PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書感想文:「子ども虐待という第四の発達障害」を読んで

本を読もう

 関連ブログ記事Mariaの戦いと祈り/Books 子ども虐待という第四の発達障害



 にわとりたまご

 正直、専門的でとても難しく感じる本であった。しかし同時に難しい内容や所見のところどころが、難解ではあるのに全く理解できないわけではない部分が多少あり、そう思うと、少しばかり気持ちが沈んできた。理解できる気がするのがイヤというわけではないと思うが・・・。

 もともとのADHDというものと虐待系により生じたと思われるADHDとの区別が非常に難しく、もともとのADHDと一口に言っても、その児童のとくに父親が多動であり、世代間での伝達が見られるという事などが書いてあった。

 又ニワトリタマゴ論争などの、ADHDの症状を呈する子どもは虐待を受けるリスクが高く、先に虐待があったのかそれとも先に多動であったのかというところは、区別するのが難しいという部分に着目した。



 やはり日本語か

 又、被虐待児は全ての日常生活に対する遅れや学習の遅れが目立ち、当然成績にも影響するという事が分かった。わたしは被虐待児というわけではなかったが、日本語の立ち遅れがひどく目立ち、この本でも、

 

p139「この問題が深刻なのは、特に国語力の不足が内省の不足をもたらし、多動や行動化傾向に拍車を掛けるという悪循環を生むからである。国語力と内省力は必ずしも同じではないが、国語力が基盤となることは疑いない。低学力は自立の足を引っぱり、次の世代への悪影響にもなりやすい」



 と日本語=国語力の問題が特に示されている。確かに全ての科目の問題集は日本語で書かれており、その言葉を読解できなければ、何を求められているのかが分からないのだ。わたしも小学二年生の段階で、縦書き、右から左へ縦書き、あいうえおが全部言えないなどがあり、一番困っていたのは国語がどの言語か分からないという問題だったと感じている。

 自殺未遂を見せられ続けること

 養護施設に孤児はいませんと言いながら、虐待専門のケア施設になっているわけでもないお寒い状況なのだから、施設に被虐待児で多動で愛着障害の子どもが詰め込まれているのだから、今考えても鳥肌が立つ。

 わたしのいた施設では、家庭虐待の子がしょっちゅう自殺未遂【リスカ】をしていた。朝目覚めると一番最初に目に入るのが、その子の枕元に置かれた洗面器いっぱいの真っ赤な血だった。

 その子は何度も何度も自殺未遂をするので、子ども達は、その子を見張らない事で、しょっちゅう職員から「お前ら、何故気付かなかった!」と詰問される始末だった。

 だから本当にそのような子の存在は他の子にとってはトラウマになったんではないかと思う。他の研究者【だと思う】が書いた文書によると、全く虐待と無関係で施設に入った幼児が、このような光景がトラウマになり、自殺未遂の真似をするようになると書いてあった。

 暴力空間に住まわせられること

 その上愛着障害で多動で非行傾向があり、本人は幻聴が見えたり幻覚があったり、もう普通ではいられない状態の子たちがそのまま何のケアも受けずにいたのだと、改めてこの本を読み、納得した。施設の暴力空間に戻りたくなかったが、逃げ出せば脱走犯として施設へ戻されるが現実だった。

 まだ理解不足

 わたしにとっては一部、全く日本語として理解できなかったり、モヤが掛かったように見づらいページがあり、目が悪くなったか、又は日本語忘れたか?と自分を自分で心配したが、確かに良書だと感じるので興味のある方は読んでみると勉強になると思います。

 わたしも数年後、もっと理解が深まれば改めて読解力が増すと思う。でも読んでみて良かった。

| └ 読書中 → 完読 | 08時27分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ごめん

 電話の電源切ってたのも気付かなかった、本当にごめん。今いれた。

| Lei | 2009/01/12 05:11 | URL | ≫ EDIT

電話つながらない

お休みとなると、ケータイの電源を切るのね。

家電にかけてもいいのだけど…

| Maria | 2009/01/12 02:26 | URL | ≫ EDIT

No title

Leiちゃん、本の紹介ありがとう。

 わたしにとっては一部、全く日本語として理解できなかったり、モヤが掛かったように見づらいページがあり、

 あたしは、Leiちゃんが読めなかったところ、想像がつくわ。今度会ったときに指摘してあげるわね。
 でも、準備ができていなかったら、何度読んでも、理解できなのいよ。昔のあたしがそうだった。性虐待の本を買っても、読むと頭が痛くなったり、他に読むべき本を思い出したりして、結局読めなくなるの。

 買った事さえ忘れてしまうから、再度同じ本を買ったりもしているの。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4152035250?ie=UTF8&ref%5F=sr%5F1%5F8&s=books&qid=1231522558&sr=1-8

 ビリー・ミリガンは、3セットほど持っているわ。読めないくせに、なぜか買わなくてはいけない気持ちになるの。

| Maria | 2009/01/10 02:39 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/851-30eeae51

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。