PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書感想文2:「しあわせな明日を信じて」乳児院・児童養護施設の子ども達の作文集

読書感想文

 関連記事 読書感想文:「しあわせな明日を信じて」乳児院・児童養護施設の子ども達の作文集

 


劇的な母との再会 山本春樹(十九歳・男性)

 施設で生活している子どもたちへ

 最後に、施設にいる子どもたちに伝えたい。施設にいることを恥だと思ってはいけない。逆に誇りに思ってほしい。多くの人は両親揃って一緒に生活し、何事もなく生活している。しかし、施設にいる子どもたちは、いろんな境遇の子と生活し、多くの行事を体験し、親と生活していいないという逆境を乗り越えているからだ。

 だから、施設によって生かされいるという意識をもって生活してほしい。そして、いつでも産んでくれた親への感謝を忘れてほしくはない。

 私は母親と会い、施設の話をするとことがとても後ろめたかった。しかし、一緒に生活し、そんな気持ちは一切消えた。施設への感謝の気持ちを、母親と一緒にかみしめている。

 生きるって素晴らしいということを教えてくれた施設に、感謝の気持ちでいっぱいだ。だから、どうか感謝の気持ちを忘れることなく、施設で生活してほしい。そこには、大切な何かがいつも転がっているから。 

 ※ 本文から引用部分をテキスト打ちしました。




当事者の語りの意義と可能性 貴田美鈴(岡崎女子短期大学教員)

 この作文は、小学校四年生から八年間にわたり施設生活を経験した春樹君が、施設での生活、母親との再会、将来への夢を語ったものである。いわゆる「当事者」による語りである。これまで、児童養護の当事者の声は社会に対してほとんど届けられなかっただけに、これは貴重な声である。私達は、ここから学ぶ事ができると考える。

 【中略】

 春樹君も語っていたような子どもどうしのいじめや施設の規則の厳しさなど、多くの当事者の経験には共通する部分があるといえる。このような経験をしていながら、春樹君は「施設ってすごくいいところだったんだなと、今痛感する」「施設への感謝の気持ちを、母親と一緒にかみしめている」と語っている。春樹君をこうした心境に至らせたものは何だったんだろうか。

 【中略】

 春樹君は「施設にいることを恥だと思ってはいけない。逆に誇りに思ってほしい」と、施設で生活する子ども達にメッセージを語っている。このメッセージの背景には施設生活を友人・知人などに「知られたくない」という子ども【市川、二〇〇八】の存在があろう。

 施設で生活した人々は「施設出身者」とよばれているが「施設出身者」という言葉には、その人の「出自」を問うという社会的「スティグマ」のニュアンスが抜きがたく内包されている。【市川、二〇〇八】

 【中略】

 しかし春樹君は、こうした「施設出身者」としてのネガティブな部分ではなく、ポジティブな部分に目を向けている。施設での生活があったから、良い生活習慣が身に付いたし、母親を探すこともできたと語っている。

 なにより、親と生活できない逆境を乗り越えてきたと、自負している。こうした思いが、現在の彼を支えているのかもしれない。
 
 【中略】
 
 今後、当事者が声をあげていけるためには施設内での権利擁護とともに、もう一、二歩進んだところで、施設や地域の枠を超えた当事者団体、当事者への支援団体の活動や運動が望まれる。

 ※ 本文から引用部分をテキスト打ちしました。
 


 


元児童たちの言葉が”当事者の声として” 利用されている

 一番上の文章は春樹さんのメッセージをとりあえず引用させてもらったが、養護施設に居ざるを得ない子ども達は、大体似たような文章を書く。
 
 施設のおかげで生きていられる
 産んでもらっただけで感謝、
 施設で育った事を恥だと思ってはいけない。
 施設で育った事を誇りと思ってほしい。 
 逆境を乗り越える力が身についた。
 
 だの、他に書きようもない印象がある。

 それに対してコメントを出しているのが日向ぼっこの顧問の市川太郎氏。表題では岡崎氏の名前が出ているが引用部分はほとんど市川氏のもの。当事者の声という一文を見つけた時、あら?とデジャブ感覚に陥ったら、あの日向ぼっこだった・・・。岡崎氏がいうところの当事者団体とはこの団体だったか・・・。

 誇りと思えるようになった背景?

 春樹さんが「施設で生活している事を誇りと思ってほしいという心境に至った背景として」市川氏は、「親を探す気持ちになった事や、良い生活習慣が身に付いた事、逆境を乗り越えてきた自負心に由来している」と分析しているようだが、春樹さんが施設を誇りに思う心境に至る説明として弱すぎる気がする。

 春樹さんもごたぶんにもれず、上級生からボコされ、一時は自殺まで考えたという。この、上級生からボコされるような環境で自殺をせずに生きてゆくには、何も考えず何も感じなくなっていくしかない。心がだんだん死んでいくような事であったとしても・・・。

本来なら不必要な逆境を超えて何の意味がある

 一般の里親家庭で大事に育てられていれば、まず体験しない不必要なトラウマ。その意味の無さについては何ら言及せず、あいかわらずの似非ポジティブシンキング。

 それに、自分の過去探しや親を探す事については、これは里親家庭で育ちながらでも出来る事。又、養護施設を出た事をわざわざ刻むように【それこそスティグマか】誇りに思わなくても、それすら意識せずに生きてゆける世界がある。それが里親家庭だ。

 養護施設だからこそありつづける不必要な逆境の要素を子ども時代に与えて、今度は子どもが「乗り越えた自負心が出来たのは施設のおかげ、施設に感謝しているといわせて」再利用して、元児童達の声として作文を世に出す。

 これは恩寵の子も言ってた「俺は殴られたからこそ根性が付いた」と何ら変わらない発言だ。殴られるのも上級生からボコされるのも、本来は不必要な傷だという事を認知できない施設の児童は不幸な状況にあると思っている。
 
 子ども達の言葉は卒園後も利用され続けているように思えてならない。たんに作文じゃなく、解釈を加えることによって、さらにあざとい感じがする。わたしは養護施設出身者のマイノリティとして、この本を読んではなはだ不愉快だと感じている。

 春樹さんも他の卒園生も、他に言いようがないとしか思えない。他の選択がない中で本音がそもそもあるのかなんて判らない。彼ら彼女らには、子育て中、あるいは子育てを終えてから同じメンバーで本音を書いてもらいたい気分だ。【要望じゃなく、経過を知りたい気分だという事】
  

| └ 読書中 → 完読 | 05時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

書いてくれてありがとうございます

 
 おはようございますjtwさん。

 圧倒的に酷い。詳しいことは 守秘義務があるし、書けない。
「しあわせを信じ」られるか?
大学で 本だけ 読んでいるのは やめて ほしい。


 幸せがせいぜい生存できる事でしかないなら、よりよい生活、幸せな生活なんて望むべくもありませんね。
 
 わたしも「施設が無かったらお前なんて死んでたぞ」と職員から言われた時、死んでもいいから、路上でロボットじゃない心で生きていたかったと思ったから。

 4年の関わりでも大事な子なんですね・・・。すごい。そこまで誰かから思われた事がないから、その子がjtwさんの気持ちに気付くと良いなあ。

| Lei@jtwさん | 2008/07/22 08:18 | URL | ≫ EDIT

実子は成人している。二人の里子は施設出身で 
うちに13年いた子と わずか4ヶ月でうちから離れた子です。
実子と比べ、二人の里子の社会へ出てからの難儀は 
圧倒的に酷い。詳しいことは 守秘義務があるし、書けない。
「しあわせを信じ」られるか?
大学で 本だけ 読んでいるのは やめて ほしい。

| jtw | 2008/07/22 08:02 | URL |

これなに

 Maria

4. 乳児院入所児のアタッチメントの発達と環境移行の影響
名古屋学院大学論集 社会科学篇 (谷口篤・左高美鈴 、大学・研究所等紀要 、2006 ) 42 / 4 , 83-101


 「環境移行の影響」というキーワードと、今回のゼロ才~高校までの一貫養育と、なんか関連があるのか?2006年の論文だし。何書いてるのか見てみたい気がする。

| Lei@何かキナ臭い | 2008/07/22 06:55 | URL | ≫ EDIT

また名古屋?

http://www.okazaki-c.ac.jp/index.php
この岡崎女子短期大学も名古屋よ。

もう勘弁して欲しいわ。v-12

 この教員名と短大名で検索かけたら、名古屋の大学を出ていて、4つの論文を書いているわね。
http://read.jst.go.jp/public/cs_ksh_008EventAction.do?action4=event&lang_act4=J&judge_act4=2&knkysh_name_code=6000003465

 修士論文に「児童養護における里親制度の対象と役割―社会的要因との関連から―」と題したものを書いているから、里親制度も知らないわけではないと思うの。だけど、教員として生きて行くには、「養護施設万歳」党に宗旨替えをしたということかしら…

 なんだか、ゾッとするわ。

| Maria | 2008/07/22 06:42 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/670-6da453f0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。