PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

希:本は他の人のレビューで購買意欲が高められる確率の高いモノ

興味の対象

 水子―“中絶”をめぐる日文化の底流 (単行)



 いまや書物はぜいたく品となり

 わたしはもう「養護施設に長期入れられている子は幸せではない」という事を知った。虐待家庭から保護された子も、虐待のない家庭の姿を知る必要があると思う。施設はいつまでもいる場所じゃないという事を知った。

 Amazon中古予約、ウィッシュリストに入れている少し気になる書物がある。微妙に手が出しにくい正規の価格なので、外で働いていない主婦の立場では即買いは難しい。
 
 なので、これは読書感想文ではなく、ウィッシュリストの中身の説明?になるのだけど・・・。いつか読み終わったらレビューを書こうと思う。




 今、個人的には日人の根底に漠然と共通している精神性というものに興味を持ち始めている。わたしが○○家の嫁として、日々自分と彼らの間に厚い空気の層を感じるのも、おそらく「根底」としている概念、精神性が、何処にも根付いた事のないわたしとは、大きく隔たっている事による為と、認識している。

 養護施設はプロテスタントも含めるとキリスト教の施設が多く、わたしは二度目の施設はプロテスタント、生まれてすぐの頃はカソリックの影響を受けている場所で【微妙な表現・・・】養育されていたのではないかと想像している。何故Firedragon?という質問に対して、まだ答えられないけど・・・。

 そんなわたしは宗教観概念などにも漠然とした興味を覚えていた。一時期はフリーメーソンやはたまた、ブゥードゥー教やら、いろんな宗教に興味を持っていた時期がある【それは置いといて・・・】
 
 この国には、殺生をしてはならない仏教の教え?があり、一方で間引きなどの、結果として子殺しをせざるを得なかった昔の人々の思想や、中絶に関する問題や、果ては今に至る赤ちゃんポストへどのような流れがあったのかなどなど、行政の部分だけでは語りきれない側面に対して、非常に興味を持った。

 また、このはロジャー・グッドマン氏ではないけれど、海外の人の視点で日文化を語っているので、相対的に日人の学者が書いた文よりも、難しい漢字が少なくて読みやすいのではないかと思ってる・・・【そこか】 

 なので、早く中古を出品するお店が出てくれるとうれしいなと思っているのだった。
 しかし、って高いな~。

|  興味の対象 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/905-35564e4f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。