PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる番組のCLIP2009:ヤンクミのセリフを聞いていると施設職員をイメージしてしまう

気になる番組のCLIP2009

 関連ニュース 「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論
 
 ごくせん

 今日ビスタを初めてインストールしたが、インストールしたとたんに更新する羽目になり、その間、あまりに暇なのでテレビドラマを見る事にした。今やっとアクセス可能となった。
 
 で、今日は、少し前にネット上【ネット以外でも?】で「不良=善、真面目=悪という描かれ方をしているドラマ」として話題に上がっていたごくせんというドラマを見た話を・・・。

 初めて見たのにもう最終回という状況で話が全く見えないだろうと思っていたが、意外な事に『不良だけどほんとはピュアな奴等なんだ』と叫ぶヤンクミ先生【山口久美子という名だからヤンクミ】を見ていて、すぐに話が飲み込めてしまった。


 ヤンクミ施設職員

 ネットで騒がれていたドラマの問題点として、ドラマごくせんでは、不良の子は態度は悪いが本当はピュアで仲間思いで熱い奴等。しかし一方、勉強を真面目にやり進学校に入っている子は、人を見下し差別し裏ではいろいろ画策するという、キャラクター大別が成されていたらしい。

 今日のシーンに真面目な子は出て来なかったが、仲間を助ける熱いクラスメートの物語が展開されていた。そしてヤンクミ先生も熱い言葉を叫び、相手側【敵グループ】を大立ち回りでやっつけた。最後は極道の娘さんのヤンクミが暴力を振るうのか・・・。

 しかし、見終わった後、妙な気分になった。何かヤンクミ先生が施設職員に見えてきたのだ・・・。

 施設で真面目に勉強していた【ご存知?のように成績は伴わないが】わたしは職員からズルい悪い印象を持たれている感覚があった。一方で、虞犯少年や虞犯少女に対しての職員の熱い思いは、時々問題を起こす彼らに嬉々として?付き合う様子で、十分理解できた。

 力の弱い子どもたちにとって

 今でも「施設を理解してほしい、施設は誤解されている」としきりに言う職員がいるし、ブログでも表現している。「養護施設は更生施設じゃない」とブログで嘆く施設職員もいる。しかし、幼い子ども達にとっては不良という周囲をにらみすえる年上児童はひたすら恐怖の対象でしかない。

 大人の施設職員からみたら不良も可愛い奴等なのだろう。しかし力の弱い者にとっては施設という檻に放たれた巨大な肉食獣のようにしか思えない。それにドラマと違って、逃げられない施設はお狩り場でしかなかった。

 ドラマでも激しい乱闘シーンばかり続いていた、脅す、殴る、集団リンチ、いろいろなシーンを見ていて、彼らの事をいくら純粋な心の熱い奴等ど言ったところで迷惑行為を行っている事実は変えられないと思った。

 昔の自分?

 ドラマの最後の方で、少しマシになった不良の先輩が今も不良行為を繰り返す後輩を見て「あいつは過去の俺だ、だから放っておけないんだ」と言っていた。・・・自然に、施設時代に「やんちゃ行為」をしたと、すっきりと憑き物が落ちたような顔をしていた元暴力上級生のように見える。一種のフラバかな、少しムカムカしたのは事実だ。

 熱血施設職員はなぜか虞犯少年&少女に熱い気持ちを持っているらしい。虐待を受けたり、虞犯行為を繰り返す児童に対して何かしたいらしい。職員達もいろいろなことをして来たのだろうか・・・。昔の自分を見るように思うのだろうか。
 
 ともかく、わたしが言いたいのは、ごくせんを見ていて施設職員を思い出したという事に尽きる。

| 気になる番組のCLIP2009 | 02時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/918-2e2ae68a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。