PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不定期レビュー:瞳第10週「急ぎすぎた幸せ」を見て

不定期レビュー

 感想を文章化しづらい

 Mariaから「瞳の施設訪問のところだけで良いから見てほしいの、そして感想を教えて欲しいの」と言われたので一週間分を見てみた。

 瞳が里親研修の後、恵子の居た施設へ訪問するという一連のシーンを見て、突拍子もない事だけど、昔キ○タクが出てた養護施設ドラマを、ふと、思い出した。唐突過ぎるかもしれないけれど、作り手側の示したい匂いが似てるように感じられた。家庭的な養護施設という匂いが似ている。

 里親家庭への理解の一つに、制度だけじゃなく、里親家庭へ迎えられる前に里子が居た世界を出来るだけ等身大で伝える事は大事だと思う。しかし、里親家庭の描写に家庭育ちの人が敏感であるように、養護施設の描写にも養護施設出身者は敏感に反応する。

 里親家庭へ来る前の子ども達の世界を丁寧に奇をてらわずに描いてほしい、別に特別な物語を求めているのではない。冷静で丁寧な描写がほしい。

 恵子の態度に関する違和感

 小学校低学年の三年間だけ居た子が養護施設へ結婚の報告に行く気になるだろうか。里親がいるのに職員をパパと呼ぶ事も違和感を感じるし、たとえば里親家庭から恵子が逃げ出して「パパはこの職員だ」と大立ち回りをした過去があるなら、パパとまで呼ぶのも何となく判るが、実質的には勝太郎が養育者である里父であるのだから、恵子の職員への親しげな行動の根拠がよく分からない。

 男性職員をパパと呼ばせる児童養護施設

 養護施設は実親の家庭復帰を前提に子どもを長期入所させているので、わたしも記事に書く事が多いが、基本的に養護施設では、パパなどと養育親の呼称に相当するような呼び方をさせないものだと認識している。

 わたしの知ってる施設では、お兄さん、お姉さんと職員を呼ばせていたが、それを改め、今では「先生」と呼ぶ事にしたと聞いた。

 ドラマでは恵子から「○○パパ」と呼ばれても当たり前のような顔をしている職員にも違和感を覚える。職員は職員なのだから、恵子がたとえ「○○パパ」と呼んでも「今は君のパパは里父さんだ」としっかり教えてほしい。施設を必要以上に家庭風に描こうとすると、それなら、里親家庭が何のために必要なのかボヤけてきてしまう。

 呼称の問題を軽んじないこと

 この回の話の場合は里子や施設の子が大人をどう呼ぶかをかなり雑に流している感じがした。実際に里親さんの体験話によく出てくる、里子が実親と里親を、どう呼び分けているかという事柄は、里親にとってとても神経を使う慎重な課題なのだと感じている。

 子どもが、どの苗字を使用するか【これは少しドラマで触れていたが・・・】親をどう呼び分けているかなど、突然職員をパパと呼ばせる以外にも、説明にもう少し工夫がほしい。

 最後に

 Mariaから電話がきて、わたしが上記のような感想を言うのに対して

 「色々あるけどレイちゃん、里親さんのドラマってこれしかないのよ、応援するしかないでしょうね」と返事が返ってきた。Mariaのいうように、ドラマの水準を問うよりも里親制度を伝えてくれているドラマだという事が、このドラマの現実でもある。作り手側も養護施設で育った者の心情を描ききれるものではないし・・・。

 ただ、里親制度を伝えてくれるドラマなら何でもいいのか?という事にはならないから、Mariaと共に、時々不定期にレビューを書こうと思う・・・。【努力目標】

| 不定期レビュー | 21時43分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

初めまして

 由美さん、初めまして。
 
 子どもを置いて呑みに大人が出て行く事が、わたしにとっては想像が難しくて返事が出来なかったです、ごめんなさい。

 仮に施設で、職員が一斉に居なくなり、子どもだけが残されたらどうなるんだろう?と想像してみたら、具合が悪くなりそうになりました。

 乳幼児からその家庭で育ち、中学生になっていれば、下の子達の面倒も見られると思うのですが、機能不全家庭だったり、養護施設から来た子にとっては、全てが不慣れで不安で、立ち往生するのじゃないかと思いました。中学生ともなれば、恐らく色々な事ができる筈なのですが・・・確かに。むぅ、答え方が難しいです。

 それから、テレビは禁止という事じゃなくて、見ていい番組が決まっているという事です。大概は教育テレビでした。施設ごとに違うのかわかりませんが。

 コメントをありがとうございました。

| Lei@由美さんへ | 2008/06/17 05:55 | URL | ≫ EDIT

母親のでてこないドラマ

こんにちわあ
ここにコメント書いていいのでしょうか?

>子どもを置いて、勝太郎さんと瞳が呑みに行くのは、あたしはずっと引っかかっていたし、
>里子の気持ちの描き方も丁寧ではないし…

このコメントに対して書きたいのですが^^

ええと、子供だけを置いてのみに行くのはありえると思います。
だってね、子供でも一番上は中学生でしょ。
何かあれば対処できる年齢です。親に電話連絡してくれる年齢です
飲みに行くのも行きつけの見せでしょうし、これは不自然ではないです。
でも、里子は不自然です、
家庭の子供はこんなにいい子じゃありません。
兄弟げんかするし、わがまま言い放題だし
親は子供にてこずるんですよ。
でも、この里子たちは理想的な子供で不自然です。

施設で育つと社会に出たら何が困るか、どんどん書いてください。
きっと誰かが見てて改善につながりますよ
テレビが見れないとは酷い!

それは改善すべき問題です、

| 由美 | 2008/06/16 10:55 | URL |

>それなのに、色々問題行動起こしてるのが周囲の大人でしょ、
>里子の問題に視聴者の自分もちゃんと向き合いづらいよ。

 そうね。

 いろいろ問題を起こすのは周囲の大人よね。

 実の親子がいがみ合っている姿も、里子たちには「自分を捨てた親」「虐待した親」との整理がしづらいと思うの。

 普通の親子の姿を学んでこそ、そこから外れた自分の親との距離が学べるのだと思うの。子どもたちに、普通の親子を学ばせて欲しいわ。

 この脚本家は、中年女性が嫌いなのかしら?

 ま、いろいろ思うところ大だけど、温かく見守りたいわね。今のところ、これしか里親ドラマってないのだから…

 養護施設がなくなり、里親中心の日本になれば、たくさんあるうちのひとつの変わった里親家庭となるかしら…

| Maria | 2008/06/10 23:57 | URL | ≫ EDIT

かっこいいお母さんが居ないね

 それから、このドラマには、子育てする中年の母親が出てこないわね。

 Maria・・・もしさ。呑みに行っても子ども達の事を任せられる母親が子どもの側にいる状況は作っておいてほしいって事だよね。

 うん・・・。

 これは、雑草根性で生き抜いたわたしの感覚には引っかからなくても、中年女性の母親世代には違和感だらけかもしれないね。
 
 このドラマ・・・。問題起こすのは本来、色々な問題を抱えさせられた里子たちなんだと思うよ。それなのに、色々問題行動起こしてるのが周囲の大人でしょ、里子の問題に視聴者の自分もちゃんと向き合いづらいよ。

 意識が間違ってる里子を教え諭す里親夫婦のモデルがない。このドラマを見てると集団生活の養護施設を殊更家庭風に作る一方で、里親家庭を大人不在の機能不全に感じさせてしまう事に不安を覚える。

 何故里親制度が必要なのか、どういう子に必要なのか、里親制度の主人公は誰なのか、きちんと示してほしいよ。


| Lei@ああ、確かに | 2008/06/10 10:21 | URL | ≫ EDIT

母親の出てこないドラマ

 たしかに、「里親ドラマなら何でもOK?」というのはあるわ。

 子どもを置いて、勝太郎さんと瞳が呑みに行くのは、あたしはずっと引っかかっていたし、里子の気持ちの描き方も丁寧ではないし…

 里父と里母、さらに里じいちゃんや里ばあちゃんのいる普通の里親家庭をドラマにして欲しかったわ。

 それから、このドラマには、子育てする中年の母親が出てこないわね。

 一本木家は死んでいるし、お隣も父子家庭だし。男と若い娘だけ子育てをしている。この脚本家って、母親が嫌いなのかしら?

 Yahooレビューで不評なのは、中年女性を排除した番組の作りを感じているからではないかしら。

 それでも、日本で唯一の里親ドラマなのよ。応援するっきゃないでしょ。

| Maria | 2008/06/10 07:33 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/638-4b8aed1e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。