PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

懐:おろかものが家を建て、砂の上に家を建て、雨が降ってきた♪

養護施設に居る間の問題

 少し関連記事 :シスター今道瑤子の聖書講座

 保母もどき

 わたしの記憶が連続するようになったのは高校生の途中から。その時わたしは幼児さんの部屋で、保母の真似事のような状況だった。

 わたしは絵本を読んでも白雪姫らしくないと小さい子が泣くし、添い寝してるつもりが自分の方が先に寝るし、トイレの付き添いの時は男の子の○○を見ただけで逃げ出すし、とにかく小さい子が苦手だと自覚した時期だった。



 思えばわたしは高校生時代に、小さい子と同じ部屋にされた事により、なんとなく母性のない自分を意識してしまったのかもしれない。本当に小さな子たちが怖かったのだ。

 リフレイン

 おろかものが家を建て、雨が降ってきた、雨が降って水が沸き、雨が降って水が沸き、水が沸いて川となり、その家は倒れた~♪

 マタイの福音書だかのたとえ話をプロテスタントの子ども向けに作ったらしい。これを施設ではわされたし、しかもジェスチャー付きだった。

 わたしは、高校生の頃、このしか小さい子たちにわなかった。このっていると砂上の楼閣気分をそれなりに味わえてしまうので、ついつい、止まらなかった。屋上で風に吹かれて幼児さんたちをきちんと並ばせて、サウンドオブミュージックのシスターになったつもりで歌っていた。脳みその中の自分はシスターのようだったけれど、けして、それは母性じゃなかった。

 するとその踊りを見た職員が
 
 「頼むからその歌ばかり教えるな」と言ってきた。 
 
 わたしは真面目だったので悩んだ。施設で教えられるロクでもない歌の中の、唯一歌ってもいい歌だったのに・・・ある種の子ども達は静かに生きていた、でも何故か職員のウケが悪かった。真面目でも静かでも面倒を起こさなくても、許せない子たちがいる。

 わたしは、何となくそれを感じていながら生きていた。真面目で静かな子にどんな不気味さを感じていたのか知らないけれど、必要以上に大人たちはそういうタイプの子ども達を忌み嫌った。

 わたしは職員達が何となく静かな子たちを恐れているように感じていた・・・。

 

|  養護施設にいる間の問題 | 20時31分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

かしこい方は覚えてなかった

 愚か者というキーワードにやたら反応しまくる自分だと知る。

| Lei | 2009/03/14 17:49 | URL | ≫ EDIT

タイトル「おろかもの」

http://www001.upp.so-net.ne.jp/asobinohiroba/page163.html

Leiちゃん、ネットで探したら、こんなページがあったわよ。

↓あと、聖書のとおりに「賢いもの」が建てた家もあるのね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412849084?fr=rcmd_chie_detail

 それにしても、昼間話したときは、大笑いしたわね。
わたしは、あなたがこの歌ばかり歌うのも変わる気がするわ。キーワードだけに、妙に引きつけられるのよね。

| Maria | 2009/03/12 00:09 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/904-9fde0fbf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。