PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふるさとづくりの旅行:「龍の里」へ微妙に里帰りツアー 1

Soul-Family-project・別館:龍の里帰り

 全旅行期間:22日夜~24日(午前)

 関連記事;Mariaの戦いと祈り・ふるさとプロジェクト「ドラゴンのふるさとは、やっぱ龍の里でしょ」

 ああ、そうだ。

送信者 20080523-drag...


 帰る家もない、待つ人もない、心にあり続ける人もいない過去だった。

 でもそれだけでは、わたしたちの人生何だったんだ?と思わぬでもないし、今ではせっかくソウルファミリーが居るんだから、ソウルが戻る場所、魂の故郷のようなものをそれぞれに探して【勝手に設定して?】訪れてみようという事になった。Leiの故郷、Mariaの故郷、Wolfの故郷・・・それぞれの。

 この話は数週間前、MariaとわたしとWolfで飲み屋で盛り上がった事による。
 
 幼い頃に家族がいないなら、今、ソウルファミリーをつくる。ふるさとが無いなら、今、作る。わたし達は構築につぐ構築をしている。基礎固めの今、故郷を作ってみようとなった。

 そこで、まずは一人目の故郷探しは、日本どころか世界中のどこにもありそうなドラゴンの故郷を勝手に決めてしまおうツアーのようなものをする事になった。

 残念ながらWolfは仕事が大詰めで参加できなかったので女2人で龍神村という名前に妙に惹かれる和歌山県へいきなり夜行バスで向かう事になった。竜王町などの竜という名の付く地名は幾つかあるが、やはり龍神というキーワードはなんとも神と対極であるドラゴンの雰囲気に近いと思えた。

 仕事帰りでヘロヘロ気味のMariaと待ち合わせし、食事をし、いつものようにお酒をたしなみ、バス停へ向かった。後はもう、乗っているだけで目的地へ運ばれていく。

 
送信者 20080523-drag...

 夜行バスで眠り、朝になると、少し鈍い感じの朝日がバスの窓に差し込んできた。夜行バスはけっこう身体的には厳しいんだけれど、お安いので大変良いと感じてる。

 で、窓外には、東洋の龍を思わせる、らせん

 
送信者 20080523-drag...

 窓越しの撮影なのでクリアーではないけれど大阪の景色、夜の新宿を後にして、気付けばもう朝の五時ごろ【たぶん】この時点で大阪あたり。あと三時間くらいで、終点の和歌山駅に着く予定。【なんだか全体的にてきとー感漂う時間の把握】

 
送信者 20080523-drag...


 写真を拡大すると、エキスポランドと書いてあった。

・・・この時Mariaは仕事の疲れもあり、爆睡中・・・・。

 窓の外へレンズを向けていると、大阪は東京と雰囲気が違う都会だなと思えて、少し楽しい。何か異国へ来たような感じもあって・・・。たとえば電線とか鉄柱とかも微妙にデザインが違うように思える。

 
送信者 20080523-drag...

 やがて吹田のインターが見えてきた。この読み方をつい「ふいた」と言いそうになるけれど「すいた」と読むんだと知った。漢字を見るだけじゃ正しく発音できないし、その地に根付いていなければ、定着しない語感というものがあると感じた。
 

|  Soul-Family-projct・別館 | 20時42分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

STOP! 養護施設内虐待HP
http://gyakutai.yogo-shisetsu.info/cgi-bin/report/shouhaku/diary.cgi
松柏学園の裁判の記録 その1(Maria Livedoorブログ)
http://blog.livedoor.jp/maria_magdalena/archives/cat_1060008.html

Leiちゃん、吹田は、松柏学園のある場所なのよ。記憶の片隅にあったから、ドキッとしたのだと思うわ。

| Maria | 2008/05/26 23:37 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰してます

 atomさん、コメントをどうもありがとうございます。

 何となく行けない場所があるの、判る気がします。ドキッとするような気持ちも、ちょっと判ります。気持ちを聞かせてくれてありがとうございます。

 さてさて。

 裁判などで岡山までは行った事がありますが、和歌山はさらに遠く感じられました。吹田は別の路線を走っている時にシャッターを切ったのですが、ただよう雰囲気が、ちょっと不思議な感じでした。上手く言えないけど、東京とは違いますね。

 和歌山はあんなに山深いとは・・・東京の奥多摩などをもっと深くしたような感じで、日没までに海岸へ出られないのでは?と多少ひやひやしました。
 
 コメントをありがとう。わたしもatomさんの記事を読ませていただいてます。親が育てられない子ども達の事に気持ちを注いで下さる事もありがとうございます。

| Lei@atomさんへ | 2008/05/26 05:06 | URL | ≫ EDIT

ありがとう

 おはようございます、おちゃさん。コメントをありがとう。

朝焼けの素敵な写真にこちらも旅に言った気分になり、癒されました(^・^)。

 それはうれしいです。普段の記事がちょっと無愛想な書き方が多いので、時々でもこういう風なのんびりした記事が書けて、うれしいです。

 思わずふるさとプロジェクトなんて銘打ってしまいましたが、だんだん良い案だなと感じ始めています。無ければ作ろう、大人になってからでも出来るような気がしてきました。ありがとう、いつも。

 

| Lei@おちゃさんへ | 2008/05/26 05:00 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰しております。
大阪と和歌山に個人的な思い入れがありすぎて
(嫌な思い出とかそういうものではなくて。)
かれこれ10年近く京都より西に行けないatomです。
もう見る事もないだろうと思っていた吹田のインターを
まさかLeiさんのブログで見る事があろうとは・・・
思わずなんだか勝手にびっくりしました。
Leiさんが感じたように
大阪の街は本当に異国のようだと新鮮に感じた頃を
久しぶりに思い出し、和歌山の緑の深さも
なんだか勝手に懐かしく感じてしまい、
思わずコメントしてしまいました。

いつも記事をありがとうございます。
ではでは。

| atom | 2008/05/25 21:50 | URL | ≫ EDIT

おちゃです。

ふるさと探ししながら、mariaさんとも旅の思い出もできるので、きっと、素敵な魂のふるさとに出会えると思います。夜行バスで和歌山まで、お疲れとは思いますが、それも旅の醍醐味?!
朝焼けの素敵な写真にこちらも旅に言った気分になり、癒されました(^・^)。

| おちゃ | 2008/05/25 10:21 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/625-8a6f37b4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。