PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プロセス:「無愛着」の問題を胎児の頃まで遡る個人的理由とは1

整理中の課題&記事

 捨てられた子たちについての危機感

 わたしはブログで日々「自分は捨てられた」「無愛着児」「無愛着主婦」と書いているが、思い当たる理由としては、どうしても児童養護施設を語るときに一般社会の目が「捨てられている子ども達」に向けられていない状況に危機感を覚えているからだ。

 このままでは相も変わらず施設の中のマイノリティともいえる、乳児院からの措置の子や養育放棄の末、物心付いたら施設しか知らない子たちが、里親家庭を必要としている事が見えなくされたままであると感じたから。

 で、さらに言うなら、里親家庭を必要としている子が委託されても愛着の問題が大きすぎて、里親さんたちを苦しめてしまう場合があるという事などについても整理を必要としている。わたし個人がソウルメイトたちとの絆づくりに、わたしの性質が突出した無愛着ゆえ、非常な困難を覚えているからでもある・・・。


 家庭で虐待された子たちと違う感覚

 施設では家庭からの虐待措置の子も養育放棄・遺棄の子も同じ屋根の下にいながら、その感覚にはかなりの開きがあったと感じる。途中、家庭から来た少年達の過激なお試し行動も、比較的小さな子の赤ちゃん返りも、どうにも止まらないという噂の後追いも、見捨てられ不安も、その衝動を一切体験した事がないという感覚だけがある。

 A子についての補足

 過去に幾度となく書いたA子の後追いというのもわたし個人としては本当に驚いている。その、誰かの後を追ってみようという発想とか、に。実はこのA子は乳児院から居たが実親も親戚もいて、卒園後もお付き合いがあるのだ【言い忘れたが・・・】。全く親や親戚縁者付き合いがない子ではない。
 
 愛着が無い事が悩みの種

 愛着が無いのは児童養護施設で全部育ったからという考えの元、記事を書いているが、もう少し表現を突き詰めるなら、児童養護施設で全部育てば無愛着人生が刻まれ、決定付けられるという事ではないかと、最近は考えている。施設で育っても愛着があり、仲間作りなど出来るタイプの子と自分は全く違うと感じている。
 
 接触に関する皮膚感覚の記憶が無い

 今わたしは家庭でも、愛着が無く性的にも妻側の理由の接触拒否などで非常に迷惑を掛けている。夫を嫌いではないのに普段から一切触れないのだ。でもこれが子どもの頃からの自分の皮膚感覚だったのだ。だから、性の問題は確かに語り辛いが、でもこの問題と愛着はどのように関係するのか、なども含めて、自分の中では複合的な課題になりつつある。

 遡るといつから無愛着

 そこで遡るといつからわたしは無愛着か?という点がとても気になるようになった。そしてヒントに出会った。数少ない知り合いの里親さんたちから「うちの里子【その子らは無愛着が突出】とLeiさんはソックリ、似てる」と言われてしまったのだ。

 「え?」と少なからずもショックを受けた。その里親さんの話をこまごま聞いているとわたしの感覚とその子の感覚に共通点が多すぎるのだ。その子はたしか乳児委託の子だったと聞いているから、わたしは俄然燃えて「何故、わたしとその子がソックリと言われるのか」気になり始めた。

 きっと理不尽な立場に立たされてしまっているであろう一部の里子たちの苦労が自分の事のように感じられたからかも知れない。

 養護施設で全部育つ中で、何ら問題視されなかった無愛着が、里親家庭では大問題になっているという2つのメッセージが脳の中でぐるぐると回っているような感じがする。

 思考は遡るしか無かった

 乳児院や施設で無愛着が加速されて定着するという事は判ったが、それなら里親家庭へ早期に迎えられても何故、どうしても愛着が徹底的に付かない子が一部いるのか?という点が気になりだして止まらない。それが最近の自分なのだ。

 最近わたしは愛着が無い事を悩もうとしているのだと思う。ほんの少し前までは、わたしに愛着が無くても困る人は居ないし子どもの頃に問題にならなかったのだから問題行動ではないと自論をぶってきた。

 しかし一方では結婚した家庭や里親家庭では、無愛着児や無愛着大人は、激しく周囲の人を傷つける。だから、現在進行形無愛着里子たちの事なども考えると、どうしても母体や胎児へ行き着いてしまうのだと考えている。何よりも里親不調と片付けられてしまう事の隠された原因もチラホラと見える気がするのだ。

 念のため

 だからわたしの独特の言い回しや感覚や表現や自論やを、とにかく温かさの感じられない冷たい記事ゆえ不快と思われる方々がいるかと思いますが、わたしは引き続き整理し続ける所存でいます。

|  整理中の課題&記事 | 02時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/876-2258ed0f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。