PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「家庭体験学習事業」:「家庭生活」はイレギュラーなものと認識した

養護施設の問題

 保母の家庭で家庭の味を体験?

 ・・・Maria、わたしこれあなたに言ったっけ?

 「家庭に帰れない子の為」と銘打って、わたしの居た施設では「家庭の味体験をさせてた」らしい。わたしは○○姉さんの実家に連れていかれた。



 でも、その保母さんのお父様の酔っ払って赤くなった頭部しか、漠然と記憶できてなくて・・・。ただとんでもなくわたしは正直に言うなら暴力的で破壊的なたんなる親父だったと思う。おそらく保母のお父さんが不機嫌な時に行ってしまったのではないかと思う。

 でもどうやらその保母さんは、帰れない子をローテーションで実家に連れ帰り、機能不全な感覚を見せてくれたらしいと今は解釈している。

 家庭を知らない子が知るべき現実の家庭の世界とは?

 わたしはこの「保母」が見せたい世界というのは何だろう?と今でも考える事が多かった。時々思い出してしまうから。保母の家に連れていかれて、天井を見上げて「この場所はどこか変」と感じた。

 保母もきっと機能不全家庭だったのだと思う。養護施設の方がずっと安全でしょ?と言わんばかりの保母の、ある意味、その表現に付き合わされた「帰れない夏休みの子ども達」は健全な家庭を見せてもらえなかったように思う。

 家庭体験学習なんて、結局、保母のひとりよがりのように感じたらしい自分の気持ち。その人の家庭の姿を見せただけに過ぎず、子どもがどのような家庭で育つべきかという観点から大きくずれていて非常に困った覚えがある。

 客観的にはお笑い家庭体験学習・・・

 わたしは養護施設全部育ちなので、おそらく上記のような体験も関連してるので里親家庭なら、何でもOKとは思っていない。だって、さすがに機能不全里親は、子どもの最善の利益を保証しないのだから。

 でも「せっかく出会えた家庭は良質であってほしい」という意識を持ちたくとも、養護施設しか知らず、さらに保母の家で家庭体験学習させられたりしたので、家庭のモデルが他になく、かなりの時間、整理が必要だった。

 親が育てられない子ども達が家庭を学習するというその発想自体、とても、なにか、痛いくらいの無理がある。

 家庭は体験学習ではなくて、家庭そのものでいいのだよと、虚無の世界で一人ごちる。でもこの無理めの勘違い事業が展開されてゆくのが現実。
 
 ★わたしの感じ方として、養護施設という場所が最先端の動物園を目指しているように見える時があるが、普段は養護施設で子ども達のあるがままを展示しておいて、時々、貸し出しペットのように保母の家に連れていかれる気がしていた。

|  養護施設にいる間の問題 | 04時42分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

いいなあ、北海道か

 話全然違うけど・・・
 
 北海道行きたいなあ。大洗からフェリーで。

 ところでMaria、ふとおもったんだけど・・・家庭を知らない子ども達の行動展示の何が、自然を学べる機会へ繋がるの?

| Lei@なんですと! | 2008/09/30 11:35 | URL | ≫ EDIT

養護施設も「行動展示」が流行りかしら

http://db.g-search.or.jp/sideb/column/20041028.html

 Leiちゃん、最近の動物園のはやりは「行動展示」らしいわ。この夏、北海道に行ってきたけど、旭山動物園が最先端みたいよ。

 でもね、養護施設は昔っから「行動展示」をしていたと思うの。地域の人を招いてクリスマス会をしたり、お祭りをしたり…

 あら? これは「行動展示」というよりも、ショーかしら。

 「行動展示」というと日頃の生活を見せることかしら。

 そういえば、「出張展示(移動動物園)」もあるし、動物園の先を行っているのかも知れないわね。「展示」も毎年入れ代わっているし…
 施設を出た後まで「展示」をしているグループもあるし…

| Maria | 2008/09/30 07:20 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/742-b7ca131c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。