PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人には戦うか逃げるかの選択の自由がある

SOUL FAMIRY-project別館:今現在絆づくりを難しくさせているものとは

 反省文ばかりじゃなく

送信者 Mariaのストリート通信


 Mariaのレスを読み・・・答える言葉が出てこない。反省は何回しただろう?そう考えると同じ事を何度も言えない・・・。
 
 ここから先の人生にはWolfやMariaがいてくれる。夫からは「離婚したら終わりだよ」と言われているので条件付の絆となるけれど、それでもまだ居てくれる。

 ・・・しかし、ただ側に居ればいいのではない。


家庭内での差別意識について、その整理

 乳児の頃に固定された相手に出会えなかった脳は、その場にいる全ての人間の気配にチューニングし続ける受信機のようなもの。誰もいないという事はその場にいる全員をターゲットにしてしまう事。その脳になってしまった後で、固定された相手とめぐり合っても、生まれたての赤ん坊のようにはなれない。

 だから大人の理性が必要で、過去の育てられ方を整理している途中なのだけど、そこで問題となるのは夫と夫の姑の、養護施設の子どもへのごく当たり前にある偏見と差別意識の影響を、そこはかとなく受けてしまいやすいので、ついつい、Mariaを話をする時に「どうせまあわたしは捨てられた人間だよ」と言ってしまう。Mariaはそのような言葉に傷つく。彼女はわたしを捨てるつもりなんか一切ないのだから・・・。

 しかしMariaとの電話を切り夫と向き合う時、少し事情が変わる。

 わたしが捨てられた者である事を教えてくれるのは過去だけじゃない、夫もそうであったのだ。Mariaが傷ついたりWolfが怒ったりする内容を、夫の場合は「現実だから仕方ないんじゃない?」と言えるので、わたしは夫の言葉の影響も常に受けていたのだ。

 施設で身に付いた事もあるけれど、今現在住んでいる、古い家風の中で施設出身者として戦い切れない自分がいる事も問題。養護施設ではあんなに脱走したけれど、結婚してからの脱走は一度きり。

 でもこれは語り方が難しいのだ。夫を悪い人だと断罪したいのではなく、社会というものは児童養護施設出身者に対してけして優しくはないという事だという現実を語りたい。姑からは「近所に施設を出た事を言うな」と言われた事も正しいアドバイスだと思う。そしてわたしは一方的な被害者とも言いきれない。無愛着でなければ夫の態度も違ったのかもしれないのから。

 でもわたしが近所にいたいして施設を出た事を隠しているのに、何かの拍子にばれてしまったらどうなるか?と戦々恐々になる事もある。時々、ばれてしまう夢を見る事もある。家族と言われても信じきれない家庭の中で、どうやって一人戦うのかと。又、わたしがキレてカミングアウトし、施設で育った事について顔出しして戦う事で○○家に傷をつける事も判っている・・・。

 「家族なんだから愛着を持って欲しい」と夫は言ってくれるが、同じ家族である姑に対しては、施設育ちであるわたしへの偏見からガードしようとしない。ま、わたしももちろん甘えるつもりは無いが「角が立つと困るので姑を責めないで」と言ってる彼に対しても不満がある事がわかった。

 まずは家庭で戦うこと

 わたしは過去もそうだが、今現実に戦う相手が少し見えてきた。今までは「こんな親なしのわたしでも結婚してもらえただけで感謝」と思ってきたが、それは違うと本当は思っていた。

> あたしたちは、「人を信じることができない」のではなく、「信じるに足る人に出会えなかった」の。

 とMariaが言う時は、心から受け取れているのに・・・。

 やさぐれ気分の時にMariaかWolfと電話で話をしても、やさぐれた感覚を相手へコピーしてしまうだけ。せっかく拾ってくれた○○家について、その整理をするという考え自体が恩を仇で返すようなものだと勘違いしていたが、そうではないと思う。

 まずは自分が、養護施設で育ったこと、親が居ないこと、それら全てに対して夫と姑から差別意識を持たれているという現実を認知しようと思う。その上で付き合い方を考えるべきだと思った。やたらMariaとWolfに、やさぐれ感覚をぶつけるのではなく・・・。

 アサーティブを邪魔するもの

 せっかく整理して力をつけようとも、結婚家庭で姑から何かを言われて萎縮したりやさぐれたりしていては、又気持ちが施設時代へ戻ってしまう。自分が偏見意識を持つ人を選びがちだとしても、やはり謝罪を要求すべきところは要求しようと思う。

 嫁だから、誰も居ない親のない者を引き取ってあげたんだからという言葉に怒る程の誇りやプライドを持つ施設全部育ちはなかなか居ない。

 だから、わたしはまず、この家庭で言うべき事を言うしかない。それで偏見差別心がどうしても根強く、お互いの溝が埋まらないなら、こちらも考えるしかない。

 大人には選択の自由があると思う。逃げるか戦うかだと。 

 

|  養護施設を出てからの問題 | 07時30分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。