PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虚:整理すればするほど虚しくなる時もある・・・

メンタル整理

 虚の意味を改めて知る

 Mariaが昼休みに電話で言った言葉がどうにも心から離れない。

 「あたしたちの現実って、整理すればするほど虚しくなるのよね」と。Mariaがわたしに伝え続けてくれた言葉を今頃受け取るなんて・・・。随分、その意味するところに気付かずにきたのだと知った。

 そうっか、Mariaは今わたしががむしゃらに整理しているような事をわたしに会う前には1人でやっていたから、このような感覚にわたしが陥っているのもお見通しなんだなあ・・・と思った。
 
 虚という、実体のないものに関する事について、何か説明を与えようとしても、施設の子は長い間文章化できずにいる

 。親から裏切られた、虐待を受けたという時でさえ、わたしの目には、それは相手のある話なのだ。相手がいるからこそ、裏切りも傷もある・・・。でも・・・知らない間に捨てられてしまって、誰とも出会えずに施設で育ち切った場合、何の痕も残らない。


 虚を説明するのは難しい

 傷を受けた相手のいないわたしは虚しかなかった。長い間誰もいなかった。でも今は、虚について語れる相手として施設全部育ちのMariaとWolfがいる。

 施設を出た頃は誰も居なかった。捨てられたという表現を使うけれど、物心ついた時に施設しかなかった自分たちは捨てられた事を知らなかった。ただ、わたしの状況は捨てられている状況だという事を、養育環境が教えてくれた。

 捨てられた事を嘆く方法がない

 野生で生きていたのに、ある人が「お前は捨てられたんだ」と言った。それでも意味が判らず元気に1人生きていた、すると、他の人が「捨てられている意味」を教えてくれた。それでも意味がわからず元気に1人生きていた、すると又他の人によって、ぶん殴られた。「お前を捨てた親を恨め」と。

 とはいえ、恨み方も知らないので野生のままに生きている時「家庭虐待の子」の現実を教えようとした。わたしはやがて、家庭の子と施設の子を別カテゴリにする事で精神的破壊をまぬがれた。

 誰もいない現実と家庭で傷ついた子とは明らかに違う何かがあるので、わたしは気にしなかった。気にするべきなのかどうかも知らなかった。捨てられても逞しく生きるという自分の誉れを確かなものにしたかった。

 捨てられたゴミのゆくえ

 わたしがいた施設には、現実を見せ付ける職員がいた。表現の多彩な職員がいた。【感覚が教えてくれている】

 「捨てられたゴミの行方を誰が気にするか?」と常に問われているうちに、その考え方に慣れてしまい「たしかにそうですね、ただし、迷惑を掛けないゴミになれという事ですね?」と自然に言葉が浮かぶ。

 施設で全部育つ事は捨てられたゴミのあるがままの姿。誰がゴミを気にする?といつも突きつけられていた気がする。それこそ暴行されようが、性的な事があろうが、意味づけできない。

 大事な娘や息子がそんな目に合えば許せないと思っている一人の人間は、一方では、捨てられたゴミのような大勢の児童を、彼らが感じるままに素直に扱ったらしい・・・。わたしはそのような大人しか見た事がない。

 そんなわたし達に虐待という概念があろうとは思えないし、捨てられたゴミのその後の話だからと教えられていたので、何も考える事ができなかった。虐待という概念も、本来ならされてはいけない環境下の子、されてはいけない子、が受ける事を言い、捨てられたゴミとして表現されていた施設全部育ちの子については、施設で殴られても蹴られても性的虐待を受けても、それを虐待というカテゴリに入れられる事はなかった。

 何にしても、整理すればするほど、虐待よりも捨てられた事実の方が圧し掛かってくるという事に気付いた。整理というものは救われる気持ちになりたくてするものではなく、現実を認識するものだと知った。

| ├ メンタル整理 | 18時56分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

主観はともかく「実質・・・」なのですね

 Nayutaさん。一度Mariaのところでお見かけしました。確かに主観として捨てられてると感じようが、客観的にどう映るにしても、実質的には、書類上も含め、誰からも引き取られることなく施設で育ち切った事が、その子の現実を表しているのだと思います。

 コメントをどうもありがとうございました。

| Lei | 2009/02/20 07:31 | URL | ≫ EDIT

「実質捨てられた状態」なのではないですか

はじめまして、一生懸命お書きになっているところを邪魔する事にならなければいいと思いますが、捨てられた事を考えている児童養護施設を出た人間としては時々身につまされて読ませていただいています。

私は施設の子が職員から何か言われても世間から何か言われても親の都合に配慮する必要はないと思います。Leiさんが言ってるように時間の無駄だと思うし、遠回りしすぎですから。

実質上捨てられている状態っていうのはどんな風に後で理由を付けたところでやっぱり捨てられてると思います。捨てられたという言葉が刺激的で人の心に拒否的メッセージを与えるから、やめて欲しいと思う施設育ちがいるのも事実です・・・。

私も捨てられた事を表現するのを邪魔されて生きてきたから時間が掛かりました。施設の子にとっての捨てられた事の認知は底付きに近いと思います。底付きが分からなかったら後でお友だちに聞いて見て下さいね。

時間は掛かったと思いますが、施設で全部育った事は捨てられたままだったという感覚にはそんな大きな間違いはないと思ってます。私も捨てられた事実を土台として生きています。頑張って下さい。

| Nayuta | 2009/02/19 17:40 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/884-f44019e5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。