PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その理由は分からないとしても、わたしは自分が人間である事にこだわりたい

里親さん応援サイト・別館

april09-flower

 里親

 わたしは里親という言葉を一度も知る事なく施設を出た。この世に、もしかしたら家庭で育つ可能性を与えてくれる里親制度があると知らず・・・。

 その後、いろいろあり、淑女のように世間知らずなのがウケて結婚。

 最初は正直、里親と聞いてもピンと来なかった。わたしは施設で勝手に生きてきたし、里親制度を知らなかったので、別段里親の必要性を感じてはいなかった。自由を満喫していたとさえ思っていた、ほんとは単に捨てられてただけなのに。



 でも時々思い出すのは、施設にいた頃、蝶ネクタイ姿で、今までの泥沼から足を洗うように去っていく子がいたという事実。あの状態が里親家庭へ旅立つ子の姿であり、わたし達は見送る立場だったのだと知る。

 里親委託に真剣ではない施設にも、何度も足を運び、その子を委託したいと訴え続けた里親さんがいたのかもしれない。
 
 たった一つ分かったのは、彼はまるで今までの生活から足を洗ったように見えたという事。まるで蝶ネクタイは本当の蝶のように見えた。・・・もしかしたらわたしも誰かに会いたかったと思うけれど、誰かから「この子はうちの子(里子)です」と言ってもらえないので、施設だけで育った。

 人間

 わたしは自分が人間かどうかなんて、どうでも良かった。ただ生きてたし、ただ喰らっていた。しつけの出来てない動物以下のような生き方だったかもしれない。

 でも今は、あえて自分を人間であると言いたい。あの頃の野生の動物のような生き方ではなく・・・。確かにわたしは、ワイルドライフプロテクションエリアという言葉を知らないわけじゃない。だから、野生動物は保護しましょうという意図は理解できる。
 
 わたしはしかし、人間は野生ではもう生きていけないと思っている。社会的な人間として、社会から受け入れてもらえるような生き方を求められているし、人間である以上、人間としての知的な部分を用いてこので生きるべきと感じる。

 今は捨てられた子どもたちが「生きてるだけで十分」とは思えない。将来社会の一員としてきちんと人間として認知して歩く必要があると思う。

 あえて人間宣言をしなくては人間として生き辛い自分に情けない思いを持つけれど、それは育てられ方の結果を受けた感情なのでしょうがない、大事なのはその先。

 わたしは、社会的な人間として生きていきたい。このにボンドしたいし、この大事な人を持ちたい、の為に、大事な人の為に生きれるというのはとても幸せな事に思える・・・ただそれだけ。
 

|  里親さん応援サイト・別館 | 09時49分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ありがとうLeiさん。

今朝Leiさんのコメントを読み、涙が出ました。
涙って、まだ出るんだなぁと思いながら泣きました。


別居して約4ヵ月後 離婚が成立し、
その間に家も借りて、仕事も続けることを決め、
やっと落ち着いた頃です。

でも最近になって毎晩のように夢を見ます。
元旦那や、その家族の。
もう思い出したくないのに毎晩出てくるのです。


朝はハッキリ言って快適ではありませんが、Leiさんからの
『一緒に生き延びましょう』を読んで
昨夜勇気を出して書き込んで良かった…と思いました。

離婚しても『生き延びよう』と言ってくれた人はいないので、
ここ何年も「生きてて何が楽しいの?」と考えてた私は、
大きな味方を得たような気持ちになりました。


「味方」とか言う時点で
今まで私は周りの人間を「敵」「味方」と分けて見ていたのでしょう。
人間不信な所も、これを機に少しずつ治って行くといいな、
と思ってます。



自分を大切にしなくて人を大切に出来るはずがない。
私は生きたいと思います。
理由はわからないけど、とにかく生きたいと思います。


ありがとうLeiさん。

| yuki | 2009/04/18 09:39 | URL |

あやまらないでYukiさん

 Yukiさんの事覚えてます。あの頃のあなた、里子の抱えている問題、とても大変だったと思います。

 今日はあなたの傷に触れる事をを読ませていただきました。いや・・・つらかったですね、自分はそういう事をされていても、それが日常になっていると、何も考えられなくなってしまうんですね。痛かったと思うのに・・・。いつか、思いっきり泣ければいいですね。

 ともかくわたしにとっての自由は、与えられるものじゃなく、勝ち取るものだと思い、収容所破りを繰り返して生きてきた図太い女です。もしつらくなったらいつでもカキコしてください。繊細さに欠けるけど、ど根性はありますから。

 あなたが生きる為の、わたしなりの大雑把な言葉には数に限りがありません。でも最近は、人の命がそれぞれに大事なものだと知るようになった・・・

 だからあなたが生きていて良かったと思う。後はより良い生き方ができるように・・・模索できるといいなと思いました。

 そしてカキコしたくらいで謝らないで下さい、わたしもあなたも、それぞれに言葉を持ち寄って大事に語っているんだと思うから。

 一緒に生き延びましょう。



 

| Lei | 2009/04/18 07:05 | URL | ≫ EDIT

覚えてらっしゃるでしょうか。

こんばんは。
以前、幼稚園教諭で、クラスに里子の子どもがいて、書き込みをしましたyukiです。
Leiさん、お久しぶりです。
今でも時々覗かせてもらっていました。
いつもフラッと来てコメントしてすみません。


<あえて人間宣言をしなくては人間として生き辛い自分に情けない思いを持つけれど、それは育てられ方の結果を受けた感情なのでしょうがない、大事なのはその先。

< わたしは、社会的な人間として生きていきたい。この国にボンドしたいし、この国に大事な人を持ちたい、国の為に、大事な人の為に生きれるというのはとても幸せな事に思える・・・ただそれだけ。


Leiさんありがとう。
生きていて良かったのかな、と思える。
涙が、出ました。こんな書き方しか出来ない。ありがとう。


先月離婚しました。
8年間ずっとずっとうまく行っていませんでした。
でも私は子供もいないし、あの時を思えばどこにも行く所がなかった。
私はいつも一人なんだ、と思う私が、いつも私とうまく付き合えず、
混乱してバラバラになりました。
幼少時代に複雑な家庭で育ちましたが、
早く貧乏から抜け出したくて自立しましたが、
自分が大嫌いな私は、何かしらいつも生きづらかったです。
結婚してもしなくても、行く所なんてなかったです。
行く所って何だろう何処だろうの日々でした。

何をやっても何をされても「私が悪いんだよな」と諦めるので、
骨折するほどの暴力を受けても離婚を決断できませんでした。
いい大人が。



私は今、全部ではないけれど、たくさんの荷物から解放された気がします。
これからはちゃんと、ていねいに生きたい。

Leiさんごめんね。
読みづらい長い文でごめんなさい。
ここでこんなに吐き出してしまってごめんなさい。

また来ます。

| yuki | 2009/04/17 23:02 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/928-267c2a0d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。