PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

異:捨てられても出会いを経た里子と捨てられたままの施設の子

養護施設を出てからの問題

 同じ社会的養護といっても

 わたしは社会に出た時から、本当は正確な情報の元、人生をスタートさせる必要に迫られていた。それは里子の、長い時間を見据えた里親との恒常的な交流を前提としたものとは全く違うもので、誰もいない施設出身者の自分には少々乱暴な告知でも、現実の生物親への対処方法を知る必要があった。

 しかし施設にいた頃の自分達は「親はお前のたった一人の親だから大事にしなさい」とか「お前らは棄てられたからここより他に行くところがない」というダブルスタンダードを同時に聞かされて育った。

 今現在は整理作業も少しずつ進み、又、心ある里親さん方と話すうちに施設職員からは教わる事のなかった感性を示してもらい、少しずつ学んでいる気がする・・・。

 だから、殊更生物学的親を美化する必要はないし、殊更けなす必要もない、そして子どもがどちらかに大きくブレずに成長したなら、子どもの意思で親から捨てられた事も含めて、必要な感情の処理や情報の共有を経て、共に考えればいいのだと思うようになってきた。#Mariaはどう思うかな・・・。

 同じ社会的養護と言われているが、施設全部育ちと里親家庭を出た子では、かなり環境が違うのだという事を考えれば、わたしの一種乱暴ともいえる生物学的親に関する扱いは、里親家庭には向かないように思える・・・。



 共に考える時間のある里親家庭

 里親は里子の問題について、情がある為、措置解除が縁の切れ目にならないようだ。人によっては一生のスパンで里子の人生を見計らっているようなので、わたしがあれこれ言う問題ではないと思えるようになってきた。

 これは、ある方とのやり取りを通して「あ、里子とわたしは課題が違う」と、なんだか肌で感じてしまったのだ・・・。話し始めたばかりなのに、そう感じつつある。

 ・・・なんだかなあ、けっこう虚しいな。まあ、いいけどね。


 家庭生活を学ぶ時間がない施設の子

 施設の子は、育てられてもいない生物学的親の事を考えている時間的な余裕はない。施設を出て生きる為に与えられた整理の時間など無い。まずは毒になりそうな生物親の影響から逃れ、そっと生きるために生活しなくてはならない。

 わたしは里親という存在をどこかカン違いしていた。施設職員のように、その場だけの里親だと心のどこかで思っていたのではないか。時間が無いんだから、早く現実を知り、自立の為にリスクを少なくしてあげてほしい・・・と。

 時間があれば

 一緒に実親の問題などを考えてくれる里親がいるなら、里親の守りの中で里子の抱えている問題は考えられてゆけば良いと思うようになってきた。わたしは時間が無いといつも焦っている。だから最低必要な情報を知りたいあまり、告知に関する心の部分はあまり考えずにいた。

 棄てられた事実を里子が知り、怒りを持つかどうかも、里親家庭のプライベートな問題になっているのかもしれない。もし里子が怒りを見せれば里親は必要な対処をするのだろう。

 たぶん、家庭で育った人ならば判る事が、わたしだけ疎いのではないかと思う。怒りも悲しみも痛みも、そのような里子の感情の処理のそばには里親がいる。わたしは感情がないので、怒りさえも、次に進む為のステップでしかなかった。

 共有する必要はないが、必要な感情の処理や情報の整理を必要としたので早いうちに・・・と思っていたらしい。

|  養護施設を出てからの問題 | 14時55分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

うん

 わたしは、誰もいない子の課題と里子の課題とを、同じ社会的養護の子の元で、同じ土俵で考えようとして・・・
 
 同じじゃない事に気付いたばかりで、ちょっとね・・・。

 ちょっと、放っておいて。わたしはどうせね。

 そんな気分なんだけれど、Mariaも近い気持ちかな。

 でもありがとう、ほんとうにありがとう、声を掛けてくれて。

| Lei | 2009/02/17 10:24 | URL | ≫ EDIT

「違う」社会的養護

Leiちゃん、

 あたしの知っている里親は、子どもの成長を見ながら、大切な話をしていくというの。

 施設の子は、職員と二人きりで話す時間は、平均しても、一日に2、3分程度。勤務シフトがない日は、顔もみない。職員と話さない日もあるの。

 片や、里親家庭では、一日に何時間でも話す時間があるの。毎日、顔を合わせているから、子どもの様子が手に取るようにわかる。

 よく"「同じ」社会的養護"というけど、

施設養育と里親養育は、「違う」社会的養護なのよね。

| Maria | 2009/02/17 07:25 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/882-a3a3cbb7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。