PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アルコール漬けの母体で過ごす「とつきとうか」について考える

メンタル整理
 
 胎児の頃の感覚

 わたしは胎児の頃から「捨てられている」と感じていたと思う。その感覚ゆえに誕生後は母子分離のトラウマを持てなかった。その感覚と自分の無愛着にどのような関連性があるのか判らない。【その後は順当に考えて、一度目の児童養護施設で物心付くまで記憶がない】

 でもわたしは、どんな胎児でも生まれる前から悪意を持って生きているわけじゃないと思ってる。胎児の頃に、着床した事を確認した母体が、その小さなおたまじゃくしのわたしを、異物のように感じたとしたら、わたしは異物としての承認を獲得したのだと思う。

 捨てられた事実を受け止めるのは、何も大人になってテキストを自由に操れるようになってから、というわけではないと思う。わたしは生まれたその時、いえ、きっと何故妊娠したのか、いえ、それよりも前、何故わたしはこんな事をされなくちゃいけないの?と苦しむ母体の意識をそれとなく情報として受け取ってしまったのではないかと感じている。

 胎児の頃の感覚を覚えているか?という問いを真正面からぶつけられたら、本当はそう言い切れるか自信はない、でもそれは根拠の問題だけであって、「誰が何といってもこのように感じている」とわたしが言えば、それはわたしにとって【のみ】事実となる。

 胎児の頃のわたしにマイクをつき付け、

 「どうですか?」と聞いてきた人はいない。

 わたしは、誰からも質問された事はないので答える機会を持てなかったが、わたしは腹の中にいた頃から、このままでは完璧に無愛着な赤ん坊として生まれてしまうのではないか?と危惧していた。



 誰も証明できない世界

 赤子のメンタルを誰も証明できない事は確かだから、わたしは自分が胎児の頃から無愛着だったと言い切る事で受けそうなバッシングをおよそ予想している。でもわたしは生まれた時から、アルコール中毒だった女の腹から生まれた。

 【この間(生まれてから一度目の施設まで)、本当は、全く物心が付いていないので、胎児の頃の記憶と称するものの真偽の程はわからない】

 そして、一度目の施設からある日強制引取りされた後、わたしは、日本酒から作った粕漬けを団子状にしてむしゃむしゃ食べていた。おそらく酒もワインも飲んでいた。それが自分の主食だったように思う。でももっと元を辿れば、母体がすでにアルコール中毒だったのではないかと思っている。

 親から捨てられるというのは、何も直接的行動に出なくてもいい。単に流産してもしょうがない母体環境を改めない事である。でも考えてみたら乳児院や児童養護施設に捨てる生物学的親が、子どもの安全を図るとは思えない。

 事故死しかかった元胎児としては、胎児の頃のトラウマというのはあるように思えて仕方ない。今もわたしは事故死しかかってしまう。

 里親家庭へ生後すぐに委託されても問題が有り続ける場合・・・

 今までわたしは、生後数ヶ月で里親家庭へ委託されて欲しいと言っていた。多くの乳児にとってその訴えは僥倖となるでしょう。でも、一部、どうしてもすぐに委託されたというのに里親と目を合わせない乳児がいるのではないかと思っている。自分もその部類に入ると思う。

 わたしは里親家庭へ生後すぐに委託されたにも関わらず、特筆すべき無愛着な子どもの心は、本当はいつ作られたのか知りたい時がある。

 何故ならわたしの無愛着は愛着障害の子どものお試し行動を体験してないからである。赤ちゃん返りができないのは、赤ちゃん時代に戻りたくない感覚があるから・・・。わたしは、赤ちゃん全てに関する事が苦手だ・・・。

 でも誰も証明できない内面世界、これをどうしよう?
 「単に懐かない里子たち」と一括りにしては見えない問題があるように思う。
 それは、その子の誕生の前の母体の環境に由来すると言えないだろうか?

 無邪気な乳児の悪魔のような無愛着に日々さらされている里親さんたちは、きっと人知れず戦っていると思う。懐かない、忘れる、約束をほごにする、自分勝手に生きている、誰も信用してないくせに1人で生きられない、全てが全て里親さんの細い肩へのしかかっているように思う。

 追記

 これは無愛着児童であるわたしの杞憂ではないと感じる。だから、生んでくれた親に感謝的な発言は、ちょっとやめてほしい、正直めんどくさいから。★追記部分は親記事から少しズレました。

| ├ メンタル整理 | 12時16分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ありがとうねMaria

 苦労掛けてしまってごめんねMaria。最近はわたしもセキュリティとかに嵌ってEdwardさんのサイトで、ふと、ある事を試してしまい、やっぱりスパム扱いになって【理由は判明&安心ゲット】けっこう困ってしまったから・・・弾かれる不快感は判る気がする。
 
 でもFC2はお借りしてる立場だからなあ・・・。

 これはブログツールをお借りしている立場だから基本は従うしかないでしょうね。htaccessとか、いろいろとこの人は大丈夫という風にフレンドリーな態度を示せるのは個人の作るウェブサイトのよい所だけどねぇ・・・ふぅ。

 なるべくわたしは、Diigoとか、デリシャスとかのブックマークを多用して、あなたの紹介記事を追加するね。

 ありがとう、わたしの感覚を嫌わないでいてくれて、しかも、大量の資料とデータ、Mariaらしいなあ。

 うれしいです。

| Lei | 2009/02/09 06:28 | URL | ≫ EDIT

YouTubeにもあったわ

↓それから、YouTubeにもたくさん動画があったわ。
http://www.youtube.com/results?search_type=&search_query=FAS+FASD&aq=f

 もう、「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」とコメント拒否されたわ。どうしたらいいの。
 比率の問題なら、日本語をひたすら書き続けていれば、通してくれるかしら。

| Maria | 2009/02/09 00:00 | URL | ≫ EDIT

胎児性アルコール症候群(FAS)と胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)

Leiちゃん、

 ASKのHP右下に、「FAS国際シンポジウム報告書」があるの。ZIP形式で圧縮されているけど、解凍すると54MBのPDFファイルになるの。

 あなたが書いているようなことが書いてあるわ。
http://www.ask.or.jp/index.html

↓胎児性アルコール症候群(FAS)と胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)について、簡単に知りたい方はこちらへ
http://www.ask.or.jp/fas_keyword.html#4

| Maria | 2009/02/08 23:01 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/875-75a3c59c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。