の里親さんブログへ行っているだろうし、その変は心配してない。

 養護施設の子ども達については、大人の勝手な恵まれない子どもイメージに手を出すとそれなりに痛い思いをするということ。
 
 番外編

 そういえば、大人になってからも似たような体験を繰り返している。

 働いている頃、付き合った【数時間後には怒られる】男性が、わたしが自分の気持ちを素直に言うと最後は「こんな女だとは思わなかったよ!」「冷血女!」「人の気持ちをもて遊ぶな!」系の言葉を残して、何故か走り去る【歩きなさい・・・】人が多かった。

 そして夫も「そんな人だとは思わなかった」と言う。
 今考えれば、そんな女とは思わなかったと言われるこっちもいい迷惑だ。

 ・・・・

 つまり、養護施設の子を外から見て、勝手に妄想抱いて夢破れて、その怒りを子どもにぶつける職員は、子どもにとって非常に迷惑な存在であるという話がしたかった・・・と今、気付いた。 

 以上。

|  養護施設にいる間の問題 | 05時00分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

Leiちゃん、

相変わらず、切れ味のいい文章ね。
読んでてすっきりするわ。

そういえば、あなたが紹介しているyahoo!知恵袋に、養護施設で働きたいという中学生が質問していたわ。この記事で書いているような施設職員にならないといいのだけど…

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415946884

 ま、施設で働きたいという方は、子どもの頃から、本人自身の問題を抱えていて、それを施設の子どもに投影したり、子どもから慕われることで報酬を得ようとしているのね。
 こんな職員に育てられるのは、というか、こんな大人しかいない養護施設は、子どもにとって、まともな大人がいないということね。

 今週の瞳をみて、里親さんの周りには、なんてたくさんのまともな大人がいるんだろう…、と思ったわ。

| Maria | 2008/04/20 03:25 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/587-e9ae5105

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。