PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虐待措置じゃない施設出身者は、施設で全部育った事をどう整理するか

養護施設にいる間の問題

 施設のスタッフのような心構えがあったらしく・・・

miniphoto

 「家庭で虐待を受けた子たちの傷の深さ」を家庭を知らないわたしは正しく整理できてたか、今も分からない。わたしは児童養護施設の中の、まるで受け入れ側スタッフのような働きを要求されていたのだと、あの頃、変な気合を持っていたと思う。他の子の情報を聞かされるという事は、そういう事なんだと自分なりに受け取っていた、その気持ちが今も残っている・・・。

 なぜスタッフ的な心理かというと、わたしは、虐待を受けて施設に入って来たのではないから、せめて本来なら保護対象でもないのに、施設に保護されているのだから、少しくらい施設の役に立てと言われていたのだと直感的に認識した。

 ほとんどの子が家庭で虐待を受け、施設に入る正当な理由を持っている中、わたしはどこか浮浪児が一宿一飯の恩を感じるべきだと言われていた気がして、施設にお世話になってるのだからお前は傷ついた子たちの悲しみ、苦しみを知るべきだと言われているように思えた。

 わたしはどんな、他の子のひどい虐待の内容も聴き、どんなひどい暴力も聴き、施設の役割を勉強させられていた気がする。そしてわたしは、虐待を受けてない罪のようなものを背負わされたように感じながら、わたしは自分の整理を全くせずに、家庭虐待の子たちの事だけを考え続けるようになった。



 わたしの措置の問題の軽さと存在の軽さ

 きっと施設職員からみたら、重さと軽さのフィルターを掛けざるを得ないんだと思う。それが施設内での優先順位になるのだと思う。わたしは施設にいて申し訳ない気持ちを持てと怒られていたような、そのような気分を常に持っていたように思う。。

 里親家庭へ行ければ

 わたしは里親家庭で育つ方が施設で育つよりも学べたのではないかと主婦になってから思い至った。でも、子ども時代は施設以外は行くところがなかった。

 それなのに、家庭虐待の子が施設に入れない理由にわたしのような貧困家庭の要養護児童が埋めているのはとても辛いと、そう考えさせられた。【そう自分が思いやすかったのか?】

 今では、あの頃、わたしのような要養護児童が里親家庭に行けば満杯の施設は空くと、思えるようになったけれど・・・。

 でもそれが出来ていないシステムの問題なのに、児童である個人であるわたしたちに向けられた気がする。わたしは脱走しても施設からは出られなかった。それなのに「何故お前みたいなのが施設のイスを埋める?」と言わんばかりに「施設に入れない虐待された子の事を真っ先に考えろ」と言われていた。【言葉の表現は違うかもしれないけれど、わたしの感覚はそう受け取ったと】

 今では、育てないくせに親権を捨てない親の問題や、社会的養護の根底にある利権や、親の育てられない子が養護施設の天然資源のように扱われてことの問題が見えてきたけれど、わたし個人の問題は虐待された子の前には軽すぎて取り沙汰される事もなかった・・・。
 
 わたしは施設に保護された重篤な子達の中でも浮いていて、もうしわけなくて何も言えない感覚があった。その生活の中なので記憶もありはしない。

 ・・・・

 今でも、自分の過去を整理する事自体、行き過ぎた行為のように思えて考える事ができなくなる。「虐待を受けてないくせに!」という罵りが勝手に脳裏に蘇ると、わたしは一度も家庭で育てられなかった問題を、全く考える事ができなかった。

 ・・・Wolfはわたしに「その部分を整理しなくちゃならないよ」とクギをさした。わたしは「虐待受けてない事で責められるべき存在なのに、何を整理しなくちゃいけないかもわからない」という状況を、今もずっと引きずっている気がする。

 現在のわたし

 わたしは、自分の整理が本当の意味でまだうまくできない。職員から家庭から傷ついた子の措置理由を聞かされた時、「その子が少しでも傷を癒せるようにしなくちゃいけない」とだけ考えていた。

 多くの、家庭で虐待を受けた子をフォローするスタッフにならなくちゃいけないと自分を鼓舞してた施設時代の頃から、気持ちばっかり一生懸命だった感じが抜けない気がする。言語化だってやっていいのか判らない。あの頃の気分を語るのは実は難しい・・・。

 ・・・自分の措置理由【養育放棄の子】と【家庭虐待の子】を、今では、軽いとか重いとか決め付ける事は意味がないと知ってる。問題がそもそも違うのだと・・・。

 だから、親が育てられない子は里親家庭へ委託して欲しいと思う。わたしは家庭虐待の子が保護される場所を埋めている存在だと感じていた。だからせめて家庭虐待の子の為に出来る事をすべきと思っていたけれど、同時に、乳児院から来た子が見えてなかった、いや、見るヒマも無かった気がする。

 自分の事を整理しなくちゃいけないのに、何が問題なのか判らなかった。うまく文章にならないけれど、とりあえず消さないでいようと思う。虐待された子と放棄や遺棄の子が同じ場所で住むという事、施設職員のフィルターによって、扱われ方が違うこと・・・などなど。

 まとめの途中

 里親家庭でも実子が里子を迎える為にスタッフにならないように里親は気を配っているという事を読んだ事がある。施設生活の長い子が新しく入ってくる子を受け入れる為のスタッフのような位置付けになるという事はあるのかもしれない。

 わたしは職員から他の子の情報を聞かされたという事はそういう働きを要求されたのだと受け取っていたのだと思う。大人のわたしは他人の情報を聞かされる事に対する問題を指摘できる、しかし、あの頃は、もっと違う捉え方をしていたのだと、やっと少し気付けた・・・。

|  養護施設にいる間の問題 | 09時23分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

今思うと

 Maria、どうもありがとう。沢山レスしてくれたのね。今思うと何してたんだろう?と思う。
 自分の事も判らないのに他人の事ばかり教えられて、後ろめたいやら怒りが溜まるやら・・・。
 でも、確かに承認願望があったのかもしれない。褒められる事はなかったからね。

| Lei | 2009/02/04 04:51 | URL | ≫ EDIT

施設に新しい子が入ると…

 Leiちゃん、あたしも新しい子が入ってくると、職員によく言われたわ。

 「こんど入ってくる子は○○だから。施設に長いおまえが、面倒を見てやれよ」って…

 「なんであたしが…」とは思うものの、まじめなあたしを指名して頼まれるのは、数少ない「認めてもらえる場面」でもあるので、承認欲求が満たされていないあたしは、引き受けていたと思うの。

 施設に初めて入ってくる子を、施設の古参兵であるあたしが面倒を見ることで、他の子たちからのイジメや嫌がらせは防げる効果はあったのかもしれない…

 でも、どんな面倒を見てあげても、いつの間にか家庭に帰っていた。あたしに別れの挨拶をするでもなく…

 「貴重な体験をした」くらいの感覚で、施設での一時的な生活を思うのかしら…

 あたしは、まじめだったから、いつも「お世話係」。誰からも世話されたことのないあたしが、施設に短期間滞在する子たちのお世話を、ひたすらし続けていたの。

 いま思うと、本当にバカみたい。

| Maria | 2009/02/04 00:56 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/872-87cea820

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。