PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭の感覚を押し付けられる事を不快と感じる事

メンタル整理

 家庭の感覚を持たずに育った人を排除する心理

 わたしは、家庭生活をごく通常のものとして生きてきた夫の感覚は以下の事と解釈している。

『この世界で生きている人として「家族がいない事を寂しがる心理」は理解できても「家族がいない事がどういう事か分からない心理」を理解する事はできない。

 また、そのように「家族が居なくても寂しがらない人」をどう扱って良いのか分からないし、そのような人を目の前にしていると、家庭で育ってきた自分の中に漠然とした不安が広がってきて、そのような気持ちを持つ人を排除したくなる。』

 上記はわたしが、彼の言動から写し取り、わたしに理解できる言語に書き直したもの。

 「家庭の人はみんな寂しがりやだから、君みたいに誰も居なくても平気なんて人はいない。君はどうかしている、まあ、それが施設で育った弊害だというならそうかもしれないけど、理解しがたい」「100人の人が居たら君の気持ちが判る人間はこの世界にただの一人もいないよ」と。



 押し付けられること

 持って生まれた愛着の機能を受け入れてもらえた夫とちがい、わたしは愛着の機能を定着する相手を持たなかったので、そもそも寂しがる心理が構築できなかった。それゆえに、見捨てられ不安や、お試し行動や、後追いなどの、その後、愛着を根底とした一切の行動を示さずに育ちきってしまった。

 その機能を働かせる場所や人に出会えなかった人の心理を理解しようとする前に、拒否反応が出てしまうのが、わたしが今まで出会ってきた、家庭で育てられた人々だと思っている。夫も例外ではない。

 わたしが、愛着を持てない事を、目が見えない人に例えたり、又は、悪意を持つ人だと断罪されたり、家庭で虐待を受けても尚、親を求める子どもへの扱いとは違う怒りを向けられてきた。

 親から捨てられた子と親からネグレクトされた子も違う

 わたしは夫からよく「君は親からネグレクトされたんだね」と言うので、首をかしげている。元々目の前に存在しない人から、どうやってネグレクトされるのか、そのイメージが浮かばない。児童養護施設も、とくに心理的なネグレクト環境ではあるけれど【衣食住はあるので】それも何か違う。

 施設ではネグレクト環境も含めて施設なのだから。養護施設として考えるなら機能不全施設とは言えないと思っている。施設を家庭と同一視するから話が混乱するのだと思う。
 
 さて。

 目の前に居ない人からどうやってネグレクトされたと思えば良いのか分からないので、わたしの心理に沿った表現では、単に誰かから何処かへ捨てられただけ、としか答えようがない。

 それなので、わたしは一人で生きてしまったんで、本当は誰から捨てられてるかもよく分からないので、家庭の感覚をわたしに知ってもらいたいのなら、わたしが語るのをしばらく放置しておいてくれると助かる。
 
 まあ、家庭を知らないし寂しくもないし愛着もないと言われ切ってしまったら「あ、そうですか」としか言いようがないと思う。

 今日はここまで。

| ├ メンタル整理 | 16時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/760-7ba8c3da

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。