PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児童養護施設全部育ちにとって結婚生活は自己認識との対峙だ

メンタル整理

 反論は角が立つが・・・
 
 わたしは嫁になってから立場をわきまえる事に没頭しすぎたようだ。

 嫁として我を通す事は角が立つ事になる。それは理解できなくもない。しかしわたしは、時に姑から、親のない事を「前世の人が悪い事をしたからよ」と言われても黙っていた事を、今では悔やんでいる。

 それに対してMariaの反論はスッキリしている。

 「施設育ちが結婚した先で、親がない事で責められるのを我慢するという事は、何も言わない事で他の親のない子ども達の事も言われるがままという事」と言っている。【言葉そのものは少し忘れたが意味は合っていると思う】




 しかし同じ事を夫は言わない。彼は「おふくろは昔から本音の人だからね、はいはいって黙って聞いてればいいんだよ」と言う。夫は親戚縁者、親、兄弟と対立するような事は絶対に避けようとする。

  とはいえ、

 このような嫁姑話は、おそらくどこの嫁でも体験する事で、施設育ちだけが体験している事ではないから、記事にするのが難しいという側面があった。だから時々書いてはいたが、腰をすえて整理した事はなかった。

 でもやはり、結婚生活が初めての家庭生活になる施設育ちのケースとして、書いておくのも必要ではないかと思う。施設育ちという事で、相手の家族からいろいろな指摘を受けやすいが、指摘ならばいいけれど、悪口や意地悪の目的で言われた時は、自分以外の施設全部育ちの為にも、しっかりと意見を言うべきだと感じている。

 Mariaと色々な整理をし、家に帰り夫と雑談をする時、ソウルメイトと夫のあまりに違うその感覚に密かに驚いていた。嫁として生きるにしても、その前に人間としてどうであるか、が、大切だと思う。

 わたしは、児童養護施設で全て育った事と前世を結びつけるような感覚を持ってはいない。だから姑の話を「はいはい」と聞いていれば良いのかもしれないが、それは同時に、親から捨てられて施設で育った子どもに罪はない事を認めた上で言うに事欠いて前世悪を、持ち出しているという事だから、その発言をわざわざする姑の心理に注目したいと思う。

 この家庭で夫は助けにならない事は知っているし、自分がやはりしっかりしなくてはならない。でも、そんな時にいつも的確な思考方法を伝授してくれたのはいつもソウルメイトだった。
 
 ただ、施設育ちは自己肯定感が低い為、嫁のような立場になった時、前の記事にも書いたけれど、わだちにはまりやすい。もともと人から肯定された事が無い、しかも施設で全て育った事で、親なしと言われる。そのような立場で、自分に誇りを持つという事は、孤独な戦いかもしれない。

 言い訳

 ここまで書いたが、わたしが日々、結婚した先で、おしんのようないじめにあってるのではないので、そこだけは言っておきます。どこにでもある嫁と姑の話だと思うけれど、結婚生活が初めてのわたしには、あまりに驚くべき事だったのです。

 牛>嫁 だなんて、犬猫と比べようもないカンジだったのです。牛?っていうのが・・・。
 

| ├ メンタル整理 | 05時23分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

Mariaありがとう

 Maria、いつもお仕事お疲れ様です。

あたしは、Leiちゃんの表現はマニュアル的で好きよ。
訳のわからない感情込めまくりの文章よりも、何億倍もわかりやすいと思うのよ。


 そ、その、何億倍って・・・どのくらいか計算できないよぅ。でもわたしもMariaに褒められるとうれしい、ありがとう。しかし、わたしはMariaの文章の簡潔さ、明瞭さ、文と写真の配分など、憧れてやまない。

 わたしの親記事は削減すればもっと短くわかりやすくなるのにな・・・ふぅう。


 

| Lei | 2009/09/08 03:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、マーベリックさん。

>Leiさんは文章はうまくないけれど何故か読みに来るようになりました。

「文章はうまくないけれど」

これは余計よ。

あたしは、Leiちゃんの表現はマニュアル的で好きよ。
訳のわからない感情込めまくりの文章よりも、何億倍もわかりやすいと思うのよ。ま、褒めているから、これ以上突っ込みは入れないけど…

| Maria | 2009/09/07 23:33 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

 マーベリックさん、初めまして。

 返事が遅れた為、お気を使わせてしまいました。すみません。
 
>Leiさんへの挨拶もそこそこですみません
Leiさんは文章はうまくないけれど何故か読みに来るようになりました。
静かに読んでいますよ、俺は結婚してないけど言いたい事は判るので。


 このような形でのやり取りですので、内容を読んで下さっている事に少し驚きました。わたしのブログは施設育ちにとっても意味が理解しづらいと思ってました。

 ただ、できましたら、男子コトバが少し苦手ですので・・・控えて下さるとうれしく思います。このブログは断りが多くて(汗)すみません。

| Lei | 2009/09/07 08:26 | URL | ≫ EDIT

初めまして

 風音さん、はじめまして。

 わたしはこの記事で

 <blockquote>ただ、施設育ちは自己肯定感が低い為、嫁のような立場になった時、前の記事にも書いたけれど、わだちにはまりやすい。もともと人から肯定された事が無い、しかも施設で全て育った事で、親なしと言われる。そのような立場で、自分に誇りを持つという事は、孤独な戦いかもしれない。</blockquote>

 と書いていますので・・・。あなたから言われるまでもなく自覚しています。

 それとは別に、初めての書き込みなのに、挨拶も無くいきなり、「私は里子だけど~」と始まり、わたしは一体何をあなたに返せば良いんでしょう?たぶん悪気はないと思いますが戸惑っています。
 
 何度か読んでも、あなたがわたしに言いたい事がよく見えませんでした、どうもすみません。

 わたしはこのブログで里親制度を応援しています。この記事は施設で育った為、自己肯定が無いのは当然ながら、家庭というものへの戸惑いも書いています。

| Lei | 2009/09/07 08:19 | URL | ≫ EDIT

マジで言ってるの?風音さん

初めまして風音さん、Leiさん。
話の途中で割り込んで悪いけど風音さんの態度に苛立ったので言わせてね。
あの、自己肯定感が低いの?ってタイトル、マジ?
俺もよく言われるよ。
俺も物心ついたら乳児院だったし、その後は施設だったからね。

あんたは里子だったんだから自己肯定感もあるだろ。
でもな、施設育ちっていうのはお前は引き取られる価値無しって事だよ。

言ってる言葉に気をつけろよ。
それとも自覚はないのかね・・・上から目線だな。

あと親が居ようが居まいがとも、里子だったあんたが言うか??

Leiさんへの挨拶もそこそこですみません
Leiさんは文章はうまくないけれど何故か読みに来るようになりました。
静かに読んでいますよ、俺は結婚してないけど言いたい事は判るので。
 

| マーベリック | 2009/09/07 03:54 | URL | ≫ EDIT

自己肯定が低いの?

私は、里親の元で育ち 20歳を過ぎて 里親の戸籍から自分の戸籍を分離しましたよ。

施設育ちの方とは、少し環境が違うのでしょうが・・・

自己肯定を強く持っていないと、親が居ようが居まいが生きていくのはしんどくないですか?

いわれの無いことで、他人を見下してしか自分の立ち位置を守れない酷い(弱い)人間はいくらでもいますね。

他人を蔑むことでしか 自分を誇れない人に、何を言っても それこそ「育ちが悪い」だの 「ひねくれている」だのと思われるだけで、きっと言葉は通じないでしょう。

例えば、犯罪者の家族に 嫌がらせをしたり差別をしたり、障害者の方を奇異の目で見たりあからさまな嫌悪感をあらわす人は、その辺にいくらでもいますよね。
弱い 人達なんだと思うように私はしています。

人生で一回ぐらい結婚してみようかな・・・と結婚し子供も授かりましたが、
夫に恋愛していなかったし 気が付いたら情も無いので、
自立して離婚します。

家族も親族も出来るし・・・と思ったけれど、結婚は好きな人としないと
今まで目をつぶり続けて来た事に 気が付いた時、我慢が出来なくなりますね。

ダンナさんを愛していらっしゃるのならば、なんとかなるのでは?




 

| 風音 | 2009/09/06 09:59 | URL | ≫ EDIT

嫁姑

こんにちは
姑の嫌味に、一言書き込みたくなりました。
嫁姑の関係についても、私が感じてることを書かせてください。

嫁と姑は基本的に相手が気に入らないと思います。
嫁は自分の実家には、しょっちゅう帰りますが姑の所には
寄り付かない人も多いです。

私が書きたかったのは、嫁姑の間がうまくいかなくても普通です
孫がうまれれば距離感は近くなりますが、更にむかつくことも増えてきます。

姑さんは、あなたがいわれたら傷つく親のない子供という言葉を使ってはいけませんよね。でも、根本的に気に入らないことなので姑さんは言ってしまうのです。

こういうとき新妻は姑には直接言わずに、夫に泣きながら訴えるものです
「おかあさんったら、ひどいわ・・私にこんなことを言うの。ひどいわ。悲しいわ。あなた、私を守ってちょうだい。」と言うようなことを、涙を流しながら
夫に訴えます。

夫は妻の悲しげな涙には非常に弱いので、とにかく淋しげに悲しげな雰囲気を作って数日暮らします

こういう方法も有効です(笑い)
角も立ちません(笑)

| ハイジ | 2009/07/11 10:43 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/988-6a8cc6af

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。