PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふるさとづくりの旅行:「龍の里」へ微妙に里帰りツアー 4

Soul Family・別館:ひび割れた聖母像

 関連記事:ふるさとプロジェクト「ドラゴンのふるさとはやっぱ龍の里でしょ」その3

 温泉地を後にして海岸へ向かっていた・・・。すると、唐突に小さな教会が見えてきた。わたしはMariaに「ちょっと寄っていこう」と言った。

 車を止めると、その教会がカソリック教会である事がわかった。内心ドキドキとして・・・Mariaのひじを掴みながら、ゆっくりと向かった。

 わたしはいまだかつてこんなカソリック教会を見た事がなかった。

 こんなにも、捨てられ切ったように見える姿を見た事がなかった。わたしがマリア像に気付かない事にMariaが気付いて「ここにマリア像があるわね」と教えてくれた。あまりにひっそりとしていたので、気付けなかったのか・・・。

送信者 20080523-drag...


 その姿はわたしが心の中に描いていた像とはかなり違うものだった。いえ、仮にもカソリック教会ならばマリア像をこのような姿のままにしておく筈はないと【勝手に】思い、自分ながらにうろたえた。Mariaも何か思うところがあったようで、彼女はその間、黙っていた。

送信者 20080523-drag...


 その何とも衝撃的なマリア像に挨拶をして、聖堂に足を踏み入れると人が誰もいなかった。聖水は干上がっていて、指をつけようとすると拒絶された気がした。

 でも、ポスターなどは最新のものが貼られていたけれど、大事なものが一番大事にされてないような・・・。東京では毎年ミサに通っていたけれど、この教会のミサはどのように執り行われるのだろう。司祭様のお姿はどんな・・・などなど、イメージばかり膨らんでしまった。

送信者 20080523-drag...


 さびた鐘楼
 
 わたしはカソリック信者として生きてきた証がないけど、二度目の施設でずっとプロテスタントの施設でマリア像を探し続けていた気がしていた。わたしの中にあるカソリック教会への不思議な縁がどこから来るものかわからないけれど、二度目の施設では浮いた存在だったらしい。

 それにしても龍神の里の小さな村に、大天使ミカエル・龍神教会だなんて・・・。わたしは自分のHNのドラゴンでもあるルシフェルが対峙する大天使ミカエルの姿は、こんなものではないと思っていた・・・。これも勝手な憧れを押し付けているだけなのかもしれないが。

送信者 20080523-drag...


 見上げると、教会の鐘はさびついていて、ななめになったまま固まっていた。・・・まだうまく言えないけれど、Mariaには車中で何か感想を一生懸命伝えてた気がする。彼女は運転しながら黙ってうなずいてくれた。彼女が側にいてくれて本当に良かったと思った瞬間だった。

送信者 20080523-drag...


 全く驚くべき邂逅だった。まだうまく言葉にならないけれど・・・。ただ、この地も高齢者が多く、過疎化が進んでいるので、教会を手入れする人や予算が割り当てられていないのかもしれない。

 ★その教会に通う神父様や信者の方々にとっては不快な内容かもしれません。旅人が勝手に感じた印象ですが、驚きをそのまま残しておこうと思います。

|  Soul-Family-projct・別館 | 16時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/628-f6f390e7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。