PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただそれだけのこと:誰もいない事に気付けなかった集団生活

 メンタル整理というか・・・。

 誰も居ない事に気付けないのは、集団生活で常に多くの子ども達がいたから。自分の感覚が大勢の子ども達と一緒くたにされているから、気付けなかった。

 仲間、みんな、ともだち、わたしたち、きみたち、

 どれも複数形を表す言葉ばかりで、どこにも孤独を意識させる言葉がなかった。児童養護施設は大勢の子どもに紛れて、または、埋没して生きているから、本当は孤独であり、捨てられ切った存在なのだと気付く事が困難だった・・・。

 孤独を意識しなかったのは孤独から目を逸らしていただけの事であり、大勢の中にいると、

 「みんな同じように誰もいないんだからさ」
 
 という感覚の中でマッタリ孤独であり続けた結果だと思う。

 それは「みんなに誰も居ない事が自分の心の安定の条件」だったのだと思う。「誰もいないのは自分だけじゃない、みんなそうだ」と思う事で、自分の空っぽな箱を埋め尽くそうとしていたのだと思う。

 子ども達に里親家庭へと語っている時に、抵抗を見せる施設育ちがたまにいる。全部施設で育ったにも関わらず邪魔をしてきた。彼らもわたしと同じ心理を知っている。でもわたしは変わってゆく。

 集団生活は子ども時代だけ。やがて集団生活から社会へ放り出された時に、自分には誰もいなかったんだという事を知る。

 「誰もいない事実を子どもがリアルタイムで知る必要はない」と施設職員から言われた。「ただでさえ大変な過去を背負っている子ども達に、わざわざ現実を教える必要は無いと・・・」そして子どもたちは、何も知らずに集団で生きていた。

 空っぽのギフトボックス

 家庭育ちがギフトと呼ぶ、子どもを産み、子育てに悩んだ時に開く箱。箱を開いたその瞬間、自分がいかに親から愛されていたかを知り涙した体験を、ある子育てに悩む母のブログを読み、知った。
 
 わたしはそのブログを読み、少しフリーズした。・・・その同じ瞬間、児童養護施設全部育ちは、自分には何もないという空っぽの箱を前にするのだという事を・・・。でも多くの母たちは愛された記憶を育児の困難を、自分の育てられた過去を手がかりに乗り越えようとする。

 ただそれだけのこと

 ただそれだけの事を、施設育ちたちはそれぞれに受け取らなくてはならない。フタをあけても何も入ってない空っぽの箱を、しみじみと見つめる事になったとしても・・・。その後の生き方をどうするかは、本当に、その人の生き方そのものだと思う。

 自戒を込めて。
 

|  養護施設を出てからの問題 | 08時06分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

いつもなら電話で話す事を

 Maria、

 「だけ」
 「たかが」
 「家庭だろうが施設だろうが、どこで育とうが」
 「自分の行動次第」
 「自分の考え方次第」
 
 だの、家庭の子【特に夫】からはあまり聞かないタイプの表現を使う事が多い。この親記事の題名に使った「~だけ」という言葉も、いつもならばMariaとの電話のやり取りの後、修正する事が多かったので文面として残る事が少なかった。でも今回はこのような言葉の癖を問題提起するつもりで残そうと思った。
 
 このような表現はわたしの場合はもう、意識せずに出てきてしまう言葉なので、無意識⇒意識化への作業、まあ認知作業の1つ。をテキスト化というツールにより、修正しようと思う。電話と違って後で読めるしね。

 わたしはあなたとこういう風に言葉にこだわったおかげで、今は、意味の無い前向き発言はしないように注意を払っているけれど、時々、妙に凹んだ時には自然に出てくる。
  
 後で、意味ナシ前向き発言について、ちょっと書くよ。ところで、顔文字はなんて書いてあるの?笑いながら頬にキズがあるみたいな・・・。

 

| Lei | 2008/08/31 06:18 | URL | ≫ EDIT

「…だけ」という表現

Leiちゃん、

養護施設育ちの口癖に、「…だけ」というのがあるわね。


親がいないだけ…
施設で育っただけ…
殴られただけ…
里親にいけなかっただけ…
中卒で施設を出ただけ…
大学に行けなかっただけ…
お金がなかっただけ…
施設で集団レイプされただけ…
職員から性虐待を受けただけ…
○○されただけ…
……だけ…

 この「…だけ」という表現は、事実を軽く扱おうとする心理からくる表現だと思うのよ。

 「養護施設で育っただけ」ではなく、
 「養護施設で育った」でいいと思うのよ。

 自分に起きた事実を何とも思っていないと相手に伝えるために「だけ」をつけているのよ。でもね、相手は、それを聞くと「?」と思うの。「そんなに軽い事実なの?」と思うのよ。

 もう、「だけ」を付けるのはやめて欲しいわ。

「だけ」を付けていいのは、DoCoMoだけ。

 ね! (^_^メ)

| Maria | 2008/08/31 00:08 | URL | ≫ EDIT

カラのギフトボックスなんていらないわ

Leiちゃん、

 以前、Wolfさんの子育て話を聞いたとき、「子育てを通して、過去の自分がいかに誰からも愛されていなかったことを知った」と言っていたの。

 まさに、カラのギフトボックスを開けてしまったのね。よく分かんないけど、なんか判る気がするわ。

 たしかに、カラのギフトボックスを目の前にしても、その後どう生きるかは、その人次第だと思うの。

 でもね、子ども時代の大半を施設で育つ子を人為的に作り出すシステムがあり、日向ぼっこや他の「当事者団体」のような親のいる施設一部育ちが施設育ちの代表のように意見をあげていく現実があるの。

 あたしたちの、子ども(特に長期入所の子)は施設ではなく、里親家庭で育てて欲しいという声は、かき消されてしまう。

 虐待親のいる子の話は分からない。親のいる施設一部育ちの気持ちもわからない。
 虐待する親すらいない施設全部育ちのあたしたちは、愛された記憶もなく、カラのギフトをもらう以前に空っぽの心を抱え、いまも生き延びるために戦い続けているの。生き延びた先に何があるのかも知らずに…

 でも、がんばろうね。こんなあたしだけど、命のある限りそばにいるわよ。

| Maria | 2008/08/30 09:27 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/706-ee1ae4ad

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。