PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書感想文:「絆なき者たち -家なく、親なく、学歴もなく-」を読み2

完読 【このブログは読書ブログじゃありません】
 
 関連記事: 読書感想文:「絆なき者たち -家なく、親なく、学歴もなく-」を読み1

2 低い高校進学率

 page60

 調査結果の報告は、彼らの義務教育終了後の進路から入る事にしよう。養護施設で義務教育を終えた少年達の多くが、十五才にして社会に巣立つことは、すでに述べた。今、調査の回答者について、中卒後の進路を調べてみると(表2)のようになる。総数1115人中、就職者は767名で68.8%、就職進学者133名11.9%であり、両者を合計すると八割を超えている。逆に進学者の数は99人で、率にしては8.9%にとどまる。

 (後略)


 3 就職先の状況

 page62

 みたとおり、一部高校卒業後に就職するものもいるにはいるが、彼らの大部分は中学卒業と同時に職業に就いていた。では、彼らの就職先はどんなところなのだろうか。次に、彼らの就職先の特徴を職業別、産業別、規模別の三点からみることにしよう。

 (後略)

 


 この本が書かれていた時代から現在に至るまで
 
 この本を引用ばかりしていたら丸ごと一冊分になってしまうのでもうやめとこ・・・。

 児童養護施設子どもたちの多くが昭和から平成になっても中卒で施設を出ていく現状の中、たとえ、高校進学率九割と言ってる施設サイドの言葉を聞いても、進級出来ず高校中退となる子どもたちの数を含めると、単に進学率だけでなく卒業率?も別にデータを取る必要があるのではいだろうか。?という素朴な疑問も持っている・・・。

 わたしが居た頃から、進学以外に憂慮する問題として、施設の子は基礎学力が低い為、進級できず退学してしまう問題も大きかった。そのような子どもたちは中卒としてすぐに施設を出されるのだ。 

 さて・・・、

 この本は1975年初版のもので、わたしはまだまだ小さかった頃の話だ。しかしこの頃から問題提起がされている内容と現在わたし達が発信している内容は何ら変化のないものである事を考えると、児童養護施設進学率の低さと特定の職種への異常な至りやすさについて考えざるを得ない。
 
 低い学歴とサービス業と転職と
 
 わたしは高校を出たので、たとえ転職を繰り返し、履歴書に書けない会社も含めると十社以上に昇ったとしても、最初は正規労働者として会社で働く事が可能だった。

 その後、転職を繰り返しているうちに(3社目くらい)フリーターで働く以外に道はなくなったが、しかし、同じ施設を出た中卒の子の場合は、最初は工場で働き、たったの2社目で転職出来なくなりすぐにサービス業の道に入っていったと言う。卒園後すぐにサービス業へ入った子も幾人もいた。

 このように中卒の子たちは正規労働者として働く為の学歴が足りない為に、非正規雇用でサービス業の道に入る事が多いし、それは、この本の時代だけではなく現在も全く同じ状況が続いているのである。

 確かに転職を繰り返していくと最後はサービス業しか残されていない。親のない子は人に簡単に搾取されてしまう。訳ありの子たちを束ねる総元締めみたいな人を大人の男のように感じて、付いていってしまい、あり地獄に陥る子も多かった。

 あの頃から貧困ビジネスはあったが、養護施設出身者の女の子たちや機能不全家庭の子どもたちが搾取されている限りにおいては、社会的な関心事からは遠く離れていた。

 その道の男たちはとても優しくて口がうまいから、自分を持ってない子たちは、簡単にだまされ、お金をムリ貸しされ、借金返済の為にボロボロになって働かされてしまう現実があった・・・・。施設の子は”沈める”と聞けば震え上がり、ソープか湾しかイメージできないだろうし・・・。

 無責任で軽い仲間文化

 一方、この本では施設で育った仲間文化について語られている箇所があった。(ああん、探せない)

 のない施設出身者は就職先を見つけようとする時に、社会的な保証人がいない為にアパートも借りられず、その為就職できないという事がある。

 誰も保証人がいない事は自分にも共通する問題だが、このような時に、施設仲間を頼る事を職員からアドバイスされたという子が幾人かいた。わたし自身は、他の施設出身者の子の保証人になるのは当たり前だと思っていたので、気にしなかったが・・・。今思うと、子ども子ども保証人になるようなものだったのかも。

 さてこの本では、それらの相互扶助としての施設仲間のあり方が書かれていたがあまりに心もとない。この本を読み限り、責任を取る力のある大人の存在が全く出て来ないのだ。みな捨てられたり虐待受けたりした子たち。その子達が人の為に何かを成そうとするには、あまりに準備や整理が出来ていない。

 所謂施設っ子の仲間文化では社会に対応できない

 この本を読んだMariaは、持って回った言い方と表現していた。彼女の言葉にヒントを受け、わたしもこの本を読み、本質を経由しているのだから持って回らざるを得ないと思った。

 わたしは今、大人とはどういう者をいうのかについて勉強中である。相対的な話をするなら子に対しての大人なのだが、その大人の役目とは何だろうか?と考えている。

 年も近く互いに無知な子ども同士が鬩ぎあっても、結局は虞犯少年たちのの集合体でしかないと思っている。大人を知らない子ども同士の仲間意識では、社会を渡っていけない。

 さらに施設全部育ちの子たちは、自分の過去に責任を取ってくれる大人を知らないから、自分の事が分からないままだ。

 わたしは社会に出て後「仲間文化」というのは聞いた事がない。あらかじめそれぞれに「責任取れる大人」が一人ずつ居る事が前提とした方が良いのではないだろうか?

 仲間ごっこをするのもそれはそれでいいが、社会は「ごっこ」ではすまないのだ・・・わたし達施設全部育ちは、大人を見た事がないのだ。

 保証人のない子たちの限界

 大人の保証人がいない現実を、仲間意識で埋められるわけがない。施設全部育ちの仲間意識は所詮お遊びのようなものだ。保証人や社会を渡る為のアドバイザーとはなり得ない現実があった。それを判った上で、仲間文化を語っているとしか思えない。

 養護施設にも大人は誰も居なかったと、今なら判る。あの頃は、そんな事もわからなかった。お遊びで社会を渡れると思ったら大間違いだ。この本には、施設を出ても見放され続けている施設全部育ちの現実しか見えない。

 大人を見た事のない施設全部育ちは大人のモデルを持たず、子どもであった事もない。大人になれない子どもたちがいくら集まっても互いにつぶしあうだけだと思っていた・・・。


| └ 読書中 → 完読 | 10時07分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

答え

市とか県に、保証人になってもらう制度があるといいなぁと思いました
→ 東京都には東京都社会福祉協議会の保証人制度があります。アパートの  もちろん就職時もOKです。

希望すれば、塾に通えるように(ある程度の額)
の、予算がほしいと思いました
→ これも今年の4月から中学生に限って、費用の実費が出るようになりま  した。どんどん利用したいですね。

「かけがえのないあなたへ… 長谷場夏雄と青少年福祉センターの50年」
→ 著者の長谷場夏雄は自立援助ホームの創立者、和製ドンボスコで、
  無料の職業訓練校も作った人。絆なき~の著者達とは違うかな。

| ts | 2009/06/07 01:26 | URL |

Mariaの記事も読んで下さい

 いのさん、おはようございます。

捨てられた子どもと、捨てられ続ける子どもと…
http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-460.html

 をお読みいただけますか?
 
 どのように感じるかはいのさん自身ですが・・・。タイムリーなレスコメントなのですが、わたしの心境は複雑な状況です。

| Lei | 2009/05/11 07:26 | URL | ≫ EDIT

Leiさんへ

栃木県さくら市の養徳園というところでは、
http://homepage3.nifty.com/youtokuen/sisetutokuchou.html

「公文式学習を導入し基礎学力の定着に努めています。
また、中学2年生からは通塾を行い、高校受験に備えています。」
とあり、その工夫に感動しました。

また、その園長さんのブログ記事に、
http://youtokuenbb.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-0d30.html
という記事がありました。

| いの | 2009/05/10 21:31 | URL |

お気持ちをありがとう

 いのさん、Leiというこのブログの管理人です、どうぞよろしくお願いします。

 ところでMariaは、わたしのソウルメイトで、彼女のブログはMariaの戦いと祈り http://prayermaria.blog74.fc2.com/ ですので、わたしと彼女の二つのブログをお読み下さるとうれしいです。

 彼女のブログは厳しい内容ながら時々、ホロっとしたり、写真も印象深いものがあるのでよろしくお願いします。

 この親記事を受けて、一所懸命考えて下さり、ありがとうございます。関心を持ってくださる事が今はとてもうれしいです。里親さんも視野に入れて折られるとの事、ゆっくりと丁寧に考えておられる記事を読み、わたしももっと大事に記事をポストしなくちゃと思いました。

 施設内で出来る事の限界の方が多いのが現状ですので、里親家庭へのアプローチをこれからも続けていきたいと思います。今日は子どもの日ですから、良い日でありますように。

 

| Lei | 2009/05/05 07:41 | URL | ≫ EDIT

家や部屋を借りるにも保証人いったりしますから、
保証人がいない場合の大変さは筆舌につくしがたいです。
想像をしたことがありませんでした。


施設の上のかたたち、ずっと上にたどって行くと、
市長さんなのでしょうか、それとも知事さんなのでしょうか。
市とか県に、保証人になってもらう制度があるといいなぁと思いました。


あと、施設内に職員さんやボランティアさんが塾を開いてもいいようにできるといいなぁと思ったりしました。

また、施設の子達は、後ろ盾が少ない分、
小さい頃にできるだけ、
①公文とか進研ゼミとかは、希望者が受けれるように。(大きな金額にはならない)
②店頭での市販参考書と問題集について揃えれるように。(大きな金額にはならない)
③希望すれば、塾に通えるように(ある程度の額)
の、予算がほしいと思いました。

もっと、市や県や国は、賢くならなければダメです。

しっかり、予算を用意してあげたほうが得だと、市や県や国は計算できないといけません。

勉強に向く子ばかりではないでしょうけど
中には、普通に勉強が好きな子だっているだろうし、すごく勉強が好きな子だっているかもしれないです。

勉強も、社会に出て働く時の武器になります。
そして、親や家庭の後ろ盾のない子、後ろ盾の少ない子の中から、収入が多い人の割合をあげていくのです。

0歳から18歳あるいは22歳まで、社会が支援しても
25歳から60歳まで納税して社会にしっかり返してくれます。
ぜったいに、市や県や国が得する支出なはずです。
これが計算ずくで、冷酷だと言われるのかもですが、
計算づくだろうが、税収の下心だろうが、なんら関心を向けないほうが、私には、冷たいと思ったりします。

しっかり、施設の子達に、親代わりに県や市に投資していただきたいです。
それは不公平だ、というような人も出てくるかもしれません。
でも声は大きくても多数ではないでしょう。それ以外の人たちで多数派意見になればと思います。

また、予算が不足と言う人たちが出てくるかもしれません。
道路の予算を削ったりして、捻出すればいいじゃないですか。
施設の子達が、社会に参加しやすくするための道路を作るんですから。
市長や知事がそう強く思えば、予算はどこからか置きかえれると思ったりしました。


家庭、里親を用意するのは難しくても
家を借りる時や会社に面接に行く時の保証人がわりや
施設の子達が勉強するアイテムや機会を増やすためのお金、(きっと勉強の面以外にも有効なお金のかけかたがあるでしょう)
なら、お金はあるところにはあるので、お金をかけてほしいと思いました。


また、里親とは別の存在も、制度的にほしいと思いました。

「里叔父さん、里叔母さん」制度(仮称)です。
里親はできないけど、ホームステイできる仕組みです。
なんのためのホームステイか?
それは、来てくれた子との相性を感じたり、面識を得たりするためです。
そして、のちに保証人になってくれるためです。
「里叔父さん、里叔母さん」が保証人になるときには、バックに市や県がつきます。実質は市や県がみるのです。

また、「里叔父さん、里叔母さん」がいい人かどうかの子供の声(アンケートなど)が多かった人には表彰などの仕組みを整えます。
よく国から勲章をもらったりする地方の名士がいますが、、「里叔父さん、里叔母さん」を担当するとポイントが高いようにするのです。
でも、「里叔父さん、里叔母さん」が子供の心を傷つけないようにする、消極的な抑止力としての役目が本命です。

とか、いろいろ考えがわきました。
もう少し、考えてみたいと思います。
私が考えても、どうなるものでもありませんが、
私は考えることぐらいしか今はできないので
考えなくてはと思いました。

| いの | 2009/05/04 17:10 | URL |

施設育ち同士の相互扶助は幻です

jtwさん、

施設出身者が互いに保証人になることもあるんですね。

 自分の問題を解決できない施設育ち同士が相互に保証人になるなど、はわたしが知る限りありませんが、施設サイドは、退園した者が施設に相談を持ち込まれるのを避ける為「後輩は困ったら社会に出た先輩を頼り、先輩は後輩をみてやれ」と言います。

 しかしこうした態度を通して、施設が一番無責任だという事が今なら判ります。

 その後ネットなどを通して知り合った施設出身者の中に、他の出身者の保証人になった方がいたそうですが、お金を借りても保証人になっても、施設出身者で借金などを返せる宛てのある人は皆無に近く、大変苦労されていたようです。

 それでなくとも生活力のない出身者同士、お互いにつぶしあう事になるので、施設育ちが施設育ちの保証人になる事は避けなくてはいけないと思っています。

 

| Lei | 2009/05/04 10:37 | URL | ≫ EDIT

施設出身者が互いに保証人になることもあるんですね。
里親のもとに居る時にも 里子に後見人の付く国もあります。
そういう国では 里親と後見人の二重の支援があるのです。
私の住む県では 里子が高校在学中に家出したり、
犯罪のために措置解除になったりしても、後見人は付きません。
15歳くらいから成人するまで後見人なしで どうして生きていく
のか 児童相談所に訊きにいったら「実の親が法的な行為について
子どもの面倒をみることになっている」と言うことでした。
生んだだけの親や暴力を振るった親が 子どものために
銀行へ行って口座を作ったり、アパートを借りる保証人に
なる わけないです。現状では元里親が後見人でないけれど
ある程度 里子を支えるしかないです。

| jtw | 2009/05/04 07:44 | URL |

ホームレスも集まる…

Leiちゃん、書いてくれてありがとう。

 あたしも、じっくりこの本を読んで、持って回った言い方の裏に隠れているものを分析したいと思うの。
 この本の続編というのかわからないけど、「かけがえのないあなたへ… 長谷場夏雄と青少年福祉センターの50年」という本もあるのね。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~center/

 実は、こちらを先に貸してもらって、あとから買ったのだけど、この二つがつながらなかったの。

 当初、青少年福祉センターは、施設を出て、自立の必要な子どもたちの受け皿だったけど、いまは養護施設(中学生以上)も運営しているようなの。というか、自立援助ホームと養護施設はお金の入り方が違うから、中学生は養護施設と区分けしているのだと思うけど…

 養護施設と自立援助ホームという二つの立場からすると、養護施設は自立援助ホームの定員の供給源でもあるの。
 乳児院から子どもを受け入れる養護施設が、乳児院の養育を問題視できないように、自立援助ホームの立場からは、養護施設で育つことだけでなく、遡って乳児院で育つことも問題に出来ないと思うの。

 施設を出た子どもたちが集まることを、あたしは肯定しないの。「寄せ場」「吹き溜まり」という言葉があるの。社会からはじかれたもの同士、自立できないもの同士が吹き寄せられて集まる場所でしかないの。
 ホームレスだって集まってくる。一人で放浪するホームレスもないとは思わないけど、多くのホームレスは集まる。

 最近はやりの、施設出身者のグループも、あたしには「寄せ場」「吹き溜まり」にしか思えないの。

| Maria | 2009/05/03 12:10 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/940-fba493bf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。