PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設全部育ちの整理作業はグラフのマイナス点を更に潜行する作業である

養護施設にいる間の問題

 捨てられ続けていた現実を知るという事

 養護施設を出たばかりの頃の「誰もいないけどかんばる」という言葉はその事象に対する定義の為の公式として利用できなかった。

 卒園時の一過性の精神的な意識として、幻想ながらもプラスマイナスゼロの意識エネルギーを何とか保てたのかもしれないが、結局それは、捨てられ切った子どもの現実に対しては「正」ではなかった。正ではないという事に気付くまでかなり時間を要した。

 わたしの場合、誰もいないというマイナスに対して、がんばるというプラス思考を加えて、プラマイゼロにするかのような意識が働いていると感じてた。でもどこか、そのような事に対して誤魔化しきれないうそ臭い匂いを感じていたが、子どもの自分はそれについて反論するだけの脳がなかった。

 でも、今はわたしは判ってる。わたしの人生のリスクが大きいのと同じように、わたしの得られなかったものも、それと反比例して同じ大きさだけ足りないモノだらけだと。

 その状態をわたしは捨てられた児童の状態だと、ただ、言う。それを社会的にも捨てられた状態だと言う。この国を構成する未来を担う子ども達が全然大事にされない、全然先行投資されない、この国から見捨てられたくないと思い、何とかしがみ付いても、このような結果しか残されていなかったという虚しい気分がある。



 大人のわたしがしたい事

 私怨でいい、わたしは家庭でたった一人の子どもとして育ちたかったという思いをこのブログに投影する覚悟を決めてる。丸ごとの心と身体をたった一人の誰かに受け入れてもらいたかった、認知されたかった。たとえ「投影」と言われても「誰に投影?」と言い返す。たとえ「悲劇のヒロインぶるな」と言われても「悲劇のヒロインになってみてえよ!」と逆ギレしたい。

 施設の子は施設に長期入所しているにも関わらず「あんたが一番不幸なの?あんたより不幸な子いるよ、あんたは甘えてるんじゃない??」と言われ続けてる。

 冗談言うな。養護施設がケア施設なら「その子の不幸をケアするのが治療施設だ」と怒りが沸いた。そして施設長期入所児童にとっての不幸とは何か?それは「捨てられている事実」であり、捨てられている事実を放置されたまま、里親家庭にも行けない事である。施設職員が言うもっと不幸な子というのは一体どのような子の事を指すのか、提示できないまま、叱り飛ばすだけ。

 これは家庭で虐待を受けたかどうかという話とは違う、もっと根本に関わる問題だと感じる。だから、わたしは虐待を受けてない事で施設へ入った子が、いかに職員から捨てられた哀しみを軽んじられているかを、これからも伝えたい。

 捨てられた事を「マイナスの傷と捉える」

 マイナスも数値だし、見えないものも物質だとわたしは小さい頃に読んだ本で知ったからこそ感じるものがある。

 又、ダークマターのようなこの宇宙にはありえないもののように言われるもの。確かな確証がない時代から、そのエネルギーの存在だけは確かめられていた物質。物質に対する反物質がある事を高校時代頃?に知った。宇宙システムは無限に広がりつつも、かろうじてバランスが保たれている事も同時に知った。

 捨てられる=加えられていないと考えるなら、児童養護施設へ捨てられた子は、何も加えられていない事をもって、傷はないとされている。
 
 傷はすべてプラスの傷だけが傷なのかと考える時、わたしは、マイナスの衝撃も見えないけれどあると感じている。

 とはいえ・・・わたしの文章は抽象的なので「判りにくい」と思う。自分でも何言ってるんだろう?と思う事が多いし。たしかに上記の文章の変さ加減は、どのくらいのレベルか判らない。

 いま、

 大人のわたしがしたい事は、声なき声、物質化できないもの、見えない全てについて、考えつづけている。これからも、わたしはわたしの小さな思いをこれからも書いてゆく所存です。

 愛着はエネルギーです、次の世代を作る為の全き理由そのものです、わたしは愛着エネルギーに興味があります。

 以上

  

|  養護施設にいる間の問題 | 09時31分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

raison d'être

 心に思う人がいる。

 たとえそれが憎しみでも、怒りでも、心に思うことができるのなら、それがraison d'êtreとなるのだと思うの。

 でも、心に誰もいない子は、自分の存在理由を、自分で見つけなくてはいけないの。存在理由を見つけ出すために生きる。

 そして見つからず、いつもつぶやくの。

 何のために生まれてきたのだろう…

 乳児院、養護施設の長期入所の子どもたちに、存在理由を探すためだけの人生を送らせたくないの。里親の元でたくさん愛され、自分の人生の存在理由など疑いもせず、たった一度の子ども時代を過ごして欲しいの。

| Maria | 2008/12/12 07:05 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/817-9ac9a089

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。