PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

疑:園長先生から睨まれた理由なんて彼には関係ない

メンタル整理

 ユリウス暦とグレゴリオ暦の算出:Wikipedia 関連記事

 アノニマスなあの子

 あの子は園長から鋭い目で何度も睨まれている事の理由がわからなかったらしい。あの子は心の中で、ボクの何が園長を怒らせるの?と漠然と考えていたらしい。

 ボクは「それ以上でもそれ以下でもない存在のお前たちってしょっちゅう周囲の人間達から言われていて、その結果を受けて施設でがんばって生き延びているのに、何故園長先生は、通りすがりに、まるでピカソの睨む目【そっとそう感じていたらしい】のように、鋭い一瞥を投げてくるの」と思っていたらしい。



 たんじょうび

 そんなある日、アノニマスなあの子が廊下を歩いていた。その日はとくに何でもない日だったのに、園長先生が廊下の向こうからやってきて言ったそうだ。

 「お前、今日のお前の誕生日がそうだからと言っていい気になるな、単なる偶然だ」

 あの子はボーっとして聞いた。

 「お前と一日違いの誕生日で、何故お前がその特別な日に生まれて、私が一日ずれて生まれたか、いいか、お前、自分を特別だとゆめゆめ思うな」

 みたいな事を投げつけて去って行ったと言う。

 あれから、あの子もわたしと同じように大人になった。彼はわたしに園長のとった不審な怒りを教えてくれた。わたしはあの子の話を聞いて、まるで園長が子供の我侭が通らなかった事で怒ってるようにしか見えなかった。

 わたしは彼に「誕生日はいつなの?」と聞いた。

 彼は誕生日を教えてくれた、だから検索して調べてみた。わたしはあの子に検索結果を言った。

 すると彼は少し考えてから口を開いた

 そういえば「お前には相応しくないから誕生日を私と取り替えなさい」とまで言っていた事を打ち明けてくれた。そのあまりのバカバカしさに・・・園長という職業にはありえない程の単細胞ぶりに、しばらく言葉も出なかった。

 彼は

 「Leiさん、ボクは思うんだよね・・・。園長と言っても牧師でもあるわけだよ?だから人間的名声も欲しいし宗教的な部分でも、何かインパクトが欲しいんだ。その日に生まれたなら、その日に生まれたなりの自分が、牧師である事を周囲に訴えるツールにしたかったんじゃないかな?」と。

 「ボクは、その日が何かなんて知らないし、全く興味もないし、それなのに怒りを一方的に持たれてしまうのは、もう一児童の思考で考えられる範囲を超えてるよ」とアノニマスなあの子は言った。
 
 わたしは彼も物心ついた時には児童養護施設にいた事を知っていて、彼にとっては誕生日の深い意味なんかない事も知っている。だから彼の困惑が手に取るようにわかる。

 家族を持つ事のできるプロテスタントの牧師が、親から捨てられた子の誕生日の日にちに嫉妬するなんて、ほんとうに呆れてしまう。誕生日を祝ってもらえない子が、その日を特別視している別の人物から嫉妬され、怒りを向けられるという事を、当時はバカバカしいと一蹴できる環境になかった。

 園長牧師になったり園長になったりしてその時々で顔が違う人だったと他の子が言っていた。宗教系施設の牧師として堂々と?運営したかったらしいが、社会福祉法人でもあり、いろいろな部分で宗教的なカラーを維持できなかった。

 その、園長にとってはある意味屈辱にも感じる施設運営が時々子ども達への怒りとなって炸裂するようだ。とはいえ、虐待施設としては名を連ねてないごく普通の施設なのだけど・・・。園長は園長として生き切れない人間だったのかもしれない・・。

 でも・・・なんで園長であり牧師の彼が、そんな日にこだわったのかは、ほんとのところは分からない。とばっちりを受けたのはきっとアノニマスなあの子だと思う。

| ├ メンタル整理 | 07時19分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/897-70d031c7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。