PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふるさと機能:家族水入らず時間を過ごす事は非日常ではない

養護施設育ちの心理

 ふるさと機能

 お盆の後、夫はもう一度実家に帰ってきた。戻った彼に話を聞くと、何か特別なイベントをしたわけではなく、親子・兄弟だけでささやかな食事会をしたそうだ。でも夫は何か満たされたような雰囲気を伴っていた。

 思えばわたしが嫁に来てから、気を使っていたのだろう。わたしが思う以上に、彼らは彼らだけの時間を過ごしたいと願っていた事を知った。
 



 わたしは、彼には帰るべき場所があるのだなあと漠然と思えて少し安心した。わたしの周りには帰る場所のない人が多かったので、彼のように当然帰る場所がある人を見ると、少し安心する・・・。
 
 でも何か少し疲れた時に、ふらりと戻る場所があるなんてすごいと思う。特別な事が無くても、何となく顔を見に帰る相手がいるとはすごいなあと思う。
 
 施設は一旦出たら帰る場所ではない。養護施設に「ふるさと機能」をオプションで付けるとかいう発想があるらしいけれど、乳児院の「限りなく家庭に近づける処遇」とあまり変わらない。たとえどんな機能を付けても施設は施設。施設以外に帰る場所のある子が、ちょっと寄り道して施設に顔を出す程度の存在。

 ひとりで立ち続けること

 結婚したけれど自分の家庭を手に入れたとは思わない。その部分はいつも変わらない。これから先も一人で立つ気持ちを持ち続けなくては・・・と思っている。

 ただ、大人でも疲れる時はある。そんな夫が精神的に頼るのは最後はやはり彼自身を守り育んだ家庭・家族なのだと改めて知った。

 彼がごく当然として持っている色々なものは家庭的処遇などではなく、家庭そのもの。わたしにとっては遠いものが、日常の一こまとなるように、絆のない子ども達を里親家庭へと願ってしまう瞬間だ。

 ひとりで立ち続けることも生きることも、つぶれることも自己責任だとは自覚しているけれど、時々、違う人生だったなら、もう少し違う思考を持てたのかもしれないと思ってしまう。




 家庭の人には「溜め」がある・・・ごく自然にそれが人生のそばにあり続ける・・・。家庭というのは、あるだけで、まずはすごい。その質を問うのは施設全部育ちの自分にとってはまだまだ次の話だ。

 疲れたら、放浪の旅をしてこようっと。
 わたしは、走り続けなくちゃ生きていられないから・・・。

|  このブログについて | 17時30分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

カタコンベ

 Maria、

 カタコンベ、トリノ、

 行けたらヴァチカン

 レスピーギのローマの松っていう曲が今、頭の中を
 流れているよ・・・。
 
 これらは英語圏というよりかは、
 Chao!! な世界だなあ。

| Lei@行きたいところ | 2008/08/25 06:30 | URL | ≫ EDIT

何いってるの。

ほう‐ろう【放浪】
[名](スル)あてもなくさまよい歩くこと。さすらい。「―の旅」「各地を―する」

 あてもなくさまようのだから、放浪は2人でもいいのよ。英語が上手なLeiちゃんと一緒なら、世界を放浪してもいいわね。

| Maria | 2008/08/23 21:48 | URL | ≫ EDIT

 
 おはようMaria

 あんた、放浪するなら、あたしにも声かけなさいね。あたしも合流するから。

 あの・・・わたしの間違いじゃなければ、放浪はひとりでする人が多いのではないかと思うんだけど。声掛けたらたんに2人旅行になっちゃうような気がするよ。

 変な親記事書いてごめんね。結婚している相手には帰る場所があり、自分には無い事の納得感を文章にしたらこういう親記事になっちゃった。

 水入らずも、終の棲家も、言葉を教えてくれたのは夫なんだけど、自分の為の言葉にはなっていないねえ。
 
 考えてみたら、一度だけ会った事がある生物学的姉は家庭で育った上に親戚との付き合いがあるようだし、わたし以外の姉妹同士での交流は普通にあるの。それってこの世から認知されてるって事だよね。

 言葉にするとミもフタもないなあ・・・。まあ良いんだけどさ。

| Lei@放浪は一人でするものじゃ・・ | 2008/08/23 06:51 | URL | ≫ EDIT

知らない言葉ばかり…

Leiちゃん、

「家族水入らず」「帰る場所」

言葉は知っているけど、意味が分からず、実感もない言葉ね。

↓水入らず
http://www.union-net.or.jp/cu-cap/mizuirazu.htm

 こんな言葉を聞く度に、日本人なのに、日本に住んでいないような気になるの。どこかの国の知らない言葉を聞いている気になる。

 家庭の質…

 あるだけましと思う私たちは、餃子なら、毒入り中国餃子でもいいというレベルなのかも知れないわね。一応、毒餃子には反対するけど、実は、毒の入っていない餃子も知らないあたしたち…


 あんた、放浪するなら、あたしにも声かけなさいね。あたしも合流するから。なんか生活が安定すると、ここにいられない気持ちになってくるわ。
 施設のように、常に人が入れ代わり、流れの中にひとり、位置を保つ続けているのが普通な気がするの。

 職場や同居人が何年も替わらない環境は、流れの中に居続けた身には、水が澱んできて窒息しそうな気がする。人が変わらないのなら。あたしが飛び出すしかない、そんな気がしてならないの。

 流れゆく施設に過剰適応した施設の子どもたちは、自ら動くことで流れを作り出そうとするの。それが、作り上げた人間関係を破壊することも知らずに…

 でも、あたしも、放浪したいわ。数年、放浪するだけの貯金もできたし…。お金がなくなったら、どこかで働けばいいし…。ね、Leiちゃん。

| Maria | 2008/08/22 21:10 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/697-1eeddaaf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。