PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「わたし固有の範囲設定」が難しい「養護施設育ちのわたしの問題」

養護施設にいる間の問題

施設の子ども達という公共物

 「これは我が家の問題です」という意識を持ってほしいと夫は時々言うが、わたしはどこからどこまでが「我が家」なのか、どこからどこまでが私固有の問題なのか、日々語っているうちに範囲が判らなくなるところがある。【ただ、夫の事を書くのは少し控える必要があるようだ】

 養護施設の養育環境にありがちな問題なのと、わたし固有の癖の問題とをリンクさせて書くときに、自分の思いを語らずにそっと生きる自由もありながら、心の中にあるものを洗いざらい吐き出し切れていない事への焦りと後ろめたさを覚える。

 わたしが身に付いている感覚として、養護施設では何でも自分の中身を吐き出させられていた気がする。反省文を書き、提出させられる。集団意識と個の意識を共有する事を求められる・・・。

 自分の出た施設がいわゆる良い施設と言われ、地域でそれなりに信頼を置かれていた反面、わたしは自分のプライベートな領域を守る事を学ばなかった。

 わたしは養護施設入所者という公人じゃないと思うが、養護施設という場所が公共の場所であり、多くの人が住む場所である為、なんでも透明にして吐き出さないといけない気持ちになる。みんなが住みやすくなるように意見を出し合う子ども会議がずっと続いている気分。

 知らない人が住居に見学にやってくる世界で、育成記録に毎年顔の変わる担当者に記録される事、その記録を児童票として、後の裁判の際に子ども側の問題の証拠種類として提出される事、そういう世界で生きてきたので、わたしはどこまでが自分の固有の問題なのか範囲設定が難しい。

 でも家庭で育った夫などは、知らない人の前で自分の情報を語る必要がないと思っている。その感覚の違いはかなり顕著だとわかった。

家庭という繭

 プライバシーというものを夫は守ろうとする。彼は家庭という繭の中で育ってきたので守るべき領域内で生きる事に後ろめたさを覚えない。でも、わたしは自分が何も語らない事を、本音を吐き出さない事を後ろめたく思う事が多い。それが育ちのせいなのか、整理の為に必要な事項なのかわからず、時々記事を書いては消してきた・・・。恐らく消す事で一瞬晒しすぎた自分の本音を隠しているのだろう。
 
 夫と姑のアドバイスも聞き入れている。養護施設を出た事を近所の人に話さないということ。それが自分を偏見から守る事に繋がるから。でも、わたしの本音は、周囲の人に隠し事をしている気分になり後ろめたくなる。洗いざらい周辺の人へわたしに関する情報を教えなきゃいけないと感じやすい。

 でも、姑も夫も、自分の育ちの情報を周囲に伝えない事を後ろめたく思うわたしを、不思議だと言った。わたしは夫にあった家庭という繭のような役割の守りが無い中生きてきた。だから第三者的に、自分を無造作に晒すしか生き方を知らなかったんだと思う。

 夫や姑などは、人に侵入させない為に語らずにきた。それは一族みなそうやって命を繋ぐ為に、存続の為に、他人に知られないように隠し通してきたらしい。でもそれは一族の問題なので透明性を高める必要性を覚えなくともいい。あくまで家族の問題ですと言えるらしい。

 彼は基本的に家族の問題、一族の問題を、他人【他の家族】に踏み込まれたくないと思っている。でも養護施設の問題の場合、うちの施設だけの問題です、と言い切れない面もあり、集団、大舎性、宗教、などの問題をも抱えている、そこが語りの線引きが難しくて面倒なので、わたしはまず、書いてしまう事にした。【前は書けない事の方が多かった】 
  
わたしを語ったつもりなのが施設世界を語る事になる

 わたしが、わたし固有の話をする時は、どうしても養護施設という集団世界の話に着手してしまう。わたしは複数の施設を渡り歩いているので、幾つかの施設の概念も持っているようだ。だから整理が複雑。でもわたしがもし語りの暴走をしているとしたら、WolfやMariaが注意してくれると思う。

 だから今、わたしは自分の本音だけに注目して書いている。思考を抑制しすぎて施設後も施設の概念下で行動している自分なので、ならばとことん自分の気持ちを考えてみようという事で書き始めた。全ての人に合うやり方じゃないのかもしれない。ただ、わたしは昔から日記を書く癖が身に付いているので、文章を書く事は苦痛ではない。

 わたしの目的は絆づくりの為の整理と里親家庭への応援、養護施設を出た1人の人間の本音という枠内で何とか書いている。誰の為でもなく自分と自分に今関わってくれる人たちとの愛着の構築の為に。わたしは愛着も本音も築こうとしてるのだから、今までの人生で一番エゴイストに生きている気がする。施設では問題行動とされた事全てを手に入れようとしているのだから、すごい事だと思っている。

 とりあえず、これもメモ。
 最近メモが増えた。

|  養護施設にいる間の問題 | 05時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/594-35f0211a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。