PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人間の子の週末里親をやめてひよこの里親探しをしてた知人の話

養護施設にいる間の問題

 ひよこの里親

 結婚したてのその頃、少しばかり風変わりな自己表現をしていた高校時代の知人から電話が続いていた。彼女は親から重篤といえる虐待を受けてきた人のようで【当時はわからなかった】。いろいろ不思議な言動を繰り返す人だった。



 その知人が、結婚後もわたしに連絡してきた。わたしから施設の話を聞こうとする人だった。わたしは人を忘れるので、その人が連絡してくる限りにおいては、なんとなくその人を覚えていられた。

 そんなある日、彼女から相談を受けた。

 「ひよこがだんだん大きくなってきたの、ひよこの里親をさがしてほしい!」といきなり電話が来たのだ。「ひよこがニワトリに成長しかかってるの、とにかく性格が獰猛なのよ!!」と・・・。

 確かに、確かに・・そう、ひよこが半分ニワトリになりかかってるのは彼女の電話の背後から聞こえる、野太い「ぴよぴょ」と叫ぶようなさえずり・・・いえ、威嚇みたいな。

 「この間、縁日でかわいいひよこを買ったのよ・・・捨てられた沢山のひよこが気になって。それがだんだん鋭い目つきになってきて・・・」と困っているのだ。

 わたしは、もしかしたらその瞬間に初めて「里親」という言葉を聞いたのかもしれない。それ以前は里親という言葉を知らなかったように思う。

 でも彼女からは、その後ひよこをどうしたのか聞いていない。夫が彼女の言動に対し、めいわくそうにしているので、彼女の電話に出る事を半ば禁じられてしまっているような状況だったのだ。

 しかしそんなある日彼女から「友達?なら私の話を聞きなさいよ!」と怒鳴られ、彼女の【ニワトリのその後に触れもせず】「何故ひよこを飼い始めたのか話」を六時間くらい電話で聞かされた。

 ひよこの里親になったそのきっかけは、電話で聞く限りにおいて、彼女が最終的には人間の子ども、地元の児童養護施設の子とが通わなかった為だと知った。

 施設の子の週末里親

 「最初は人間の子だったんだけど私を彼女は癒してくれなかったの・・・」とポツン。

 「はあ?」

 あの頃のわたしは、パソコンを持っていない頃だったので、陸の孤島だった。彼女の混乱を聞いたわたしもわりと混乱していたと思う・・・。彼女の言ってる事の内容が全く理解できなかった。週末里親という言葉も知らず、彼女が施設の子と会う事の意味が理解できなかった。

 彼女は当時わたしに本気で相談をしていたのだと今は思うが・・・「Leiちゃん・・・、私は家庭で辛い思いをして生きてきたから、捨てられたかわいそうな子ども達を救いたいと思ってて、週末里親になったの。それにカウンセラーさんも、私ののためにはその方が良いと言われたの」と言った。

 「でも、週末里親として出来る限りの事をしてあげたのに、あの子はとても私をにらみ目付きが悪く、だんだん具合が悪くなったの。施設の子を預かるのは私ののケアにはならないみたい・・・」と言った。

 アニーの気持ち?

 わたしはその頃から、里親になりたい人の気持ちを少し考えるようになった・・・。わたしは家庭で傷ついた大人の癒しの為、大人が元気貰う為、子どもが利用されているような不快感を彼女の電話から感じていたが、わたしも又、彼女に対してうまく表現できなかった。

 「Leiちゃん、あなたなら、アニー【孤児院の子】の気持ちわかるよね?」と言った。わたしはアニーを見た事が無かったので、彼女が何を言わんとしてるのかわからなかった。未だに見てないが、
アニーというミュージカルのようだ。 

アニーアニー
(2006/09/27)
アルバート・フィニー

商品詳細を見る


 パソコンを持っていない、ネットも知らないので検索もできない、ただ日々を生きてたので、アニーという子の事が分からなかった。でも彼女に施設の子の気持ちを説明できなければ、その施設の子が、知人から悪く思われたままなのだと・・・感じていた。

 里親制度は子どもの為に

 今わたしはパソコンとネットを使って情報を求めて、時には活用できるようになった。家庭で傷ついた人の癒しの目的としてペットセラピーなどが活用されている事もも知るようになった。

 子どもの側がどんな大人との関わりを必要としているのか、今ならその知人に強く言えるが、あの頃、施設を出た肝のわたしが里親制度を全く知らずに生きていた。

 彼女はわたしよりも情報を持っていたので、施設を出たわたしに更なる具体的な情報を求めたのだろうが、わたしはあの頃、施設を出た直後の無知なままだったので、答えられなかった。

 今なら、

 里親制度は。子どもの為にある。過去に傷ついた人ののケアの為に児童養護施設の子との関わりをアドバイスするカウンセラーがいた事を知ったが、本当に、この時に犠牲になったのは、目つきの悪いと称されたその女の子なのだと思う。

 その女の子の気持ちに思いを馳せてしまう・・・。

|  養護施設にいる間の問題 | 13時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/969-56b07369

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。