PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相手が特定されない児童養護施設という世界では被害者も加害者もなく

養護施設にいる間の問題

 あんた以外に誰がいるっていうの?

 わたしは、オンライン上で公開している幾人かの性被害を受けた方【特に実親】の体験記などを読んでいると、ふと、思考が固まる表現に出会う事があった。

 その中の一つとして、時々、虐待をした親と対峙せねばならない時の様子を語る際の、

 「判ってるんだからね、あんた以外に誰がいるっていうの?」「あんたしかいないじゃないの」と、幾人かの人が異口同音に書き連ねているのを見て、それ以上体験記の類をを読めなくなってしまった。

 ・・・何か明らかな、自分の感覚との相違にもろにぶつかったという感じで。


 家庭の虐待の場合は、相手がいくらしらばっくれても、子どもが指摘すればその通りなのだと信じるに足る強さ、怒り・・・の表現。それらの文字からフッと意識がそれてしまうのだ。

 今、自分自身、施設全部育ちとしての整理が進むうちに、何故家庭での元被虐待児の方の「あなたしかいない」という表現から目をそらすのか、そして虚しいような空っぽの気持ち?を持つのか、少し見えてきたように思う。だからこそ家庭育ちの虐待と施設育ちの虐待は、記憶のあるなしに関わらず、全く違う整理が必要なのだと感じるようになった。

 誰が誰やらわからない世界

 わたしは、家庭の人の表現を読み、もし何か自分の身に虐待を予感させるような違和感があったとしても「他に誰がやったって言うのよ」とか「あんた以外にいないじゃない」と特定できる相手が判る施設全部育ちはいないと感じている。そして違和感はやがて馴染みへ容易に移行してしまうのだ。

 特定の人のいない集団の環境で生活していると、愛着だけでなく虐待さえも固定された相手との繋がりのように見えてしまう事がある。施設長期入所児童は自分自身を「入って来ては去っていく児童たちの汚物処理器」と感じる事が多く、自分に対して「誰が何をしたかなんて、いちいち覚えていられない」のだ。なんか忙殺されているというか・・・。

 そのような養育環境では記憶も消え【人を特定できないし】誰からも意識されないおかしな子としてへらへら笑って生きていくんだと感じていた。もし記憶がある子がいても「虚言癖」がある子とされたり「精神障害」とされたり「自意識過剰」とまで言われてしまう。

 家庭の親は素人、施設職員はプロという自負

 施設で働いている職員は一般家庭の実親よりも、その職業ゆえ優位な立場だと思っている人が多かった。何をもってプロなのかといえば「やり方がうまいか下手か」でしかないと感じていた。【実際は子どもを管理して給料もらってるという事なのだが】

 実親が虐待を疑われて言い訳をする場合と、施設内でプロである職員が指導指針を盛り込みながら、プロとして説明をするのでは、世間的なイメージが全く違うし、児相が子ども切り離しに動くのは前者なのだ。

 その職員が「この子には虚言癖があります」と言えば、それはその通りになってしまうという現状がある。だからこそ施設職員は堂々と厚顔無恥に虐待を指導と称して繰り返せる立場にあったし、上級生の下級生への性的虐待をあえて見過ごすのだと、諦め続けていたのだ。

 ただでさえ空っぽな施設長期入所児童はノリでしか生きられない。安易に流れ行く人ごみの中で被害者加害者もないと言われてしまう。

 でも自明の理は、被害者は絶対的に被害者であるし、当然その時に加担した奴がいるにも関わらず施設では、相手が特定されない事を良いことにやりたい放題だと感じていた。

 施設と家庭は違う

 施設でこそ使われるキーワード【自意識過剰とか】と、家庭でこそ意味が強められるキーワード【あんた以外に誰がいる】を、わたしは見比べて、改めて家庭の人の問題と施設全部育ちの問題は整理すべきものが別々にあると感じている。

 施設で育とうが家庭で育とうがとおっしゃる人の言葉に責められながらも、ずっと施設全部で育った事の問題にこだわる事には、このような事柄もあるという事。

 施設育ちのわたしは、捨てられた子ども達のその後の行方や扱われ方を誰からも取りざたされない世界で生きてきた。

 だからこそ、どんなときも、施設育ちのわたしとMariaに怒りを持つ家庭育ちに言いたい事は、たとえ性的虐待だとしても対象者のいないわたしは対象者のいるあなたとは違うのだという問題を語り続けてゆくつもりであり、家庭の人とは問題が違うのでパワーゲームはできないし、当然ながら、施設全部育ちのわたしは、家庭の人の言葉に地雷は一切感じないという事しか言えない・・・。

 でもわたしは、家庭でも施設でも、小さな子どもに虐待をするする大人は犯罪者だと思う。

 ★今回、少し考える事があったので、書いてみた。不快に感じる方がいるかと思うが、こんな女なので・・・。

|  養護施設にいる間の問題 | 06時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/954-c2347aff

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。