PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再:服役中の親の問題で養護施設に入所中の児童への虐待

養護施設にいる間の問題

関連記事:親の犯罪で子どもが職員から虐待を受けてしまう事
http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/blog-entry-143.html

元記事:第2回支援会レポート 2006.4.23 | 林眞須美さんを支援する会 / 林真須美
http://enzai.org/masumi_hayashi/houkoku2.html

 元記事より引用

 お父さん・健治さんも保険金詐欺の容疑で同時に逮捕された後、四人の子供達は「施設」に入れられた。そこで子供達は、辛い日々を過ごした。

 「施設の人から、しゃべらないと、みんな別々にするぞ、とか、弟は、もっとひどいところに入れるぞ、とか言われた。施設では、四人は、バラバラにされていたし、事件のことを話せなかった。話すことを禁じられていて話すと、ぶたれた」

 園の食事を園長もたべていたが、メニューがカレーだった日、子供達に直接にではないけれど、「これ、砒素入ってんと違うか」と言ったと人から伝え聞いたことがあった。

 逮捕されてから両親には会えないし、文通もできなかった。一年くらい過ぎた頃、四人で施設を飛び出して、拘置所の外から「お父さん、お母さんをかえして!」と叫んだという。すぐに施設の者が来て、連れ帰されたけど。



 以前、この事件について関連する記事を書いた事があった。支援する会があるとは知らなかったが、わたしは親が犯罪を犯したかどうかについては分からないので触れる事はできない。ただ、触れる事ができるのは施設に入れられたこども達の事だ。これは2006年の記事だが・・・。

 その一年後、和歌山で保母から性的虐待を受けた少年の話が発覚した。それは2007年の記事だった。養護施設には親が育てられない子が入所している。その中には精神的病の親の子もいれば服役中の親の子もいる。親が服役中の子も親が育てられない子だ。特に重い刑に服している親の子は長期入所児童となってしまう現実がある。

 施設での虐待の一端を引用記事から確認できたが、この支援会の人々は、少年の性虐待についての何らかの活動をしているのだろうか、このサイトの全てを読んでいないので、後でじっくり読む。 

|  養護施設にいる間の問題 | 04時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/888-adfaf725

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。