PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無愛着:反応性愛着障害のパターンについて

愛着障害・無愛着

反応性愛着障害といってもパターンがある

送信者 Lei Pictures


 反応性愛着障害には 抑制型愛着障害と脱抑制型愛着障害と大きなパターンがあるらしいときいた事がある。

 抑制型は優しく接しようとする人全てに攻撃的で心の隙を見せないようにするタイプで、脱抑制型は誰に対してもベタベタ甘えようとするらしい。

 愛着障害~無愛着まで

 わたしが人から指摘されている無愛着というのはたぶん、脱抑制型と抑制型の微妙に混じったものではないかと思う。ただ、メインは脱抑制型なので、その場だけ受け入れてくれる人がいれば誰でもいいと感じてる。自由を奪う人が現れると攻撃性が出る。

 何故なら子どもの頃からその場に応じたパターンを示していたような気がするから。もちろんパターンを使い分けているわけじゃなくて知らず知らず状況に応じてそのパターンが出てしまうという事だと思う。

 施設に大きくなって入ってきた子はこの愛着障害が同じパターンの繰り返しに見えていて、職員も一つのパターンなので比較的先読みが出来るようだった。

 つまり抑制型は抑制型だけなので「いつもの態度ね」という捉えられ方をしていたようだ。家庭から来た子は人見知りを体験しているようだし、施設しか知らない子のように誰にでも好意を振りまくような脱抑制型はあまり見られなかった。

 懲りない子と困らせてやろうとする子

 だから大人への怒りを知っていて、人相も恐ろしい感じの子が多く、こういうパターンの子がやがて【大人の関心をかう為も含め】万引き、不良化していったように見える。捕まったらすごむタイプ。

 でも施設だけの子に多い気がする脱抑制型愛着障害の子の万引きの場合は、基本的に人間に対する愛着が無いので、自分でも悪い事をしている気持ちがなく、家庭の子と同じ万引きという現れ方があったとしても、その理由はつかみ所が無く【もしかしたらパシリとか】、万引きをした本人もよく説明できないのだろうと思う。捕まってもあっけらかんタイプ。
 
 脱抑制型の子は誰にでも求められれば求められるままに明るく応じるので人間関係が見えづらく、性的にも逸脱しやすくて、それでも懲りないように見えていた。

 パターンが読めない無愛着児 

 わたしは二重人格のようだと人から指摘されるくらい、性質のコントラストが強く、抑制型の時は誰も近寄れず、ボランティアが来たりマスコミが来たら急に脱抑制型の強烈なパターンを示し【調子こいてる状態】わりと外部から来た人の印象に残るくらい明るく誰にでもにっこり挨拶してた気がする。

 よく、仕事帰りの一杯飲み屋で意気投合しやすい人間で、名前も住んでいるところも何も知らないのにそんな事は一切こだわらず、今だけ気が合えばそれで幸せなような気分になっていた。一緒に飲みに来た会社の同僚から「おいおい、レイさん、そっちは違う会社の人の場所でしょ」と連れ戻されるシーンも多かった。

 なのにちょっとでもわたしと長く付き合おうと真摯な態度を向ける人が現れると突然不機嫌になり、自分の人生が他人によって縛られてしまう恐怖もおぼえ、急に攻撃的になってしまう事が多かった。

 甘えたいのに甘えられないのではなく

 それは、いわゆる、甘えたいのに甘えられない愛着障害児の感覚なのではなく、今まで自由に好きな人と好きな時に楽しんでいた愛着障害児/無愛着の感覚が強いのであって、その人から指図を受けている気分になり、耐え難い気持ちになるからだった。

 この部分が愛着障害の中でも無愛着の人が誤解されてしまう部分だと思う。誤解とは「甘えたいのに素直に甘えられない」という部分。

 無愛着は基本、脱抑制型がメインのような気がするので「誰とでも自由に楽しくやりたいだけ」であって「1人の人に甘えたいのに甘えられない」のではない、と感じてるのだが、解釈として間違っているだろうか。

 人生の初めから捨てられきってる子の場合はその現実に本人も気付かない、でも捨てられる不安を知ってる子は戦々恐々としていて愛着障害になるんじゃない?

送信者 Lei Pictures

★この写真、Mariaが撮ったかも。


 わたしの無愛着児としての基本パターン

 わたしは人は、つまらなければ別の人がいると思いやすいし、何もこの人だけじゃないと思ったり、今だけしのげばこの人はそのうち何処かへ行くだろうと思ったり、できるだけ瞬間気があう人とその場だけ楽しんでいられればいいという基本パターンを持っているような気がする。 

 わたしに捨てられた児童の悲哀が感じられないとしたら、こういう性質だからだと思う。そのうえ、わたしは無愛着なため、施設職員や保母からも怒りを向けられやすく、虐待を受けて尚、親を求める傷ついた子の話を、耳をひっぱられながら聞かされた続けたのではないかと推測している。

 まあ適当な文章を書いてしまったが、あまりに無愛着だと指摘される日々を過ごしているので、少し気分を吐き出している・・・。

| └ 愛着障害・無愛着 | 05時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/672-927bd844

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。