PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「養護施設を理解されていないの意」についてのわたしの認識

コラム

 家庭から来た子たちの理解されたい事

 彼らは実親から虐待され、ネグレクトされた認識がありながら、孤児院が元である現在の児童養護施設に入所していた事により、捨てられた子ども達であると思われる事への危機感を持っているように見える。

 彼らはその為、捨てられた子なのか虐待された子なのかという自己認識の曖昧さに対峙しているように見える。だから大人になっても世間に向けて何を理解してもらいたいかうまく表現できない気がする。

 施設の子ども達の絵画展を開く事で理解されたい事とは何だろうと考えてみたら少し気付いた事がある。施設の子は特別な子ども達ではない、家庭の子と何ら変わらない子ども達なんだ、と理解されたいように見える。それは一部は真実だけど、全てを説明していない。

 わたしは捨てられて施設で生活している事は、特別視されるべきと言ってるのではない。問題視されてほしいと思っている。家庭の子と施設の子【家庭虐待からの措置の子】は同じと言いたい彼らと、物心付いたら施設世界しかしらない子の問題は、この部分でも重ならないと思った。施設の子ども達の絵画展を、まるで見世物のように感じるわたしとは、視点が違うのだろう。

 以上がわたし視点での、家庭虐待措置の子たちについて思う事。

 まあわたしの記事はダメ出しというか、Problem Listの作成中のようなものだから全ての局面に対して悲観的に見えるかもしれないけど・・・。


 捨てられていた事を知らなかった者として

 乳児院・養護施設だけで子どもが育つ事についての強い問題意識を持っている。施設に虐待が全くなければ、子どもが集団養育だけで育てられて良いのか?一度も家庭を知らないで良いのか?その点について強い問題意識を持っている。

 家庭虐待の子は「わたし達は孤児じゃない」と言い、施設全部育ちは「実質施設で全部育った事で捨てられていたという事実に対峙しなくちゃならない」

 違う措置理由の元施設児童は、それぞれの措置理由の違いの為に、大人になった今も交わる思想を持てない。

 わたしは、でも、無愛着児童として次の段階へ向かいたい。

 養護施設だけで育てられた子を孤児ではないという事をもって「今は孤児はいない」と言うのは、確実に施設に縛り付けられている家庭復帰できない子ども達を社会的にもネグレクトしていると思う。

 わたしは施設の子が一枚岩になる必要はないと感じている。わたし自身は、オール施設育ちに必要な制度の立ち上げに向けて働きかける事をするだけ。

 わたしがNPO法人をもし立ち上げるなら温もりをイメージする名称は思い浮かばない。永久凍土も最近は地球温暖化の影響を受けて解けはじめているようだが、わたしは今も見つけられていないマンモスのミイラの気分だ。【・・・マンモスの気持ちは代弁できないけど、発見されてないという意味で】

 これから先、乳児院・児童養護施設全部育ち、物心ついたら施設長期入所10年以上の子の立場で物事を語ろうと思う。

 家庭虐待に苦しんだ末入所した子が家庭虐待の問題を周囲にアピールしたいように、施設全部育ちの子も施設で全部育つ事の非人間的な措置について周囲にアピールしたい。
 
 子ども時代を子どもでいられなかったのではなく、子ども時代を子どもだと知らなかった元子どもを増やしたくない。インナーチャイルドのいない大人というのも虚しいものだ。

 

| └ コラム | 06時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/804-e13f7e13

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。