PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝達法:施設で全部で育った事と家庭を作れない事の訴えの根拠を示せ?

養護施設を出てからの問題

 ☆今日の気持ち:窓口で「手前どもは、あなたに具現化している問題とこのような養育環境で育った事ゆえの問題は、関連があるとは必ずしも言えるかどうか・・・データもありませんし」と言われた気分である。

 職員A

 家庭を一度も体験した事がない。

 わたしは自分探しの旅の時に、当時の施設職員に向けて言った。

 「一度も家庭を体験した事がないので家庭生活ができない、理解できない」と。
 
 すると職員Aは

 「何を言ってる、他の子はちゃんとやってるのに、何故できない?」と反論。

 わたしは「他の子とは?」と聞く発想がなく、後にMariaから「具体名を示してもらおうよ」と返された。具体名は要素だから、それをを示してもらえれば、その子の措置理由になる、色々な情報を考えて、自分自身も新しい家庭に対応できるかもしれないと・・・。

 しかし職員はがんとして、そこは答えなかった印象がある。
 
 わたしが具体的な子を知ったら、当然その子にインタビューするだろう、すると、わたしは情報を得てしまい、養護施設で全部育つ事が家庭生活を作れない要因として抽出されてしまう、その事を恐れているんだと思った。

 具体的に「他の子」の名前さえ出さない施設職員の口車に乗って、自分が施設で全部育った事と家庭が作れない事は全く関係なく、たんにわたし固有の自己責任として会話は終了した。



 職員B

 「証拠がない以上、どうにもならないよ」

 わたしは「児童票をもらえますか?」と聞いたが、職員Bは「資料はたしか焼却したんじゃないかな」と言った。

 「せめてそれでは、小学時代の成績表を・・・」と言った。

 「成績表はね、お前は国に育ててもらったんだから、国の地下金庫にしまってあり取り出せない」と言った。【これはひどい嘘だと後で知った】
 
 #今年はMariaにつきあってもらって、成績表を貰う事にした。

 「証拠隠滅と同時」の「ならば証拠を示せ」の意

 わたしは児童の立場以上のものではなかった。世間を知らなかった。わたしの情報をわたしは一度も手にした事がない。わたしは記憶がないという事もあり、自分の情報がない事に関する私怨は人一倍強い気がする。でも、わたしは弱点が多すぎるので、相手の手の内であった・・・つねに。

 そして今のわたしは少しだけ学んだ・・・。

 わたしは「グローバル視点の情報こそ、閉鎖社会には必要だと思ってる」ので、裏でいろいろ勉強しているつもり・・・。STOPの施設内虐待を考える掲示板が今一番熱いと個人的には思ってる。

 一部地域限定のサル山のボスのご機嫌伺いの世界観がなくなるように・・・実は、このような話がまかり通っている事を、地域性の話で秘匿させず、実はしっかり日本中がチェックできる状態であるという風に、全国区だという風にしていきたい。

 養護施設は地域になればなるほど情報が途絶されている印象があるので、そこは常に新着モードでいたい。【今は少しウェブ担気分強い】

 子ども達が辺境で、意味も無い世界観の中で選択の余地もなく生きるのは間違っていると思う。世界の広さと、選択肢の広さと、時には日本を越えた世界観を持っていけたらと願っているので、大人のわたしは、まず、情報について、ばら撒いてゆきたいと思っている。

 証拠を隠滅しながら証拠を示せという職員には、わたしはもううんざりなのだ。子供だましとはよくいったもので、施設職員は元児童と見るや平気で昔ながらの文言を連発する。

 わたしは大人になっていて、その文言のおかしさと矛盾と・・・こんな人たちしか居なかったのかという、哀しみを覚えてしまう。

 わたし達【Mariaと】共に、子ども達には良質な大人と出会って欲しいと願ってる。わたしとMariaは役割ごとに違う勉強や活動をしているけれど、とてもやりがいがって自由にそれぞれに発信していて、とても楽しい。

 これからも 恵まれないままにされている子ども達の為に、彼らが恵みを受けられるように、出来る事をしていきたい。わたしの伝達方法は何も文章だけに限らない、色んな方法があると知りつつあるのだから・・・。

 追記

 でも証拠を示せない事で、その人の苦しみが悲しみが傷が消えてしまうわけじゃない。その人の苦しみは現実のもの・・・一生を壊すもの。とくに施設内虐待を受けた子たちにとって。苦しみ方を知らない子たちがいるとわたしは思う。

 

|  養護施設を出てからの問題 | 09時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/862-840a7134

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。