PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昔も今も年長児童による暴力の被害者は力の無い小さな子たち

養護施設にいる間の問題

児童養護施設:入所児童間暴力99件 昨秋の1週間で
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081121k0000m040078000c.html

 東京都の児童養護施設で昨年10月中旬の1週間、入所児童同士の暴力トラブルが99件起きていたことが都社会福祉協議会の調べで分かった。これまで児童から暴力(身体的、脅し、器物損壊など)を受けた職員も6割にのぼった。担当の黒田邦夫・クリスマス・ヴィレッジ(東京)施設長は「近年、児童の暴力に悩む施設が多く、背景には被虐待児の増加がある」と話す。

 協議会児童部会が昨年10月調査した。59施設を対象とし、48施設、保育士・児童指導員919人(有効回答916人)が回答した。

 児童から児童への暴力は15~21日に限定して調べ、48施設中24施設で起きていた。殴るけるなどの暴力を起こした児童は幼児~中学生徒までほぼ同じ割合だが、被害に遭った児童は幼児~小学校中学年が89.4%を占め、年長の子供から年少児への暴力が多かった。

 【後略】

毎日新聞 2008年11月21日 東京朝刊
【柴田真理子】



 最近の児童養護施設に関する記事を読んでいると、幼かった頃のあの暴力に溢れた空間は何だったの?何故誰も問題にはしなかったの?何故あの頃は、暴力暴力と定義づけられる事はなかったの?という思いが次から次へと浮かんでくる。

 それはともかく・・・・

 このような記事では、施設内家庭育ちが増えた事で施設に急に暴力が増えたかのように言うが、昔から暴力は当たり前のようにあった。

 職員の暴力について

 家庭内虐待が増え、今までは「捨てられた子の事など、自分の関心事ではなかった」世間一般の人が「自分の子も施設に入ったらどうなる」という視点で施設の環境改善を意識し始めた。養護施設の暴力の体質は何も家庭育ちの入所が増えたからだけではない。

 それ以前に、養護施設では暴力を振るう職員が当たり前のように指導という名を借りて暴力や体罰を日常的に起こしているという現実がある。

 最近の風潮は、施設での暴力は、家庭虐待の子が増えたから起こりやすくなったかのように言われているし、職員が子どもから暴力を受けたという側面だけが強調されているが、職員が子ども達に暴力を振るう事は意識的にと思うが、触れられていない。施設は職員が足りない、施設が足りないと世間へアピールする意図が見える。

 又、児童間暴力という表現にも納得しがたいものがある。暴力性というのは力の強い者や身体の大きな者から小さな力のない者へふるわれる。その反対の、小さい子が大きい子へ暴力を振るうなんて事はありえない。力の強い者から弱い者への一方的なリンチを、児童間暴力などという言葉に置き換えられると、見えなくなるものがある。年上児童からの性的虐待を、子ども同士の問題にすり替えようとする、子ども間の性的非行という言葉も同じ匂いがする。
 
 昔も今も変わらないこと

 わたしは、今も昔も一番の被害者は、乳児院・又は物心ついたら施設しか知らない子たちだと思っている。昔も今も一番の被害者は長期入所児だった。しかし、捨てられた子の施設での生活に一般の人が関心を向ける事はなかった。だからわたしはサイトやブログで施設の暴力について語っていた。

 いつもいつも、捨てられた子たちは世間の人の関心事ではなかった。このような記事を読んでいる一般家庭の人も、昔から近所に児童養護施設にあった人もいると思う。その人たちは漠然と昔から施設には日常的に暴力が蔓延していた事は感じていただろう。でも自分には関係のない話でしかなかった。

 こんな風に新聞に児童養護施設の暴力について取り上げられる事が増えたが、記事を読めば読むほど、昔も今も一番の被害者である乳児院からの子、捨てられた子の被害について語る人はいないと感じている。施設内の少数派の小さな子たちが一番の被害者である事を改めて言っておきたい。

 以上

|  養護施設にいる間の問題 | 03時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/793-75059b87

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。