PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まずは子ども時代の自分たちに誰も現れなかった事を嘆く事から始める

メンタル整理

 施設育ち的な”バカの壁”

 わたしは今まで無愛着的前向き思考で生きてしまったので、無愛着を無愛着なままに放置していても、わたしは悪びれもせず生きてきてしまった。

 ソウルメイトを悲しませる事になったとしても、憤りを向けられてもわたしは「誰にも迷惑を掛けず1人で生きている」という事を根拠に、全く自分の態度を見直そうともしなかった。

 それは、施設育ちとしての思考停止状態だったのだと思うし、誰もいない事を肯定して生きてきた自分を変える事への激しい抵抗感の表れでもあった。

 でもそれはわたしの今までの生き方の失敗なのだと、ここ最近で感じるようになってきた。



 非常に前向きに生きていたのに

 施設全部育ちがやたら前向きに生きるのは、どういう事が前向きなのかを考えないと、ただの闇雲な根性論になってしまうと思った。

 施設全部育ちが何も考えずにエンパワなんか下手にしたら、

 まず

 「捨てられたけれども自分はそれを言い訳にせず、自己責任で社会の中でしっかり生きていきます」だの

 「多くの人たち【顔も知らない】に沢山の愛情【お恵み】をもらった」だの

 「殴られたおかげで根性が付きました」だのといい、

 「施設での事を考えたら何でも耐えられます」と結ぶ付き、結局大きく世間からズレた発想になるのだ。

 でもこれら一見前向きな考えを子ども自ら考え出したわけではなく、長い施設入所生活がそのように形態付けてしまった。

 乳児院・児童養護施設というのは「引き取り手が現れなければ施設に入所し続ける」というメッセージを常に含んでいる。施設は暫定的な印象でありながら最終処分場とも感じていた。

 ・・・・その感覚をを施設入所児たちは様々な日常の中で受け取り続けていたのだと思う。誰も引き取りに来なかったら捨てられたまま、ここにいるしかない。

 ボクがここにいる事を誰も知らないと、いつも思ってる子たちは、やがて、ここに居続けるる理由を自分なりに受け止めてしまった・・・、それが問題なのだと思う。

 結局施設では、特に誰も引き取り手のない要養護児は、捨てられた自分にアイディンティを持ったまま、前向きに生きようとするようなおかしな論旨になっていく。

 でもこれは将来家庭生活を持つ事になった時、ギフトボックスどころか、爆弾を受け取るようなものなのだ。施設から里親家庭へ行けた子は、【固定された相手に出会えたという意味で】いいけれど、そこ【未だ誰も引き取り手のない命として】に残された子ども達は強迫観念のように、自己責任で前向きに生きるしか術がなかった。
 
 子どもを前にした時、たった一人で生きる事を受け入れた心は、子どもから無条件の受け入れを要求され、それに応えられるだろうか。

 愛着の構築への努力

 わたしは、過去において誰もいなかった事を問題視せずに生きてきた。だから今更、そこを問題とし、その状態を憂い切れるか自信はないが、でも、捨てられた子ども達が乳児院・施設だけで育ち、根拠なき根性論漬けの脳みそで社会の中で失敗し続けるを見たくない。それだけは心に痛みを覚える。

 だから、わたしは誰にも会えなかった過去を憂い、もっとソウルメイトと繋がっていけるようにアプローチを図ろうと思う。わたしは今まで「誰もいないのは仕方ない、捨てられたから誰もいないのは当然じゃん」と言っていたけど、本当はそんな風な考えが一番、他の捨てられた子をけん制する表現だと感じるようになってきた。

 わたしは、愛着、絆づくりの構築の為に意識を改革しようと思う。誰も居ない事を嘆く為にはその事を伝える固有の相手が必要だ。わたしが今まで、孤独なのを知らなかったのは、伝える固有の相手がいなかったから。里子はなんだかんだと固有の相手がいて、孤独の心を子ども時代を使って吐き出していると思う。その吐き出しに傷つけられている里親さんたちのご苦労にふと、思いを馳せる。

 Mariaへ

 Maria、これからでも遅くないよね、育ちの不可逆性の事実は別としても、あなたとの関係性においては何もかもを構築したいよ。大好きだからわたしは、あなたの為に、そしてWolfの為に変わっていくね。

| ├ メンタル整理 | 05時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/999-384e9003

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。